TOP > 競走馬 > 2014年皐月賞 出走馬まとめ【アデイインザライフ】
競走馬

2014年皐月賞 出走馬まとめ【アデイインザライフ】

三冠馬ディープインパクトの血を引く競走馬アデイインザライフ。
2014年の皐月賞制覇に向けて出走が決まったが、父と同じ栄冠を掴み取ることが出来るのか?
本記事ではこれまでのアデイインザライフのレースを振り返り、勝利の可能性を探ってみた。
競走馬

人気に応えてデビュー勝ち

inyofu 中山4Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は、1番人気アデイインザライフ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒6。1馬身3/4差の2着に8番人気コズミックライトが、2馬身半差の3着に5番人気アンプラグドがそれぞれ入線。 アデイインザライフは美浦・鈴木康弘厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ラッシュライフ(母の父サクラバクシンオー)。
動画を見る
デビュー戦は1番人気に応えて、見事な差し切りで勝利。次回のレースに向けて注目が集まった。

2戦目でGIII京成杯に挑戦!関係者の前評判

inyofu 新馬を勝ったばかりで冒険ではあるが、アデイインザライフに最高級の◎を託してみたい。 デビュー戦のレースぶりは、ちょっと規格外だった。1000メートル通過1分4秒7というスローの流れで後方を追走。3~4角は馬群の大外(内から数えて7頭目)を回って豪快にまくり上げ、残り200メートルを切って先頭に立ち、軽く流して楽勝。まさに素質だけでねじ伏せてしまった印象だ。

GIII京成杯の結果は惜しくも3着

動画を見る
デビュー2戦目の為、ポテンシャルは未知数。だが、素質だけで4番人気に押され、挑戦した京成杯。
結果は惜しくも3位だったが、アデイインザライフの評価は下がることなく上がっていくのである。

皐月賞の前哨戦、GII弥生賞に出走

inyofu 【弥生賞】3着アデイインザライフ、大きな収穫 第51回弥生賞(9日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・内2000メートル、1着本賞金5200万円=出走13頭)2番人気のアデイインザライフは過去2走とは違って五分のスタートを決め、楽に中団の内を追走。直線で戸崎騎手のムチが入ると脚を伸ばし、3着に入った。1勝馬だけに、皐月賞の優先出走権を手中にできたことは大きい。
動画を見る
皐月賞と同じ距離・コースで行われた弥生賞は、京成杯と同じく3着に終わったが、
3着に入ったことで皐月賞への出走権利を得た。
一戦ごとに動きに切れが出てきたという評価もあり、皐月賞に期待がかかる。

ディープインパクト産駒であるにも関わらず、550キロ近い超大型馬で、
底知れぬポテンシャルを秘めたアデイインザライフ。
2014年の皐月賞には、弥生賞馬トゥザワールドやデビューから負け無しのトーセンスターダム等、
ライバル馬が多く、群雄割拠の様相だが、皐月賞が行われる中山競馬場芝2000mには馴染んできた。
アデイインザライフが群雄割拠を抜け出し、皐月賞を制覇することも充分有り得るだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line