TOP > 予想/馬券 > 【第15回アイビスサマーダッシュ】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第15回アイビスサマーダッシュ】最終追い切り情報&タイムまとめ

8月2日(日)に行われる新潟競馬場のメーンレース【第15回アイビスサマーダッシュ】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 8枠13番 ベルカント

inyofu ベルカントはCBC賞の出走を取り消し(右肩部挫創)、4月以来の実戦となるが、不安を一掃する動き。坂路で4ハロン52秒5-11秒5の素晴らしい切れ味を披露した。 「テンからやれば4ハロン50秒を切るか切らないかぐらいで走るが、今週はしまいに気合を入れる程度。それでもラスト1ハロン11秒5は自己ベスト」と見届けた角田調教師はニッコリ。

8枠14番 セイコーライコウ

inyofu 連覇を狙う8歳馬セイコーライコウ。坂路での最終追いは、ラチ沿いを単走でゆっくりと加速した。終始馬なりで4F56秒1~1F13秒6と目立った時計ではないが、昨年の同レース前の最終追いも4F57秒1。軽めの最終調整はこの馬のパターンだ。調教を見守った竹内師は「順調です。これだけできていればこの馬は大丈夫」と好調ぶりをアピールした。

7枠12番 アースソニック

inyofu 前走の函館SSでは2着だったアースソニック。サマースプリントシリーズ優勝へ向け、一歩前進できるか。最終追い切りは29日、栗東の坂路で行われた。キビキビとしたフットワークで駆け上がると、最後にビッシリ追われる意欲的な内容を消化。ラストまで勢いは衰えることのないまま、4F53秒0-1F12秒5(一杯)を叩き出した。長距離輸送が続いているが、動きからは一切の疲れは感じられない。依然好調。

7枠11番 レンイングランド

inyofu 「直線競馬を意識して、(ラスト)3ハロンで追い切りました。理想的なラップを刻めました」。安藤助手が満足そうにうなずいた。 坂路の直線を、新潟の千直に見立てた。1ハロン過ぎのコーナーを曲がり、ゴールまで続く直線に向いたところで、一気にペースアップ。1ハロン14秒2-12秒4のラップを刻んで、先行させた僚馬スマートサイファ(3歳未勝利)に馬体を併せていく。最後は11秒6(4ハロン55秒3)とシャープに伸びて、1馬身半先着した。

3枠3番 サフィロス

inyofu 3歳馬サフィロスはWコースで6ハロン81秒5、3ハロン37秒4-12秒9をマーク。京王杯2歳S2着後は順調さを欠いて9カ月も間隔があいたが、手控えることなくビッシリ追われた。 手塚調教師は「最後はもう少し切れてもよかったが、テンに飛ばしたぶんもあるかな。体は20キロ増くらい。少し余裕があるけど、先週、今週としっかりやったし、良くなってくると思う。千直の適性はありそうだし、能力的にはこのメンバーでもと思う」

4枠6番 リトルゲルダ

inyofu 昨年のサマースプリントシリーズ覇者リトルゲルダが坂路で貫禄を示した。タツストロング(6歳1000万)を2馬身ほど先行させ、前半2Fは15秒6―14秒0のゆったりしたペースで追走。残り2Fを過ぎてからギアを上げ、内に並び掛けたところで野田助手がゴーサインを出して一気に突き放す。ラスト11秒9で5馬身先着した。鞍上の感触がいい。 「先週にいっぱいにやって気合を入れたせいか、行きっぷりが良かった。去年よりいいですよ」

5枠8番 ヘニーハウンド

inyofu 今回と同じ舞台の韋駄天S4着から2カ月ぶりのヘニーハウンドは、坂路で馬なりに終始し、4ハロン54秒0-13秒3。時計は目立たないが、気配そのものは上向いている。 「レース当週にやりすぎると腰に疲れが残ってしまうので、予定通りの調教」と吉村調教師は納得の調整だ。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アンゲネーム・和田道師 「Wコースでの馬場入りをごねて坂路に替えたが、ラスト2ハロンの動きはまずまずだった」

◆アースソニック・中竹師 「いい動きだった。1200メートルではペースが落ち着いた時に引っ掛かるので、流れ的に千直は合っていると思う」

◆エーシントップ・西園師 「追い切りはいつもこれくらい動く。前回の千直では構えて乗りすぎた。控えて味がある馬じゃないし、今回は早めに後ろを離していこうかな」

◆オースミイージー・沖師 「以前から千直を使ってみたかった。先週にしっかりやって、今週は加減しての調整。使い込むよりフレッシュな方が走るタイプだし、開幕週で馬群がバラけそうなのもいい」

◆サカジロロイヤル・湯窪師 「前走も千直だったが、後手に回って、行くところ、行くところ挟まれてチグハグな競馬。力を出せていない。適性はあると思う」

◆シンボリディスコ・高橋祥師 「先週ビッシリやっているのでこれで十分。しまいがいいのでそれを生かしたい。前々走で千直を経験できたのは大きい」

◆フレイムヘイロー・蛯名師 「満足いく動き。日曜(26日)に追ってから気合が乗ってきた。最近は中団から差す競馬が板についてきたし、持ち時計だけ走れれば差はない」

◆マコトナワラタナ・鮫島師 「前走は内にモタれて追えなかったので度外視。追い切りは良かったし、行きたがる馬なので千直はいいと思う」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アースソニック 牡6 56 丸田恭介 29日栗坂良:53.0-38.3-12.5:一杯
エーシントップ 牡5 56 川須栄彦 29日栗C良:79.9-64.4-50.8-37.8-12.3:一杯
オースミイージー 牡7 56 *秋山真一 29日栗坂良:52.7-38.3-12.3:馬也
サカジロロイヤル 牡7 56 国分優作 29日栗坂良:52.7-38.2-12.3:一杯
サフィロス 牡3 53 三浦皇成 29日南w良:82.0-65.4-50.9-37.9-12.8:強め
シンボリディスコ 牡5 56 田中勝春 29日美坂良:55.0-40.3-13.6:馬也
セイコーライコウ 牡8 57 柴田善臣 29日美坂良:56.1-40.9-13.6:強め
フレイムヘイロー セ7 56 西田雄一 29日美坂良:54.1-39.5-13.1:一杯
ヘニーハウンド 牡7 56 *戸崎圭太 29日栗坂良:54.0-39.2-13.3:馬也
ベルカント 牝4 54 *M.デム 29日栗坂良:52.5-37.2-11.5:一杯
マコトナワラタナ 牝6 54 *田辺裕信 29日栗坂良:51.4-37.2-12.5:強め
リトルゲルダ 牝6 56 *柴田大知 29日栗坂良:53.9-38.3-11.9:強め
レンイングランド 牡3 53 *北村宏司 30日栗坂良:55.3-38.2-11.6:一杯

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、ベルカント、リトルゲルダ、レンイングランド、サフィロス。特にベルカントは栗東坂路全体で52秒台からのラスト1F11秒5は滅多に見れない破格の時計。1週前も11秒9と文句なしの仕上がり。初めての直線競馬だが、テンからスピードがある馬なので心配はなさそうだ 。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line