TOP > 競走馬 > 【2015年POG】メイショウベルーガの初仔!メイショウジーター
競走馬

【2015年POG】メイショウベルーガの初仔!メイショウジーター

切れ味鋭い末脚で牡馬相手にGⅡ2勝、エリザベス女王杯でも2着と中長距離で活躍したメイショウベルーガ。愛くるしい姿から引退後もファンからの人気が高い芦毛の牝馬である。そんな彼女の初仔がついにデビューする。父は今年の2歳戦で産駒が好調のダイワメジャー。そして、管理するのは母と同じく池添兼雄調教師。そんなメイショウジーターについてまとめてみた。
馬キュレ

メイショウジーターのプロフィール

性別:牡
毛色:栗毛
誕生日:2013年4月15日
厩舎:栗東・池添兼雄
馬主:松本好雄氏
生産者:三嶋牧場

メイショウジーターの血統詳細はこちら↓

強烈な末脚にメロメロ!母メイショウベルーガの現役時代をプレイバック!

メイショウベルーガは父フレンチデピュティ、母父サドラーズウェルズという血統。京都巧者で全7勝のうち5勝を京都で挙げている。2010年の日経新春杯、京都大賞典では牡馬相手に自慢の末脚で圧勝。2010年のエリザベス女王杯はスノーフェアリーの2着。また、2010年の阪神大賞典では3着に入り長距離戦でも活躍を見せた。さらに牡馬混合GⅠに5度出走するなどタフな活躍もありファンからの人気が高い1頭だった。
メイショウベルーガの戦績はこちら↓

三嶋牧場発!べーたろーの成長記録!

メイショウベルーガが繋養されている三嶋牧場のブログでは「べーちゃん」(ベルーガ)や、「べーたろー」(ジーター)、「べぷたん」(牡1、父ディープインパクト)の様子が写真付きで紹介されている。ベルーガの引退直後に始まったこのブログには、「べーたろー」の誕生から「メイショウジーター」の入厩までの様子が載せられている。POGで指名した人もしていない人も、広々とした北の大地で愛情いっぱいに育てられた「べーたろー」の様子をぜひともデビュー前に見ておいてほしい。
↓メイショウベルーガとその仔たちの様子が紹介されている三嶋牧場のブログはこちら↓

北海道でデビュー予定!

inyofu 函館の池添兼厩舎にはゆかりの血統馬となりますメイショウジータ-(牡、父ダイワメジャー、母メイショウベルーガ)が入ってきています。牡馬相手でも重賞で好走していた母にとって、この馬は初子になるのかな。「すごく大きな馬で、ジックリとやっていくことになりそう。パワータイプだと思う。幼い面はあるけど、気性は大人しいかな」とは上村助手。順調に進んでいけば、北海道開催でのデビューを目指していくようです。

9月5日の札幌5R(芝1500メートル)でのデビューを予定しているメイショウジーター。現時点で馬体重は530キロ近くあるようで、母親譲りのパワフルな走りに期待がかかる。ここまでダイワメジャー産駒はJRAで8頭が勝ち上がり、函館2歳Sではメジャータイフーンが2着、ヒルダが3着と絶好調。ジーターもその勢いに続いてほしい。メイショウベルーガはエリザベス女王杯でGⅠ制覇の大チャンスを迎えたが、強豪スノーフェアリーに屈して惜しくも2着。ジーターには母が果たせなかったGⅠ制覇を期待したい。父譲りの栗毛の馬体と母譲りの瞬発力で、メイショウジーターがターフを盛り上げる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line