TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】レパードステークス
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】レパードステークス

馬キュレ
第7回レパードS(GⅢ)
新潟ダート1800m
3歳OP
コース分析ができれば馬券は当たる!【新潟ダ1800m】


●傾向

1、人気と配当
①人気の成績は(4.0.2.0)と馬券圏内率100%となっている。複回値は当然100を超えており140。単回値も186円と買い続けていれば確実にプラスになっている。また成績が良いのは①人気だけでなく、②人気も好成績で(2.1.1.2)と連対率50%。馬券圏内率も67%という成績。数値を見ればおわかりの通り、レパードSの歴史上、①or②人気しか勝っていない。それゆえ、平均配当も低く馬連は1712円。馬単でも2615円と固い決着が多い。若干波乱傾向なのが3連系ではあるが、3連複11050円、3連単38018円と落ち着いたもの。

2、ステップ
最も多いのがジャパンダートダービー(GⅠ)組(以下JDD)で成績は(3.1.2.7)。連対率こそ31%ではあるが、複勝率は46%という成績。過去6年でJDD組は必ず馬券に絡んでおり、馬券の中心はここから選ぶ必要がありそうだ。なお、レパードS初年度を除き、馬券に絡んでいるJDD組は最先着馬。昨年のようにJDDの着順とレパードSの人気が逆転している年もあるが、レパードSの人気に関わらず、JDDの最先着馬は要注意。
JDDに続いて出走頭数が多いのが平場500万下だが(0.1.0.12)と成績は振るわず。更に3歳500万下からの場合は(0.0.0.4)と馬券には絡めていない。その他の組で馬券に絡んでいるのはユニコーンS組か1000万特別からの出走馬がほとんどだが、前走着順は1着から3着までの馬まで。唯一例外でJDD以外の地方競馬からここに挑んできた馬が1度馬券に絡んでいるが(0.0.1.6)と厳しい数値。
★今年のJDD組の最先着馬はクロスクリーガー。馬券圏内に絡む可能性は非常に高い!?
★JDD以外の地方競馬からここに挑むタマノブリュネット、デブリンは厳しい戦いとなりそうだ。

3、上位人気の外国産馬
外国産馬の成績は(1.2.1.2)と①人気ほどではないにせよ、連対率50%、複勝率66.7%と高い数値。馬券に絡んだ4頭を見るといずれも④人気以上で出走しており、馬券圏外となったのは⑧人気と⑮人気。高い人気で出走する外国産馬は注意が必要。
★今年の外国産馬は2頭で、ゴールデンバローズとデブリン。ゴールデンバローズはユニコーンSで4着に敗退となったが、今回上位人気は必至なだけに、馬券圏内の可能性は大。

4、関西所属馬
過去6年間で馬券圏内に絡んだ馬18頭中15頭が関西所属。数値で見ても関西は(5.5.5.32)で連対率21%で複勝率32%。一方関東は(1.1.1.36)となり連対率5%で複勝率は8%。昨年は3頭中に2頭が関東所属ではあるが、基本的には関西所属馬から選ぶべきデータ。
★外国産馬の項目で好評価のゴールデンバローズですが、所属は関東。関東馬で馬券に絡んだ3頭中の1頭であるイジゲンと同厩舎ではあるが、このイジゲンも①人気に推された上での3着。若干評価を下げるべきか。

●これが危険
5、前走の上がり3Fのタイムが6位以下
前走の成績を見ると上がり3Fで5位以内であった馬の成績が良い。前走上がり3Fが6位以下で馬券に絡んだのはアジアエクスプレスのみとなっている。地方競馬はデータが無い為例外ではあるが、JRAの競走からここに乗り込み、上がり3F以下の馬は基本的に消しで良いだろう。
★ユニコーンS2着のノボバカラは上がり3Fが37.3で出走馬中8位。同レース11着のダイワインパルスも上がり37.4と順位は低く評価を下げたい。前走1000万特別で2着のモズライジンも上がり3F時計は6位以下。

6、前走芝出走馬
前走芝のレースに出走した馬は合計11頭いるが、いずれも馬券圏外。ただし、前走小倉芝1800だったダートムーアと前走阪神芝1800だったドコフクカゼは共に2ケタ人気で掲示板を確保。2頭の共通項はダートを主戦場としておりながら前走芝を使った馬。
★前走芝の青葉賞を使ってここに出走するセンチュリオンは勝利した2戦は共にダート。逆に白百合Sからここに挑むダノンリバティはダート初出走。センチュリオンの見限りは早計もダノンリバティは軽視が妥当。

7、2カ月以上の休養明け馬
前走から2カ月以上で出走する馬の成績は(0.0.0.12)と1頭も馬券圏内確保はならず。中には10年に3番人気に推されたロンギングスター(4着)もいることから、休養明けの馬は評価を落とすべきだろう。


以上を踏まえ
データ分析の結果

本命候補
クロスクリーガー
アルタイル

対抗候補
ゴールデンバローズ
ライドンウインド
ラッキープリンス
カラパナビーチ

穴候補
センチュリオン
クワドループル
ディアドムス

上記週中におけるデータ分析に出走馬・枠順確定後のデータを反映した上で導きだす最終結論=買い目はレース前日21時頃にうまキュレにて公開いたします。


小倉記念のデータはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】小倉記念


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line