TOP > 競り > 【2015年セレクトセール】1歳馬セールまとめ!今年も最高額はあの産駒!
競り

【2015年セレクトセール】1歳馬セールまとめ!今年も最高額はあの産駒!

日本最大級の競争馬セリ市【セレクトセール2015】が今年も盛況のうちに幕を閉じた。本記事では、7月13日に行われた1歳馬セールについてまとめてみた。
馬キュレ
  

落札額第1位!2億3500万円!【ジョコンダIIの2014】

inyofu 本日最高額で落札されたのは弥生賞勝ち、日本ダービーで3着だったサトノクラウンの半弟となるジョコンダIIの2014(父ディープインパクト)で、2億3500万円でハンマー。サトノクラウンと同じ里見治さんが落札している。
昨年に引き続き、今年もディープインパクト産駒が最高額となった。母の【ジョコンダII】は、アイルランドで8戦2勝、重賞でも好走したまずまずの競走馬だが、繁殖牝馬としては既に2番仔が英GIを制しており、優れた血統と能力を持っているのは間違いない。

落札額第2位タイ!2億3000万円!【ラッシュラッシーズの2014】

inyofu 母はコロネーションSなど英愛でGIを3勝、ラッシュラッシーズの2014(牡、父ディープインパクト)で、いずれも2億3000万円で、双方ともに金子真人HDが落札している。
落札額第2位も【ディープインパクト産駒】今年の2億超え1歳馬もディープインパクト産駒が独占するかたちになった。母ラッシュラッシーズはGI3勝、母父ガリレオは英愛リーディングサイアーを6回受賞、また、競走馬としてはカルティエ賞最優秀3歳牡馬にも選ばれている。

落札額第2位タイ!2億3000万円!【シャンパンドーロの2014】

inyofu 2番目の高額落札となったのは同金額で2頭。母が北米GIを2勝、近親に米3冠最終戦ベルモントS勝ちのルーラーオンアイスがいるシャンパンドーロの2014(牡、Tapit)。
落札額第2位タイは【タピット産駒】であるシャンパンドーロの2014。父タピットは、競走馬時代こそ度重なる病気などでGIを制していないが、種牡馬としては毎年数々の活躍馬を送り出し、2014年には北米リーディングサイアーの座に就いた。

落札額第3位!1億9500万円!【キングスローズの2014】

inyofu 続いての高額落札は、現役時代はニュージーランドの3歳女王に輝いたキングスローズの初仔、キングスローズの2014(牡、父ディープインパクト)。1億9500万円で里見治さんが落札した。
落札額第3位も【ディープインパクト産駒】であるキングスローズの2014となった。キングスローズはニュージーランドでGI1000ギニーを制した3歳牝馬チャンピオンであり、オーストラリアでも数々の重賞を制した。

昨年に引き続き、高額落札馬のほとんどがディープインパクト産駒となった2015年セレクトセール。今年の最高額は【ジョコンダIIの2014】で2億3500万円だったが、昨年の最高額はディープインパクト産駒であるリッスンの2013で2億6000万円だったので、最高額馬では去年より劣るかたちとなった。しかし、落札された売り上げ総額は71億450万円と、売り上げでは昨年を10億円以上上回る活況ぶりを見せた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line