TOP > 予想/馬券 > コース分析ができれば馬券は当たる! 【小倉芝2000m】
予想/馬券

コース分析ができれば馬券は当たる! 【小倉芝2000m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

重賞は小倉記念、特別戦も多く施行される小倉のスタンダードコース。果たしてどんな傾向が見られるのか!?今回はこのコースを枠、血統、騎手などから特徴を探り出しまとめてみた。データは2010年からのものに基づく。
馬キュレ

【枠順別成績】頭数が増えると外枠不利!

馬キュレ
1コーナーまでの距離が長く、思い通りのポジションが取れるため枠順にあまり差はない。馬場が良い時は内~中枠が有利で、多頭数になれば外枠が不利になってくることは頭に入れておきたい。

【脚質別成績】ペースに関係なく前が有利!

馬キュレ
2コーナーを過ぎたところで一旦ペースが落ち着き、3コーナーに差し掛かるあたりで再びペースが速くなるのが特徴。メンバー次第でペースは変わるが、基本的には前の馬が有利だ。

【種牡馬別成績】ディープよりもキンカメが狙い目!

馬キュレ
ディープインパクトとキングカメハメハの2トップが勝利数トップを争っている。勝率・連対率・複勝率はほぼ同じ数字だが、回収率ではキングカメハメハに大きく分がある。狙いたいのはキングカメハメハだ。安定感ではハーツクライも負けていない。

【騎手別成績】浜中騎手が複勝率50%越え!

馬キュレ
芝1200m同様に浜中騎手が1位。勝利数20は断トツの成績。2回に1回以上馬券に絡むのでいつだって見逃すことはできない。2位の太宰騎手は(13,2,2,90)と来るときは1着が圧倒的に多い。

【厩舎別成績】池江&石坂厩舎注目!

馬キュレ
勝利数9で池江厩舎がトップ。複勝率も50%近く、馬券からは外せない。6位の石坂厩舎も安定感があり、単複回収率が100%を超えている。

その日のメインレースが芝2000mであることも多く、何としても攻略したいこのコース。今回挙げた様々なデータを駆使して、小倉で一儲けを狙いたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line