TOP > レース > 今年もGI馬激突で好勝負必死! 第51回【札幌記念】
レース

今年もGI馬激突で好勝負必死! 第51回【札幌記念】

2015年8月23日(日)に札幌競馬場で行われる芝2000メートルのGIIレース、第51回【札幌記念】。
サマー2000シリーズ第4戦にして、近年ではGIホースの参戦が多くなってきたこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ
 

【札幌記念】歴史!

inyofu 本競走は、1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞『札幌記念』として創設され、第1回は札幌競馬場の砂コース2000mで行われた。馬場については、札幌競馬場は寒冷地のため創設時は芝コースが無く、1968年まで左回りの砂コース、1969年から1974年まで左回りのダートコース、1975年から1989年まで右回りのダートコースで行われた。
inyofu 1989年、札幌競馬場に芝コースが新設された(同年の札幌記念はダート1700mで開催)が、芝の育成・保護のため芝コースの運用は翌1990年から始まり、以来芝2000mで行われている。札幌競馬場の芝コースは洋芝を使用しており、緑鮮やかなターフを舞台に本競走も熱戦が繰り広げられている。また、負担重量は1997年にハンデキャップから別定重量となったのち、2006年に実力馬の参戦を促す観点から定量に変更された。なお、2013年は札幌競馬場のスタンド改築工事に伴い函館競馬場で開催された。
2006年に実力馬の参戦を促す観点から定量に変更され、更にサマー2000シリーズに指定された札幌記念。昨年はゴールドシップVSハープスターの対決に注目が集まった。

【札幌記念】レースレコード!

札幌記念のレースレコードは、2008年にタスカータソルテが記録した1:58.6である。その後のタスカータソルテは勝利こそなかったが、重賞戦線を賑わせた。

2014年【札幌記念】

昨年の札幌記念では、2番人気ハープスターが1番人気ゴールドシップを相手に奮闘し、勝利をもぎ取った。

↓【札幌記念】過去5年のレース映像はこちら↓

【札幌記念】レース傾向

inyofu 伏兵馬にも要注意
昨年の札幌記念は単勝2番人気馬→1番人気馬の順で決着したが、それ以前の9年間は4番人気以下の馬が毎年連対している。そこで、過去10年の単勝オッズ別の成績を調べると、「3.9倍以下」の支持を得た馬の好走例が多い反面、「4.0~6.9倍」のエリアからは連対馬が出ていない。そして、「10倍台」の馬が3勝、「20倍以上」の馬も5頭が連対を果たしているなど、下位人気馬が奮闘していることも見逃せないデータだ。
inyofu 若い世代が優勢
過去10年の年齢別成績を調べると、優勝馬10頭のうち9頭、2着馬は10頭中7頭が5歳以下と、若い世代が優勢だ。ただし、2009年以降は、毎年6歳以上の馬が3着以内に入っている点には注意が必要かもしれない。とはいえ、好走率では5歳以下の馬が優勢となっているだけに、今年もまずは若い世代に注目したい。
inyofu 前走のレースもチェック
過去10年の前走のレース別成績を調べてみると、前走GI・JpnI 組の中では「宝塚記念」や「日本ダービー、オークス」からの臨戦馬が好成績で、GIII・JpnIII 組の中では「クイーンS」組と「函館記念」組に好走馬が集中している。それに対し、前走が「GII・JpnII」だった馬はまったくの不振で、該当する12頭すべてが4着以下に敗れている。これらの事から、札幌記念では上半期の総決算「宝塚記念」の出走馬や、3歳クラシック戦線を歩んできた馬、同じ北海道シリーズで行われた「函館記念」、「クイーンS」といった中距離重賞からの臨戦馬に注目すべきだろう。
inyofu GI またはGII での着順に要注目
過去10年の札幌記念では、「3走前までにGI またはGII で5~10着に入っていた」馬が2009年を除き連対している。今年も出走馬の臨戦過程をチェックしておきたいところだ。
inyofu 4、5走前にGIII を勝利していた馬が3連勝中
近3年の札幌記念では、4走前か5走前にGIII を勝利していた馬が優勝している。ちなみに、その3頭は札幌記念で4、2、2番人気だった。今年もこのデータに該当する馬にチェックを入れておくべきかもしれない。
【札幌記念】のレース傾向では、【単勝オッズ3.9倍以下】【5歳以下】【前走が宝塚記念・日本ダービー・オークス・クイーンS・函館記念】【3走前までにGIまたはGIIで5~10着に入っていた】【4走前か5走前にGIIIを勝利していた】競走馬が好走する傾向にある。はたして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか?

