TOP > 予想/馬券 > 3歳~5歳馬の活躍が中心!?【第51回札幌記念】予想まとめ
予想/馬券

3歳~5歳馬の活躍が中心!?【第51回札幌記念】予想まとめ

8月23日(日)札幌競馬場で行われるメーンレース【第51回札幌記念】は夏競馬唯一のGIIでサマー2000シリーズ第4戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向(函館芝2000mで行われた2013年を含む)

inyofu 伏兵馬にも要注意

昨年の札幌記念は単勝2番人気馬→1番人気馬の順で決着したが、それ以前の9年間は4番人気以下の馬が毎年連対している。そこで、過去10年の単勝オッズ別の成績を調べると、「3.9倍以下」の支持を得た馬の好走例が多い反面、「4.0~6.9倍」のエリアからは連対馬が出ていない。そして、「10倍台」の馬が3勝、「20倍以上」の馬も5頭が連対を果たしているなど、下位人気馬が奮闘していることも見逃せないデータだ。
inyofu 若い世代が優勢

過去10年の年齢別成績を調べると、優勝馬10頭のうち9頭、2着馬は10頭中7頭が5歳以下と、若い世代が優勢だ。ただし、2009年以降は、毎年6歳以上の馬が3着以内に入っている点には注意が必要かもしれない。とはいえ、好走率では5歳以下の馬が優勢となっているだけに、今年もまずは若い世代に注目したい。
inyofu 前走のレースもチェック

過去10年の前走のレース別成績を調べてみると、前走GI・JpnI 組の中では「宝塚記念」や「日本ダービー、オークス」からの臨戦馬が好成績で、GIII・JpnIII 組の中では「クイーンS」組と「函館記念」組に好走馬が集中している。それに対し、前走が「GII・JpnII」だった馬はまったくの不振で、該当する12頭すべてが4着以下に敗れている。これらの事から、札幌記念では上半期の総決算「宝塚記念」の出走馬や、3歳クラシック戦線を歩んできた馬、同じ北海道シリーズで行われた「函館記念」、「クイーンS」といった中距離重賞からの臨戦馬に注目すべきだろう。
inyofu ○単勝3.9倍以内
(5-4-1-3)
×単勝100倍以上
(0-0-0-25)
◎5歳馬で2番人気以内
(2-3-2-1)
△7歳以上
(0-1-3-34)
◎関西馬で1番人気
(3-2-0-1)
△関東馬で6番人気以下
(0-0-3-31)
×追込み
(0-0-0-31)
×14番~16番
(0-0-0-15)
×前走G2
(0-0-0-12)
△前走G3で10着以下
(0-0-1-14)
△前走G3で0.6秒以上負け
(0-0-1-30)
×前走G3で10番人気以下の牡・セン馬
(0-0-0-15)
×前走着差負け2.0秒以上
(0-0-0-16)

札幌芝2000m騎手&種牡馬別成績(2010年以降)

inyofu 四位洋文(6-3-6-24)15.4% 23.1% 38.5%
三浦皇成(5-8-3-38) 9.3% 24.1% 29.6%
福永祐一(5-8-1-6) 25.0% 65.0% 70.0%
藤田伸二(5-5-5-27)11.9% 23.8% 35.7%
池添謙一(4-6-4-20)11.8% 29.4% 41.2%

川田将雅(1-0-0-1) 50.0% 50.0% 50.0%
岩田康誠(0-3-4-11) 0.0% 16.7% 38.9%
ルメール(0-2-1-2) 0.0% 40.0% 60.0%
蛯名正義(0-0-3-6) 0.0% 0.0% 33.3%
丸田恭介(0-1-1-36) 0.0% 2.6% 5.3%

柴田善臣(0-1-0-2) 0.0% 33.3% 33.3%
戸崎圭太(0-0-0-3) 0.0% 0.0% 0.0%
水口優也(0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%
小牧太 (0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%
酒井学 (0-0-0-0) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(8-7-7-40)12.9% 24.2% 35.5%
ゼンノロブロイ  (4-2-1-26)12.1% 18.2% 21.2%
ジャングルポケット(3-5-1-26) 8.6% 22.9% 25.7%
ハーツクライ   (3-2-2-24) 9.7% 16.1% 22.6%
キングカメハメハ (2-4-2-39) 4.3% 12.8% 17.0%

ブライアンズタイム(2-2-1-6) 18.2% 36.4% 45.5%
スペシャルウィーク(2-1-3-25) 6.5% 9.7% 19.4%
ゴールドアリュール(1-0-2-8) 9.1% 9.1% 27.3%
キングヘイロー  (1-0-0-9) 10.0% 10.0% 10.0%
タニノギムレット (0-2-1-19) 0.0% 9.1% 13.6%

