TOP > 予想/馬券 > 【2015年北九州記念】狙うは1発逆転!?激走する穴馬はこの馬だ!
予想/馬券

【2015年北九州記念】狙うは1発逆転!?激走する穴馬はこの馬だ!

過去10年8番人気が4勝、11番人気が2勝ととにかく荒れる北九州記念。高配当を狙うには打ってつけのレースであるのは間違いない。過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

前走1600万下でも走る!

前走のクラス別成績を見ると、1600万下組が(1,5,1,21)で複勝率25.0%と健闘している。クラスが上がるほど成績が悪くなる傾向にあり、条件戦を使ってきた馬を軽視するのは避けたい。
北九州記念と同じ芝1200mの佐世保Sを勝利したミッキーラブソング。その前走は初のスプリント戦だったが、断然人気のネロを最後に差し切った辺り適性の高さが伺えた。斤量も前走から3キロ減の54キロとなれば、もう一丁が期待できる。

前走上がり3F3位以内の馬に注目!

06年11番人気1着コスモフォーチュン、07年11番人気1着キョウワロアリング、09年8番人気1着サンダルフォン、11年8番人気1着トウカイミステリー、12年8番人気1着スギノエンデバー。人気薄ながら勝利したこの5頭に共通するのは前走の上がり3Fが3位以内だったことである。昨年は該当馬がいなかったが、毎年このデータに当てはまる馬が好走しており、今年も見逃せない。
前走のバーデンバーデンCを勝利したバーバラの上がり3Fは33秒6で第3位。上記のデータに合致する。二ケタ着順が続いていた近走から距離を短縮したように、この馬のベスト距離はやはり1200m。昨年のこのレースは5着に敗れたが、勝ち馬とはコンマ3秒差。勢いに乗った今ならここで初の重賞制覇も期待できる。

差しタイプに絶好の展開に!

1200mに距離が短縮された06年以降の過去9回の前後半の3ハロンの平均は32秒5→34秒8と前半が2秒以上も速い。そのため逃げた馬は失速し、差し馬にとって絶好の展開となることが多い。今年も注意が必要だ。
昨年の小倉2歳Sを驚異の末脚で制したオーミアリス。その後のレースでは結果が出ていないが、2戦2勝の小倉芝1200mに戻れば巻き返す可能性は大いにある。50キロの斤量も魅力で、一発に警戒が必要だ。

3連単の平均配当が77万円という夏競馬随一の荒れるレースである北九州記念。1~3番人気が1着になったことは1度しかないレースだけに、思い切った穴狙いも可能だ。今回挙げたデータを上手く活用して、馬券を的中させたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line