TOP > 競走馬 > 【2015年セントウルS】開幕週の高速決着に自信アリ!バーバラ
競走馬

【2015年セントウルS】開幕週の高速決着に自信アリ!バーバラ

3~4歳時には4連勝でオープン入りするなど、勢いのあったバーバラだがオープン入りしてからは2桁着順が続く。しかし、前々走のバーデンバーデンカップで優勝。オープン初制覇を飾り、前走北九州記念では上がり最速の末脚で4着に入った。ここで重賞初制覇となるか?この馬についてまとめてみた。
馬キュレ

【福島牝馬S】マイナス12kgと1800mという距離が響き大敗...

スタートから道中4,5番手を追走する。3,4コーナーでペースが上がるとやや手応えが悪くなってしまい、直線ではスタミナ不足もあり馬群に沈んでしまった。

【バーデンバーデンC】見事な好位差しでオープン初制覇!

スタートを決め、道中は好位の後ろの外目を追走。直線に入って追い出されると粘るコウヨウアレスなどを捉え、後続を抑え切り見事オープン初制覇を飾った。
inyofu 1着 バーバラ(石川裕紀人騎手) 「外枠がよかったです。テンションが高いところはありましたが、ゲート裏では落ち着いていました。ペースが流れてくれて、あとは交わすだけでしたが、しっかり反応してくれました。52キロも効いたと思います。初ブリンカーは初騎乗で比較がつきませんが、おそらく効いていたと思います。厩舎がよく仕上げてくれました」

【北九州記念】大外から差し切りを狙うも、鮮やかに出し抜かれて4着...

やや立ち遅れ気味のスタートで、道中は後方2,3番手を進む。コーナーで徐々に進出していき、直線へ。大外から追い出されるがロスのない競馬をした3頭との差は詰まらず、上がり最速の脚を使ったが4着までが精一杯だった。
inyofu 4着バーバラ(武幸)出遅れとまではいかなかったがポコッと出た。それから外差しに切り替えて良く来てると思うが。

【セントウルS1週前追い切り】活気あるウッド単走で好調をアピール!

inyofu 2走前からトラック調教に替えたことで好結果を出したバーバラ。今回もウッド単走で行い、活気ある動きで好調維持をアピールした(6ハロン86・5―39・5―12・1秒)。
inyofu 小崎調教師「スタートのタイミングが合わなかった前走(北九州記念=4着)もしまいはよく差を詰めた。今は具合が良さそうだね。平坦向きだが、今なら阪神でも頑張ってくれるんじゃないかな」

2走前のバーデンバーデンC優勝まで4戦連続2ケタ着順とスランプであったが、ここ2走は力を出し切っている。持ちタイム1.06.9はセントウルS出走予定馬の中でナンバーワンであり、開幕週の馬場を味方にどこまでやれるのか楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line