TOP > 予想/馬券 > コース分析ができれば馬券は当たる! 【小倉芝2600m】
予想/馬券

コース分析ができれば馬券は当たる! 【小倉芝2600m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

通常は1000万と500万クラスでのみレースが組まれているこのコース。果たしてどんな傾向が見られるのか!?今回はこのコースを枠、血統、騎手などから特徴を探り出しまとめてみた。データは2010年からのものに基づく。
馬キュレ

【枠順別成績】1枠が良く馬券に絡む!

馬キュレ
スタート直後に1週目の3コーナーに入ることからロスなく回れる1枠が有利な傾向にある。複勝率の高さは他の枠と比べて結構な差がある。

【脚質別成績】先行馬狙いが無難 ポジションを上げていける差し馬に注意!

馬キュレ
ペースが速くなることはほとんどなく、大半は平均からスローペースで流れる。逃げ馬よりはその1列後ろの先行馬の方が成績がいい。2週目の3コーナーから4コーナーでポジションを上げた馬の捲りが決まることもある。

【種牡馬別成績】ディープインパクト産駒は苦戦!

馬キュレ
キングカメハメハとジャングルポケットは30頭以上の出走頭数を考えればこの数字でも優秀な成績と言える。ハーツクライ産駒は人気を着順が上回っており、来るときは頭で来やすいことも注目しておきたい。ディープインパクト産駒はわずか1勝となかなか狙いにくい。

【騎手別成績】迷わず川田騎手を信頼!

馬キュレ
騎手別成績はご覧の通り。何と言っても(5,1,0,3)で川田騎手の成績が光る。藤岡兄弟は二人とも複勝率50%越えで、馬券的には目が離せない。

【厩舎別成績】トップは西浦厩舎!

馬キュレ
1位は4勝で西浦厩舎。出走頭数は多いが、単勝回収率は100%を超えている。複勝率50%の音無厩舎、単勝回収率二本柳厩舎にも注目だ。

関西圏では唯一の芝2600m。レースの施行数は決して多くはないが、その分対策は立てやすい。今回挙げた様々なデータを駆使して、小倉で一儲けを狙いたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line