TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】8月23日(日)新潟7R・札幌8R・札幌記念予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】8月23日(日)新潟7R・札幌8R・札幌記念予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

本日の予想レース、札幌12R『桑園特別』は◎ミツバが1着になるも2着ファインドヌーヴを買い目に入れておらず、惜しくも不的中に。
勝ったミツバは、前走から前目で競馬が出来るようになったことが最大の勝因でしょう。
1番人気のモンドアルジェンテがここでも出遅れ、そのまま中団で終わってしまったレース振りとは対照的な結果でした。

それにしても今日のルメール騎手は凄かったですね。札幌ダートで4戦3勝という好成績。
なにやら今日の馬場の勝ち方を完全に掴んでいるようなレース振りでした。
明日のダートの乗り鞍2R、3Rでも要注目ですね。

いっぽう、函館9R『3歳500万下 』のほうは◎サトノセレリティが3着に敗れ、不的中という結果に。。
こちらは、同条件の前走で本命に推した▲ヘルツフロイントが巻き返しての1着。
もともと1000万下でも好走していた馬だけに実績は十分だったのですが、どうにも前回の負け方が気になり評価を下げてしまいました。。
こちらも勝ったのはルメール騎手。鞍上の好騎乗も大きかったように思います。
3着に敗れたサトノセレリティは、早め先頭から押し切る競馬は前回と同じ。
ただ、今回は手応えの良かったヘルツフロイントに目標にされた分、展開的に厳しかったと思います。


さて。
明日の予想に行く前に、札幌メインの札幌記念(GII)のについて少しだけ。
芝のレースなので基本的に興味は薄いのですが、有力馬の一頭トーホウジャッカルに騎乗する酒井学騎手に興味があり、データを取ってみました。
個人的にはニホンピロアワーズのイメージが強いのですが、果たしてダートの方が得意な騎手なのでしょうか?

-----------------------------
☆酒井学騎手ピンポイントデータ室(※対象は過去5年)☆

まずは、人気馬に乗った時の成績から

・1~3番人気馬に騎乗時の成績
 (66-76-36-159/337、連対率42%)

・1~3番人気馬に騎乗時の芝成績
 (32-38-19-92/181、連対率39%)

・1~3番人気馬に騎乗時のダート成績
 (34-38-17-67/156、連対率46%)

若干、ダートの方が成績が良いが、特に可も不可もない印象。

次に、重賞で人気馬に乗った時の成績

・1~3番人気馬に騎乗時の重賞成績
 (6-4-3-5/18、連対率56%)

・1~3番人気馬に騎乗時の芝重賞成績
 (4-2-2-4/12、連対率50%)

・1~3番人気馬に騎乗時のダート重賞成績
 (2-2-1-1/6、連対率67%)

こちらも数字的にはマズマズ。しかし、重賞の方が連対率が上がっている点には注目したい。
意外にも?データからはプレッシャーには強そうだ。

最後に、北海道芝2000mに騎乗時の成績

・函館、札幌芝2000mコース騎乗時(人気は関係なし)
 (0-0-0-3/3、連対率0%)
-----------------------------

以上がデータになります。
このデータを、ぜひ皆さまの最終ジャッジにお役立てくださいませ。

それでは通常の予想に参りましょう。
明日日曜日のターゲットは、ダート1800mで行われる新潟7R『3歳上500万円以下』。
メインレースにNST賞がありますが、こちらは先週の予想が好調だった8号さんにお任せするとして、、
私6号の方ではメインより前のレースで、皆さまの軍資金調達に貢献したいと思います。

では、恒例となった簡単なコースの説明から。
新潟競馬場のダートコースは、芝内周りの内側に設置されたコース。
1800mのスタート地点は直線の入り口付近となり、ここからコーナーを4回まわるコース形態。1コーナーまでは約390mの距離があり、先行したい馬が多い場合は最初の3ハロンが比較的早くなるケースも。
ただし、最初のコーナーリングまでには先団の序列が決まるため、第1コーナーを回るころにはペースが落ち着き、以降は比較的平穏な流れになることが多い。
そのため、全体的に平坦であるコース特徴と相まって、先行した馬が残りやすい傾向にある。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★新潟ダート1800m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ミスプロ系キングカメハメハ(27勝)
・勝率 :シアトルスルー系シニスターミニスター(約35%)、勝ち数は10位
・連対率:シアトルスルー系シニスターミニスター(約52%)
・単回収:シアトルスルー系シニスターミニスター(回収値156)
・複回収:シアトルスルー系シニスターミニスター(回収値267)