ゴールドヘイロー (0-0-0-2) 0.0% 0.0% 0.0%

力のいる洋芝もこなせる ラキシス

inyofu 阪神競馬場で行われた大阪杯ではキズナを破っていますし、有馬記念でも僅差の6着と牡馬相手でも十分通用する地力を持っています。 宝塚記念ではスローペースに泣いた形となりましたが、それなりに前で競馬できる先行力もありますし、力のいる洋芝もこなせる公算が高いと見ます。 スタートを決め、好位のポジションを確保して追い比べに持ち込めば強豪牡馬を打ち負かすシーンは十分あり得ますし、注目していきたい馬ですね!
昨年のエリザベス女王杯を制したGIホース。前走の宝塚記念は、スタートで後手を踏んだうえに、スローペースで前の馬に向く流れになり、最後の追い上げ届かず8着。それでも、一線級の牡馬を相手に勝ち馬のラブリーデイから0秒4差で走っており、決して悲観する内容ではない。今回、きっちりと巻き返したいところだ。

連対は必至条件 トーホウジャッカル

inyofu 昨年の菊花賞馬。今年は宝塚記念に挑戦し4着に敗れる。メンバーの中ではスタミナ、スピード、勝負根性、どれも上位に位置する馬だろう。秋のGⅠ戦線へ向けての第一歩といった感じだろうけど、このメンバー相手に良い勝負ができなければ話にならないだろう。連対は必至条件。
今年の初戦に予定していた阪神大賞典の最終追い切りで右前脚の蹄を痛め、戦列復帰が遅れることになった。前走の宝塚記念は、菊花賞以来約8か月ぶりの実戦だったが、中団追走から最後の直線でしぶとく末脚を伸ばして勝ち馬のラブリーデイから0秒3差の4着まで追い上げ、あらためて能力の高さを示した。

人馬共に無視できない ダービーフィズ

inyofu 夏は重賞を5勝あげ、現在絶好調の岩田騎手が手綱を握る。前走も函館記念を見事に制覇し重賞初勝利を達成した。今勢いのある馬と勢いのある騎手なだけに無視できない存在。調教では元気よく走っているのでデキがそのままなら期待したい。
前走の函館記念を制したダービーフィズ。今回は相手が強化されるが、重賞連勝記録を今なお続けている岩田騎手&ここで好結果を残せばサマー2000のチャンピオンの座がグッと近づくだけに、その走りに注目したい。

チャンスとなる一戦 ディサイファ

inyofu とくに目立つような成績の持ち主ではないが、GⅡ以下の重賞では掲示板を外していない。GⅠを除けば大きく負けることは少ないので、ここでも十分馬券圏内は狙える。函館で2勝しているし、馬場が渋っても好走するので洋芝は合うだろう。この馬にとってはチャンスとなる一戦。
3か月の休み明けで迎えた前走のエプソムCは、レースの前半の落ち着いた流れで、前々でレースを進めた上位2頭とは位置取りの差が出た印象。それでも、クビ+クビ差の3着なら負けてなお強しと言っていいだろう。年齢を重ねるごとに着実に地力をつけ、今回、父ディープインパクト譲りの瞬発力を発揮できれば、上位争いに加わってくるはずだ。

小回り&洋芝が合う ステラウインド

inyofu ゼンノロブロイ産駒らしく、コーナー4つのコースが得意な馬です。 前走の七夕賞は厳しい位置から外外を回っての2着という強い内容でした。 この馬は小回り&洋芝が合うと思います。今回のメンバーの中では怖い1頭です。
七夕賞では、勝負どころで馬場の外めを回る距離ロスがありながらも、勝ち馬のグランデッツァから0秒2差の2着まで追い上げる内容の濃い競馬を披露。目下の好調を生かすことができれば、強敵が相手になる今回も、上位進出が可能だろう。

どの競馬場でも馬券になる馬 ラストインパクト

inyofu このウマは東京や新潟でも走るし、阪神や中京の坂もこなし、小倉の小回りもこなすように、ディープインパクト産駒ながら、実はたいへん器用なウマに見えます。どの競馬場でも馬券になる馬(=強くて器用な馬)で札幌の洋芝小回りでも、体調面に問題がなければ大丈夫でしょう。能力開花は目を見張るものがあり、GⅡでは安心して狙えるはずです。近走うしろからの競馬が続いていますが、メンバー構成からも、ぼくは軸をラストインパクトと決めています。
前走の天皇賞(春)では、長距離を意識して、道中は後方で折り合いに専念。勝負どころで内をうまく突いて進出し、最後の直線ではメンバー中最速となる上がり3ハロン34秒4の末脚を発揮して、勝ち馬のゴールドシップから0秒2差の4着に健闘した。今回は約3か月半ぶりの実戦になるが、追い切りで好調時と遜色のないシャープな動きを披露しており、出走態勢は整っていそうだ。

みんなの予想は


うまキュレ班の軸馬は、ラキシス。牝馬、5歳馬の2番人気以内、単勝3.9倍以内、宝塚記念組これらの好走データが集まっていたら軸にせざるを得ない。対抗はトーホウジャッカル。前走の宝塚記念は調子が上がっていない状態での出走で4着と好走。メンバー手薄になるここは馬券圏内と見た。
印は
◎ラキシス
○トーホウジャッカル
▲ディサイファ
△ダービーフィズ
×ステラウインド
☆ラストインパクト、ハギノハイブリット、トウケイヘイロー

馬券は◎→○▲の馬連と◎一頭軸の3連複を印の馬へ

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line