TOP > エンタメ・雑学 > 2015年7月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2015年7月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2015年7月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
注目の2歳馬が続々とデビューするその裏で、何が起こっていた!?
馬キュレ

【JRAサマーシリーズ】中京記念を制したM.デムーロ騎手が2位へ躍進!

inyofu ■サマージョッキーズシリーズ
1位 岩田康誠騎手  21pt(函館SS/8着、CBC賞/1着、函館記念/1着)

2位 川田将雅騎手  15pt(CBC賞/17着、七夕賞/1着、函館記念/11着、中京記念4着)
2位 M.デムーロ騎手 15pt(CBC賞/16着、七夕賞/12着、函館記念/4着、中京記念1着)

4位 国分優作騎手  14pt(函館SS/1着、CBC賞/3着)

5位 浜中俊騎手   9pt(CBC賞/2着、中京記念3着)

6位 藤岡康太騎手  6pt(函館SS/11着、函館記念/2着)

7位 蛯名正義騎手  5pt(七夕賞/2着)
7位 藤岡佑介騎手  5pt(中京記念2着)
7位 丸田恭介騎手  5pt(函館SS/2着)

10位 池添謙一騎手  4pt(函館記念/3着)
10位 大野拓弥騎手  4pt(七夕賞/3着)
10位 柴田善臣騎手  4pt(函館SS/4着、七夕賞/7着)
10位 武豊騎手  4pt(函館SS/14着、CBC賞/10着、函館記念/7着、中京記念/6着)
10位 津村明秀騎手  4pt(七夕賞/4着、中京記念/16着)
10位 菱田裕二騎手  4pt(函館SS/3着)

【残り9戦】アイビスSD、小倉記念、関屋記念など
中京記念をスマートオリオンに乗って制したM.デムーロ騎手が10ポイントを獲得し、2位へ躍進した。暫定1位の岩田康誠騎手とのポイント差は6ポイントあるが、初の外国人騎手チャンピオンに向けて光明が見えてきた。

GI2勝馬ブラックホーク 繋養先の牧場で死す

inyofu 2001年の安田記念(GI、芝1600m)などを制したブラックホーク(牡21)が、繋養先の本田土寿牧場(熊本県)で7月22日に死亡したことが明らかになった。死因は心臓まひとのこと。
inyofu 同馬は1997年にデビュー。クラシック戦線には参戦ならなかったが芝短距離戦で徐々に頭角を現し、4歳の春にダービー卿CTを制して重賞を初制覇、以降順調に使えない時期もあったが芝スプリント~マイル重賞の常連として活躍を続けた。1999年にスプリンターズSを制しGI初制覇。2001年の安田記念でGIでの2勝目を挙げたが、その後故障が判明し安田記念勝ちをラストランとしてターフを去っている。
GI2勝を含む重賞5勝を挙げたブラックホークが繋養先の本田土寿牧場で死亡したことが明らかになった。2015年も種牡馬活動を行っており、短距離・マイル路線に向いた産駒を数多く生み出していただけに残念である。

ダート界の重鎮ローマンレジェンドが骨折 3カ月以上の休養見込み

inyofu 7月24日、2012年の東京大賞典(JpnI、ダ2000m)などを制したローマンレジェンド(牡7、栗東・藤原英)が、第3中手骨近位掌側面剥離骨折を発症していたことがJRAのホームページで発表された。今後3カ月以上の休養を要する見込み。
8月16日のGIII【エルムS】出走を目指し、栗東トレセンで調整されていたローマンレジェンドが骨折で、今後3カ月以上の休養を要する見込みとなった。既に7歳と高齢なので、怪我の度合いによってはそのまま引退もあり得るだろう。

ワンカラットの初仔 ワントゥワンが人気に応えデビュー戦勝利!

inyofu 7月25日、中京競馬場で開催された第5R・メイクデビュー中京(新馬、芝1400m)は、好位のインを進んだ1番人気ワントゥワン(牝2、栗東・藤岡)が直線で前を捕らえて抜け出すと、後続を突き放して勝利した。勝ちタイムは1分23秒0(良)で、鞍上は藤岡佑騎手。
inyofu 2馬身半差の2着は3番手追走から押し切りを図った2番人気アンシエルワープ、2着に半馬身差の3着は最内から伸びた8番人気ベルフラワーが入っている。
短距離戦線で重賞4勝を挙げたワンカラットの初仔にして、ディープインパクト産駒のワントゥワンがデビュー戦に快勝した。距離は母が得意とした1400mだったが、ディープインパクトの血が入っているので、距離を延長しても対応できるだろう。

2015年7月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
【JRAサマーシリーズ】が盛り上がってるなか、ダート界の重鎮ローマンレジェンドの骨折、種牡馬ブラックホークの死亡とショッキングなニュースも報道された今週の競馬界。
だが、亡くなる力もあれば生まれてくる力もあり、ワンカラットの初仔にして、ディープインパクト産駒のワントゥワンがデビュー戦に快勝したり、ブラックホークの姪であるアオイプリンセスも勝利したりと、過去から受け継がれた力は確実に次代に受け継がれているようだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line