東京ダート1600mのエンパイアメーカーの如く、ここではシニスターミニスター産駒が荒稼ぎしている。
一応、目安として各項目の2位の成績も挙げておきます。
・勝ち数2位 シンボリクリスエス(25勝)、・勝率2位 キングカメハメハ(13%)、・連対率2位 ゼンノロブロイ(20%)
・回収値単2位 ブライアンズタイム(138)、・複2位 ゼンノロブロイ(101)


★☆日曜新潟7R・『3歳上500万円以下』の予想☆★

※今回は特別競走ではないので、過去のレースデータの紹介はありません

このレースで中心になるのは降級4歳馬◎エルズミーア。
ダートレースはこれまで6戦して(2-1-1-2/6)という成績。着外2回も共に4着で、まだ底を見せていない魅力がある。
1000万下でも2、4、3着と全く崩れておらず、500万下なら格の違いを見せつける可能性が高い。
特に4走前に0.2秒差と接戦したロワジャルダンは、7月にオープン入りを決めており、いずれは重賞を勝てそうな強豪だった。

降級初戦の前走は、2100mのあとのマイル戦。テンに急かせた分、道中はハミを噛んで掛かり気味になってしまった。
一度マイル戦を使われたことで、今回は行きっぷりも良くなるはず。
このコースで未勝利戦を圧勝した実績もあり、メンバー的にもここはアッサリと通過する可能性は高い。

フジキセキ産駒のコース成績は、(13-5-8-93/119、勝ち数7位、連対率15%)と良好。
同馬を管理する萩原調教師は、このコース(7-5-2-22/36、連対率33%)と好成績を残しており、ここは狙い澄ました一戦だろう。

★激走馬★
 久しぶりの激走馬に推したいのが★モルダバイト。
 シニスターミニスター産駒は、このコース(8-4-1-10/23、連対率52%)と大得意。回収値も単156、複267とかなり期待できる。
 モルダバイトもこのコース(1-2-1-3/7)という成績で、過去に2着以内に入ったのが全て左回りという典型的なサウスポー。
 強力な同型がいない今回は、まさに“チャンス到来”。マイペースでレースの主導権を取れれば、残り目も十分にあるだろう。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。
特に昨日の記事で紹介したマンハッタンカフェ産駒・チュウワアピールには是非注目したい。

☆新潟7R・結論☆
 ◎⑨エルズミーア
 ★⑫モルダバイト
 △①サリレモンド
 △⑤チュウワアピール
 △⑥マイネルネッツ
 △⑭アースコネクター
 △⑮アオイオンリーワン

馬券の本線は馬単と★の単複
 馬単⑨ ⇔ ⑫①⑤⑥⑭⑮へ
 単勝⑫
 複勝⑫
少額で1頭軸の3連単マルチ
 ⑨ ⇔ ⑫①⑤⑥⑭⑮へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の新潟ダート1800mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の日曜札幌8R『3歳以上500万下』の予想☆★

おまけは、札幌ダート1700mで行われる『3歳以上500万下』をピックアップ。

このレースは、意欲の連闘で臨んできた◎シーリーヴェールが中心。
先週のレースでも“3連単の軸馬”として推奨したように、現級で5着以下が1度もない堅実派。
連闘も3、4走前にすでに経験済みで、心配する必要はない。
目立った強敵のいない今回は、約1年ぶりの勝利をモノにする最大のチャンスだろう。

いっぽうの2番手争いは混戦模様。どれくらいつくかは判らないが、不安な人は◎の単勝がお薦め。

相手候補は、成績およびこのコースと相性の良い種牡馬、騎手のデータを基にピックアップした。

☆札幌8R・結論☆
 ◎⑬シーリーヴェール
 ○⑫ビックマウンテン
 ▲⑨ストロングバルドル
 △②メイショウゲントク
 △③ギブアンドテイク
 △⑥ウインオリファン
 △⑧ミッキーデータ

馬券の本線は馬単
 ⑬ ⇔ ⑫⑨②③⑥⑧へ

少額で3連単フォーメーション(30点)

 1着⑬
 2着⑫⑨②③⑥⑧
 3着⑫⑨②③⑥⑧

以上、6号でした。

いよいよ感動の最終回!?明日の結果に夏セリがかかっているぞ!
夏競りまでに資金10倍を目指せ! 2歳単勝勝負プロジェクト! 【8月23日版】


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line