TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】エルムステークス
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】エルムステークス

馬キュレ
第20回エルムS(GⅢ)
札幌ダート1700m
3歳上OP

コース分析ができれば馬券は当たる! 【札幌ダ1700m】

※新潟・函館で代替された09年と13年を除く過去8年のデータ

●傾向

1、人気と配当
①人気の成績が(2.0.2.4)で②人気の成績が(3.1.0.4)と②人気の方が連対率が高い。なお、06、08、14年に関しては揃って連を外しておりどちらかと言えば②人気を信用すべきであるが、高い信頼度はない。しかし3度も揃って連を外しているものの、平均配当はそこまで高いものではなく、馬連で2328円、3連単でも71734円止まり。

2、ステップ
しらかばSから出走してきた馬が最も多く21頭だが、連対率は4.8%と非常に低く、続いて出走馬が多いマリーンSも8.3%。目立った前走の傾向はあまりないが、数は少ないながらもブリーダーズGCとクラスターCの成績がよく、前者の連対率が37.5%。後者の連対率が66.7%。前走地方重賞の成績は連対率34.8%、複勝率43.5%となっている。

3、所属
勝ち馬を見ると関東馬3勝、関西馬5勝。勝率で見ると関東9.4%で関西7.8%と関東有利。連対率でみても関東21.9%に対し関西は12.5%。各レースデータでは西高東低のものが多いが、同レースに関しては関東が強い。

4、脚質
連対馬は先行ないしマクリでしか出ていない。4角の位置を見ても連対馬は全て4角以内であり、前にいなければ勝利はおろか連対も厳しい。

5、リピーター
エルムSはリピーターが多く同競走で数度馬券に絡んだ馬は合計4頭いる。過去好走を果たした馬が出走してきた際は注意が必要。
★昨年2着のクリノスターオー。再度好走の可能性は大!?

●危険なデータ

6、前2走ともに6着以下
馬券圏内を確保した24頭中23頭が近2走の内で5着以内に入っている。唯一の例外となるのが11年のオーロマイスターだが、同馬は10年の2着馬で舞台となる札幌ダート1700mで100%連対しているコース巧者。前2走とも完敗の馬は切り捨てでいいだろう。
★マルカフリートは近2走掲示板を外している。データ的には切り。

7、6歳以上の関西馬
年齢別連対率を見ると
3歳 25.0%
4歳 23.8%
5歳 15.6%
6歳 13.6%
7歳 16.7%
8歳  0.0%
と、7歳は例外も歳をとる毎に成績は悪くなっている。更に詳細を見ると6、7歳の関西馬の成績が悪い。6歳以上で馬券に絡んだのは合計5頭いるが、関西所属馬だと、前年の同レースを勝利していた当時6歳のローマンレジェンドと、当時GⅠ5勝していたエスポワールシチーの2頭のみ。
★エーシンモアオバー・カチューシャ・グレープブランデー・ゴールスキー・フレイムコード・マイネルバイカ・マルカフリートの7頭が該当。
G1実績があるのはグレープブランデー・ゴールスキーの2頭。拾えてもこの2頭ぐらいか。

以上を踏まえ
現時点でのデータ分析の結果

本命候補
クリノスターオー
ソロル

対抗候補
ジェベルムーサ
ヒラボクプリンス
アウヤンテプイ
ウルトラカイザー

穴候補
グレープブランデー
ゴールスキー

上記週中におけるデータ分析に出走馬・枠順確定後のデータを反映した上で導きだす最終結論=買い目はレース前日21時頃にうまキュレにて公開いたします。


関屋記念のデータはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】関屋記念


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line