第51回【札幌記念】登録馬!

inyofu サイモントルナーレ 57
サクラアルディート 57
ステラウインド 57
スワンボート 57
ダービーフィズ 57
ディサイファ 57
トウケイヘイロー 57
トーホウジャッカル 57
ハギノハイブリッド 57
ハナズリベンジ 57
ヒットザターゲット 57
フレージャパン 57
ヤマカツエース 54
ラキシス 55
ラストインパクト 57
最有力牝馬ルージュバックが発熱により出走回避したことにより、15頭の登録になった今年の札幌記念。しかし、トーホウジャッカルやラキシスなどGI馬の登録もあり、見応えのあるレースとなりそうだ。

第51回【札幌記念】予想オッズ!

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 ラキシス 2.9
2 トーホウジャッカル 2.9
3 ラストインパクト 4.4
4 ダービーフィズ 7.3
5 ディサイファ 10.9
6 ハギノハイブリッド 16.8
7 トウケイヘイロー 26.5
8 ヤマカツエース 26.6
9 ヒットザターゲット 32.4
10 ステラウインド 35.2
現時点では、トーホウジャッカルやラキシスと言ったGI馬が実績通りの人気を集めている。やはり軸はこの2頭か?

第51回【札幌記念】有力馬は!?

【単勝オッズ3.9倍以下】【5歳以下】【前走が宝塚記念】【3走前までにGIまたはGIIで5~10着に入っていた】ラキシス
inyofu ラキシス(牝5・角居勝彦)は、昨年のエリザベス女王杯を制し、GI ホースに輝いた。前走の宝塚記念は、スタートで後手を踏んだうえに、レースの前半1000m通過タイムが1分02秒5というスローペースで前の馬に向く流れになり、最後の追い上げ届かず8着に敗退。それでも、一線級の牡馬を相手に勝ち馬のラブリーデイから0秒4差で走っており、決して悲観する内容ではない。この中間は函館競馬場へ入厩して順調に乗り込みを消化。12日に同Wコースで行われた1週前追い切りは5ハロン72秒4と、時計自体は目立つものではないが、弾むような動きで、仕上がりの良さをアピールした。秋に勢いをつけるためにも、今回、きっちりと巻き返したいところだ。
【単勝オッズ3.9倍以下】【5歳以下】【前走が宝塚記念】トーホウジャッカル
inyofu 昨年の菊花賞優勝馬トーホウジャッカル(牡4・谷潔)は、今年の初戦に予定していた阪神大賞典の最終追い切りで右前脚の蹄を痛め、戦列復帰が遅れることになった。前走の宝塚記念は、菊花賞以来約8か月ぶりの実戦だったが、中団追走から最後の直線でしぶとく末脚を伸ばして勝ち馬のラブリーデイから0秒3差の4着まで追い上げ、あらためて能力の高さを示した。12日に札幌ダートコースで行われた1週前追い切りでは、主戦の酒井学騎手を背に6ハロン84秒2をマーク。全身を無駄なく使った迫力満点の動きを披露し、レースを1度使われた上積みを感じさせた。秋のGI 戦線を主役候補として迎えるためにも、ここはきっちり好結果を出したい。
【5歳以下】【前走が函館記念】【3走前までにGIまたはGIIで5~10着に入っていた】ダービーフィズ
inyofu 前走で、『サマー2000シリーズ』2戦目の函館記念を制したダービーフィズ(牡5・小島太)。レースの前半1000m通過タイムが58秒6という緩みないペースの中、道中は中団のインで脚をためて、3~4コーナーで徐々に進出を開始。最後の直線ではハギノハイブリッド(2着)との追い比べをアタマ差しのいで重賞初制覇を達成した。この中間は短期放牧を挟んだが、馬体に緩みはなく毛づやも良好で、状態は高いレベルで安定しているようだ。今回は相手が強化されるが、ここで好結果を残せば『サマー2000シリーズ』チャンピオンの座がグッと近づくだけに、その走りに注目したい。

2015年8月23日(日)に札幌競馬場で行われる芝2000メートルのGIIレース、第51回札幌記念。 
注目はやはり、ラキシスVSトーホウジャッカルのGI馬対決であろう。2頭共、札幌競馬場の洋芝は未経験だが、他馬と比べて地力は頭一つ抜け出た存在なので信頼度は高そうだ。
特にトーホウジャッカルは、休み明けでの出走ながら前走 宝塚記念で貫録の4着で能力の高さを証明した。叩かれてここは万全の態勢で臨めるので期待大だ。
また、前走 函館記念で重賞初制覇を果たした上がり馬ダービーフィズも軽視できない存在と言える。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line