TOP > 予想/馬券 > コース分析ができれば馬券は当たる!【札幌芝2000m】
予想/馬券

コース分析ができれば馬券は当たる!【札幌芝2000m】

毎年豪華メンバーが集う札幌記念などが行われるこのコース。果たしてどんな傾向が見られるのか!?今回はこのコースを枠、血統、騎手などから特徴を探り出しまとめてみた。データは2010年からのものに基づく。
馬キュレ

【枠順別成績】中枠の馬が活躍!

馬キュレ
枠順別成績はご覧の通り。1コーナーまでの距離が芝1800mより長いこともあり、内外でそこまでの差はない。3~6枠の中枠の馬が好走する傾向にある。

【脚質別成績】先行・差し馬が活躍!

馬キュレ
枠順別成績はご覧の通り。芝1800mと比べると、逃げ馬の複勝率が半減している。これはクラスが上がるごとに中盤のペースが厳しくなるためと考えらえる。ただ、追い込み一手の馬はそれでも厳しい。

【種牡馬別成績】やはりトップはディープインパクト!

馬キュレ
芝1800mほどではないにしても、勝利数で2位に倍の差をつけているディープインパクト産駒が好走傾向にある。上位を軒並みサンデー系の馬が占めているが、注目したいのは6位のシンボリクリスエス。人気を着順が大きく上回っており、回収率の面で馬券的にはおいしい存在だ。

【騎手別成績】四位騎手がトップ!福永&宮崎騎手も要チェック!

馬キュレ
夏は北海道に拠点を構える四位騎手がトップ。複勝率70%越えの3位福永騎手ももちろん馬券からは外せない。人気を着順を上回っている9位宮崎騎手は回収率の面で注目の存在だ。

【厩舎別成績】上位勢は回収率も優秀!

馬キュレ
厩舎別成績はご覧の通り。上位6厩舎は基本的に買い続ければ儲かる計算が立てられる。中でも注目は、4位の北出厩舎。(3,3,2,3)で複勝率は70%越え。人気を着順が大きく上回っており、複勝回収率は何と240%!しっかりとマークしておきたい存在だ。

夏、ローカル小回り、洋芝と他の競馬場とは異なる条件で行われるため、この時期特有の狙いが生まれる。今回挙げた様々なデータを駆使して、夏の札幌で一儲けを狙いたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line