TOP > 競走馬 > 【2015年POG】世界的良血馬は「別の生き物」!? フォイヤーヴェルク
競走馬

【2015年POG】世界的良血馬は「別の生き物」!? フォイヤーヴェルク

セレクトセールで1億2000万円で落札された注目馬フォイヤーヴェルク。牧場関係者が彼のことを「別の生き物」と表現し話題になったこともあり、小柄な馬体でありながら多くの競馬ファンが活躍を期待している。そんなフォイヤーヴェルクについてまとめてみた。
馬キュレ

フォイヤーヴェルクのプロフィール!

性別:牡
毛色:青鹿毛
誕生日:2月23日
馬体重:420キロ台(3月末時点)
厩舎:栗東・池江泰寿
馬主:サンデーR
生産地:安平・ノーザンファーム

父はディープ!母はドイツGⅠ2勝の名牝!

フォイヤーヴェルクの母は、ドイツのGIを2勝したナイトマジック。2009年のGI独オークス(ドイツ・芝2200m)では、後続を4馬身半突き放し圧勝、その年のドイツ年度代表馬に選ばれた。さらに、ヨーロッパの強豪が参戦した2010年のGIバーデン大賞(ドイツ・芝2400m)では、牡馬を相手に快勝。その他、4度のGI2着があり、まさにドイツ競馬界屈指の「名牝」と言える。そんな名牝をノーザンファームが輸入し、日本のトップ種牡馬であるディープインパクトと配合され、生まれた初仔がフォイヤーヴェルクである。
フォイヤーヴェルクの血統詳細はこちら↓

「別の生き物」牧場関係者が絶賛!

育成を担当したノーザンファーム早来の林宏樹氏が、彼の走りを次のように絶賛した。
inyofu 「本当にいい馬なんですよね。なんというか、『別の生き物』みたいです。体は420kg台(3月末時点)と小さいんですが、跳びが大きくて滞空時間が長いんです。ですから、大きい馬と一緒に走っても小さく感じません。加えて、ビュンと加速するときの弾け方が乗っていて気持ちいいんです」
初仔ということで体は小さくなってしまったものの「各パーツがしっかりしている」という。
inyofu 「最初は小さくてフラフラしていたんですよね。ちょっと頼りない印象がありました。調教でも、他の馬とはメニューを変えてセーブしていたんです。でも、次第に体ができてきて、小さい割に各パーツがしっかりしてきました。デビューは秋頃を予定していますが、お母さんが大きな馬なので、まだどこかで体が成長するかもしれません」

【近況】ついに入厩!デビューは秋以降

inyofu 最後に、関西の大物も札幌に入っていました。ヤマタケ記者のブログに何度も登場していたフォイヤーヴェルク(牡、父ディープインパクト、母ナイトマジック)が26日から入厩。「今回はゲートがメイン。受かったら放牧に出すと思います」と川合助手。

今日競馬界を席巻しているノーザンファーム生産馬で、エース級の活躍が期待されるフォイヤーヴェルク。小柄な馬体であることから評価が二分している彼であるが、最近の写真を見る限りでは450キロ台まで成長しているように見える。数多くの名馬を送り出している牧場関係者が「別の生き物」というのだから活躍を期待できるだろう。ノーザンファームの林厩舎長が「今までもいい馬に乗せてもらってきたけど、この馬は別格だね」とコメントしていることからも、その走りに期待せずにはいられない。そして、「フォイヤーヴェルク」とはドイツ語で「花火」という意味である。世界的良血がクラシックの舞台で大輪の花を咲かせる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line