TOP > 予想/馬券 > コース分析ができれば馬券は当たる! 【小倉ダ1000m】
予想/馬券

コース分析ができれば馬券は当たる! 【小倉ダ1000m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

未勝利戦や500万下のレースが数多く施行されるこのコース。果たしてどんな傾向が見られるのか!?今回はこのコースを枠、血統、騎手などから特徴を探り出しまとめてみた。データは2010年からのものに基づく。
馬キュレ

【枠順別成績】回収率は外枠の方が高い!

馬キュレ
小倉ダート1000mはスタート次第なところがあるため、枠順の有利不利はあまりない。ただし内枠より外枠の方が回収率で分がある。

【脚質別成績】コース形態上前有利!

馬キュレ
コースの形態上、スタート直後から下り坂となっているため、かなりのスピードが出る。内外関係なくスタート勝負となるため、先を行った馬がそのままゴールに雪崩れ込む展開となることが多い。直線が291mと短い上、上り坂も急坂ではないため、前半の隊列のままゴールしているケースが目立つ。馬場が悪くなってもこの傾向は変わらない。

【種牡馬別成績】キンカメ産駒が意外においしい!

馬キュレ
おなじみのサウスヴィグラス、サクラバクシンオー、ゴールドアリュールの3頭が上位を独占。比較的どのコースでも好成績のキングカメハメハが5位にランクインしているが、単勝回収率は379%と想像以上に高い。ちなみにディープインパクト産駒は10頭出走しているが、2着が1度あるのみで苦戦傾向にある。

【騎手別成績】現役トップは川須騎手!

馬キュレ
14勝を挙げている川須騎手が現役トップの成績。丸山、鮫島騎手には一発の魅力が単勝回収率から感じることができる。

【厩舎別成績】大久保厩舎の安定感!

馬キュレ
厩舎別成績はご覧の通り。大橋、大根田厩舎が7勝で勝利数トップ。それ以上に注目したいのは8位の大久保厩舎。(4,7,2,3)で複勝率は何と京井の80%越え!大久保厩舎の所属馬が出走して来れば、迷わず買いのデータだ。

1日に複数のレースが行われることもある小倉ダート1000m。今回挙げた様々なデータを駆使して、小倉で一儲けを狙いたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line