TOP > 予想/馬券 > 【2015年レパードS】ヒモに来る人気薄を狙い撃て! 買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【2015年レパードS】ヒモに来る人気薄を狙い撃て! 買える穴馬の条件はこれだ!

1番人気の過去5年の成績は(4,0,2,0)で複勝率100%。2番人気も(2,1,1,2)と安定しており、勝ち馬はいずれかから出ている上位人気馬が非常に強いレースであるレパードS。馬連の配当が2000円を超えたのは昨年のみで、極端な穴狙いは無謀かもしれない。しかし3着になら人気薄の出番もあり、09年7番人気スタッドジェルラン、11年12番人気タナトス、14年9番人気ランウェイワルツといった穴馬が馬券圏内に食い込む走りを見せた年もある。果たして今年、その可能性のある馬はどの馬か?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

ジャパンダートダービー組が好走する!

砂の3歳ナンバーワンを決めるジャパンダートダービー。このレースをステップにレパードSに出走してきた馬の成績は(3,1,2,7)で複勝率46.2%の好成績。好走馬6頭の前走着順はすべて6着以内とある程度は好走している必要がある。
前走のジャパンダートダービーは初の地方&ナイター競馬、極度の不良馬場、馬体重16キロ増といくつものマイナス要素が重なってしまったライドオンウインド。それでいて掲示板を確保したところにこの馬の地力の高さは感じられた。中央のダート中距離では常に堅実に走っており、前走のダメージさえなければ巻き返しても何ら不思議はない。

古馬相手に勝利経験のある馬を狙え!

過去6年の連対馬12頭中8頭が古馬相手に勝ち星を挙げていた。年上の馬たちを相手に戦った経験が同世代相手のレースで活かされる。
前走の鷹取特別で1番人気のエクストラゴールドをクビ差凌いで勝利したカラパナビーチ。豊富な距離経験も武器に人気馬相手に善戦なるか?

前に行ける馬が強い!

直線が比較的に長い割にはコーナーがきついため、先行馬が有利なこのコース。4コーナーを1~3番手で通過した馬が(4,3,4,9)で複勝率55%と好成績なのに対して、4番手以下は(2,3,2,60)で複勝率10.4%と下がる。10番手以下にいたっては(0,0,2,27)とかなり苦戦しており、先行馬狙いが賢明である。
前目で競馬ができるのが強みのセンチュリオン。前走の青葉賞は17着に大敗してしまったが、ダートの2戦は積極的な競馬で2連勝している。今回も先行する競馬ができれば、あっと言わせるシーンも十分に考えられる。

トランセンドやホッコータルマエなどの後のダート王が勝利しているレパードS。今年もゴールデンバローズ、クロスクリーガーといった次世代のダート界を担っていく可能性のある馬が出走してきており、平穏な決着になるかもしれない。しかし、まだ成長途上の3歳馬によって行われるこのレース。思わぬ馬が好走して高配当をもたらしてくれるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line