TOP > 競走馬 > 「ノボバカラ」芝2戦目で大化けか!?期待が高まる!【キーンランドC】
競走馬

「ノボバカラ」芝2戦目で大化けか!?期待が高まる!【キーンランドC】

去年は地方交流重賞を含めて重賞を3勝するなど、充実の一年であったノボバカラ。昨年の春からダート短距離路線に変更してから3連勝で地方交流重賞のかきつばた記念を制し、その後は豊かなスピードを活かした逃げ・先行で勝ち星を量産している。そして今回が芝2戦目で前進が見込めるノボバカラについてまとめてみた。
ノボバカラ

【兵庫ゴールドT】直線伸びず3着に敗れる...

よれながらスタートを切るも、行き脚をつけて先団に取り付く。向正面では先頭に並びかけ、逃げるニシケンモノノフと2頭でレースを引っ張る展開に。しかし、最終コーナーでニシケンモノノフに遅れを取ると、直線に入っても前走のような伸びを見せることはできずに3着に敗れた。
動画を見る
inyofu 3着ノボバカラ(内田博幸騎手) 「道中の感じは良かったです。しかし、外枠だったのであれ以上前に行けませんでした。2着は確保してほしいと思っていましたが、最後は苦しくなってしまいました。しかし、先につながっていくと思いますし、まだまだこれからです」

【根岸S】出遅れが響いたか...

スタートで出遅れてしまい、後方からの競馬を余儀なくされてしまう。先行出来なかった影響からか、直線では早々と後退してしまい、最終的には最下位という結果に終わってしまった。
動画を見る
inyofu 柴田大騎手(ノボバカラ=16着)「ゲートが開く時、すべるような感じで出られなかった。この馬の競馬ができなかった」

【函館スプリントS】初芝もまずまずの着順!

少し出遅れたスタートで、最後方からの競馬を選択。勝負所では多少置いていかれる感じではあったものの、直線では鋭い末脚で7着まで食い込んだ。最後の勢いは目を見張るものがあった。
動画を見る
inyofu  浜中騎手(ノボバカラ=7着)「スタートで飛ぶように出てしまったけど、直線だけの競馬でも伸びていた。芝でもやれそうですよ」

【キーンランドC】追い切り 折り合いよく伸びた!

inyofu 函館Wで5F66秒7―38秒4―12秒9(仕掛け)。テンからスムーズに折り合い最後までしっかりと伸びた。多少脚さばきは硬い印象だが、気配は悪くない。

前走の函館スプリントSでは上がり3Fがメンバー中最速の33.5と良い脚を繰り出していた。今回も前に行きたい強力な先行馬が多く、乱ペースになる事が予想され、芝2戦目で慣れも見られれば最後方から一気に差し切りという場面もあるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line