TOP > 予想/馬券 > 【第63回クイーンステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第63回クイーンステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ

8月2日(日)に行われる札幌競馬場のメーンレース【第63回 北海道新聞杯クイーンステークス】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 フーラブライド

inyofu 函館Wコースでタッチングスピーチ(3歳500万)を1馬身追走。直線はしっかりと追われたが、格下の相手に半馬身遅れでのフィニッシュとなった。時計こそ5F65秒4~1F12秒4と上々だったが、見た目はひと息。手綱を取った田中健(レースは酒井)も半信半疑の口ぶりだ。  「久々の分、重いところがありました。ただ、時計は出ましたし、動きにもだいぶ切れが出てきました。今は落ち着き過ぎているぐらいだけど、きょう併せたことで気持ちがピリッとしてくれればいいですね」

2枠2番 レッドリヴェール 

inyofu  レッドリヴェールは函館Wコースで単走。5ハロン69秒7と軽めの内容ながら、軽快な動きが目を引いた。北村助手は「先週ビッシリとやっており、今週はサラッと。馬場が重かったけど、力強い脚さばきでした」と仕上がりに自信をのぞかせた。上がり運動でまたがり、状態を確かめた須貝調教師は「久々だけど牧場でのメンテナンスも良かったし、それがいい状態に表れている。背中もよかったし、バランスもよかった」と満面の笑み。

3枠3番 ブランネージュ

inyofu ブランネージュは格上挑戦の身でありながらも、3歳時のフローラS2着、秋華賞4着の実績が光る。30日には函館ウッドで追い切られ、5F67秒5-1F12秒4(一杯)を計時した。最後の弾けっぷりは好調を物語るもの。馬体も硬くなっておらず、連戦の疲れは感じられなかった。この馬なりに好調を保っているようだ。

4枠4番 ノットフォーマル

inyofu ノットフォーマルは、札幌芝コースでカゼノサファイア(1000万下)を2馬身追走して直線で外に併せた。残り1ハロンから追い出すとグイッと伸びて5ハロン64秒4、3ハロン35秒8-11秒7で1馬身先着。オークス13着以来になるが、力は出せる仕上がりだ。 「(久々で)動きは少しモサモサしていたが、このひと追いでよくなりそう。初の古馬相手だけど斤量は52キロだし、前々の競馬でどこまで粘れるかだね」と黛助手は期待を寄せる。

5枠5番 フレイムコード

inyofu フレイムコードは、福永騎手を背に札幌ダートで6ハロン83秒6、3ハロン40秒0-12秒9をマーク。直線で軽く仕掛けると上々の反応を見せた。 「最後だけ少しやったが、感じは悪くないよ。おそらく前々で競馬することになると思う」と福永騎手は好感触。前走後はすぐに札幌に入厩してじっくりと調整。「滞在競馬が合うみたい。落ち着きがあってカイバもよく食べるので、少し体は増えていると思う。前々で自分の競馬をしてくれれば…」と木埜山厩務員は力を込める。

6枠6番 イリュミナンス

inyofu イリュミナンス(牝5、松永幹)は札幌の芝でコートシャルマン(3歳1000万)を2馬身追走。4コーナーで内に入り、全くの馬なりのまま併入した。時計も5ハロン66秒8-11秒9と上々。 この日初めてまたがった横山典騎手は「順調だよ。まあまあ普通じゃないかな。兄貴(フラガラッハ)と似ているよ。息遣いとかな。ただ、兄貴は少しバタバタする走りだけど、こっちは牝馬の分、シャープ。体を持て余すという感じはないな」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆ショウナンバーキン・寺倉助手 「自己条件も考えたが、牝馬同士なので最終的に重賞を使うことにした。札幌千八は昨年(HTB賞で)勝っている。開幕週なので前々で競馬したい」

◆ソロデビュー・加藤祥騎手 「良い動きで仕上がっていると思う。気がよくて自分からガッと行くので、そこをなだめて乗れれば」
inyofu ◆メイショウスザンナ・矢野助手 「本番で走るコースで追い切れたのはよかった。ムラのあるタイプで走ってみないとわからない部分はあるが、カイバもしっか食べていて状態はいい」

◆レイヌドネージュ・重富助手 「前走は展開も良かったし、雨を気にしないパワータイプで、うまくかみあった。今回は重賞で開幕週、そのあたりがどうか」

最終追い切りタイム一覧

inyofu イリュミナンス 牝5 55 *横山典弘 30日札芝稍:66.8-51.1-35.7-11.9:馬也
ショウナンバーキン 牝5 55 *吉田隼人 29日札ダ良:68.6-52.8-38.9-12.3:一杯
ソロデビュー 牝6 55 *加藤祥太 29日函W稍:70.5-54.7-40.6-13.4:一杯
ノットフォーマル 牝3 52 黛弘人 29日札芝良:64.4-49.9-35.8-11.7:強め
フーラブライド 牝6 56 酒井学 29日函W稍:65.4-50.5-37.2-12.4:一杯
ブランネージュ 牝4 55 藤岡康太 30日函W良:67.7-51.6-37.6-12.5:一杯
フレイムコード 牝6 55 *福永祐一 29日札ダ良:83.6-68.6-53.6-40.0-12.9:強め
メイショウスザンナ 牝6 55 松田大作 30日札芝稍:64.9-50.6-37.0-12.7:馬也
レイヌドネージュ 牝5 55 *横山和生       連闘軽め
レッドリヴェール 牝4 55 ルメール 29日函W稍:69.7-53.4-39.1-13.3:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、フーラブライド、ブランネージュ、レッドリヴェール、ノットフォーマル。特にフーラブライドは、3週続けて一杯で追い切り。今回外目を周回して併せ馬には遅れはしたが、時計は文句なしの好タイム。洋芝適正が好走の鍵となりそうだが、戦ってきた相手も牡馬中心だったので、牝馬限定戦のここでは実力上位で勝ち負けも期待できるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line