TOP > 競走馬 > 【2015年セントウルS】使い減りせずイイ状態!今度こそ良血馬復活へ!マイネルエテルネル
競走馬

【2015年セントウルS】使い減りせずイイ状態!今度こそ良血馬復活へ!マイネルエテルネル

2歳の時には連勝で重賞制覇を果たしたマイネルエテルネル。しかし、古馬になり降級した後は勝ちきれないレースが続き、長いトンネルに入っていたが、前々走のテレビュー福島賞では逃げの手に出ると、直線では差される場面もありながら差し返し再度のオープン入りを決めた。前走はあまりのハイペースのため先行できず敗れてしまったが、ここは仕切り直しの一戦となる。そんな本馬のここまでの戦歴についてまとめてみた。
馬キュレ

マイネルエテルネルの血統!父は超良血!母は名配合!

本馬は父タマユズ、母父がピッコロという血統。タマユズはあまり日本では聞かない名前であるが、現役時代にはタイキシャトルが勝利したジャックルマロワ賞の勝ち馬。タマユズの父Nayefはイギリス2000ギニーなどを勝ち、バゴなど多数のGⅠ馬を輩出した名馬Nashwanの半弟。因みにNayefの2代母ハイクレアは娘の娘としてウインドインハーヘアを輩出しており、ディープインパクトやブラックタイドのファミリーである。そしてタマユズの3代母アレグレッタはガリレオ、シーザスターズの母アーバンシーや、日本でもお馴染みのキングズベストを輩出した名牝中の名牝。タマユズ自体の産駒は短距離に偏っているが、このような中距離馬の多いファミリーに属するという血統背景もあり、短距離といっても時計の掛かる馬場状態で本来の力を発揮する。また、母母Slica-Cisaは重賞勝ち馬2頭を送り出した名繁殖でGreat Nephew3×3、Worden4×5×5など、短距離的スピード系やスタミナ系血統の強いクロスを持つ。この特徴を更に生かすために異系血統インリアリティー系の短距離馬ピッコロとの間に生まれたのが本馬の母For Evva Silcaである。よって本馬は血統的な基盤が非常にしっかりしている、阪神競馬場のような時計の掛かる馬場が非常に得意な短距離馬といえるであろう。
↓マイネルエテルネルの血統表はコチラ

【2012年小倉2歳ステークス】今度は差して快勝!連勝で重賞制覇!

前走の新馬戦勝利から連勝での重賞制覇を狙った一戦。道中は好位の後ろで待機。直線では先にクラウンレガーロが抜けだしたが、それをゴール寸前で交わし切ったところがゴール。連勝での重賞初制覇を飾った。
以下はレース後の鞍上和田竜二騎手のコメント
inyofu 「今日は逃げるつもりはありませんでした。スムースな競馬が出来れば力は上だと思っていましたし、ペースが速くてもついて行くスピードもあります。4コーナーで閉められた分、最後は接戦になりましたが、力があるので差すことが出来ました。スピードがあって、距離が延びても大丈夫ですし、血統的にも今後がとても楽しみです」

【2013年スプリンターズステークス】好位で運ぶも全く伸びず...14着に大敗

本馬にとって初の古馬GⅠ挑戦となった当レース。しかし、まずまずのスタートから好位の外目で運ぶも、直線では完全に脚が止まる。最後は後方での入線となり、14着。古馬一級線との大きな力差を感じるレースとなった。
以下はレース後の鞍上柴田大知騎手のコメント
inyofu 「いい競馬で、スタート良く、いい位置で流れに乗れました。しかし、そこからでしたね。相手が強かったです。交わされてしまいました」

【2015年テレビユー福島賞】逃げ、直線並ばれるも差し返し!15戦ぶりの勝利で再びオープンの舞台へ!

まずまずのスタートから二の脚の速さで逃げの手に出る。終始ネロにプレッシャーをかけられる厳しい展開となり、直線ではネロに交わされる場面もあったが、最後ゴール前でもう一度差し返し再度のオープン入りを決める。
以下はレース後の鞍上柴田大知騎手のコメント
inyofu 「内枠だった分、突っ込んでいったことがよかったと思います。最後は差し返してくれましたし、すごい根性です」

【北九州記念】手ごたえに余裕なく、後続に飲み込まれ13着

1枠2番からスタートしたマイネルエテルネル。ちょうど中段辺りを追走していたが、4コーナーでは手ごたえに余裕がなくなり外を回した差し馬に交わされ13着に敗れた。
inyofu 13着マイネルエテルネル(柴田大)行けなくて、最後に脚も使えてない。

【セントウルS】脚色衰えず

追い切り後の関係者のコメント
inyofu  追い切りも、朝一番とは言え坂路で4ハロン52秒3、最後の1ハロンも13秒を切りましたから、この馬なりのしっかりした仕上がりにあるのは間違いないと思います。この馬も、次のGIが楽しみになるようなレースをしてくれればと思っています

低迷期にも、小回りコースではコンスタントに結果を残していた。復調を感じる近走の内容、そして戦ってきた相手や良血ぶりを考えれば、今回のレースでいきなり復活ということも十分に有り得るであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line