TOP > 競走馬 > 【2015年新潟2歳S】衝撃の末脚で新馬を圧勝!怪物伝説の始まりか!?ロードクエスト
競走馬

【2015年新潟2歳S】衝撃の末脚で新馬を圧勝!怪物伝説の始まりか!?ロードクエスト

新馬戦で衝撃の走りを見せたロードクエストが新潟2歳Sに出走する。セリでの購買価格は626万円、募集価格は1080万円と決して高くないが、新馬戦にまたがったMデムーロ騎手は素質の高さに注目していた。そして、マツリダを冠名に持つ2頭による配合にも活躍のポイントが隠されていた。そんなロードクエストについてまとめてみた。
馬キュレ

ロードクエストの血統!ゴッホ×ワルツのマツリダ血統!

父マツリダゴッホは2007年有馬記念の覇者で、アルマワイオリやウインマーレライを輩出している。一方、母マツリダワルツはチーフベアハートを父に持ち、岩手競馬で活躍した。全レース南郷家全騎手が手綱を取ってきたことでも知られている。
inyofu 近親に重賞勝ち馬がおりませんので、この募集価格、人気もうなずけます。ただし、4代母のクレアーブリッジからは、サクラクレアー(父ノーザンテースト)を通じて活躍馬が多数出ており、全妹のダイナクレアーも、ポテンシャルを秘めた繁殖牝馬だったのかもしれません。
inyofu 私が注目したのは、母系よりもその配合です。栗山求氏、望田潤氏監修の「パーフェクト種牡馬辞典2015-2016」によると、マツリダゴッホはボールドルーラーのクロスが鉄板。ウインマーレライ、アルマワイオリ、クールホタルビらのゴッホ代表産駒が、母からもボールドルーラーの血を引いています。ロードクエストにもしっかりボールドルーラーのクロスが発生していますね。
inyofu そして、私が勝手に提唱している「ゴッホ産駒はDangiz持ち牝馬がいいんじゃない?」説。しっかりとDangizの血が入っておりますよ。チーフベアハートはボールドルーラーとDanzigを両方持っていますので、個人的には要注目の配合になりました。(他には、ピルサドスキー、忘れてましたがロックオブジブラルタルも両方持ちです)

【新馬】低評価をあざ笑う衝撃の末脚で完勝!

鞍上にMデムーロ騎手を迎えながらも単勝6番人気(21.2倍)という低評価であった。道中は後方でじっくり脚を溜め、直線で末脚が炸裂。一度もステッキを使うことなく完勝。上がり3ハロン33.2という驚異的な時計を出した。
inyofu 1着 ロードクエスト(M・デムーロ騎手) 「追い切りの動きがすごく良く、期待していましたし、スタートが良くないことも聞いていました。手応えはすごかったですし、強かったですね。まだ2歳馬ですし、距離はこれくらいがいいと思いますが、もう少し長くても大丈夫です」
inyofu (小島茂之調教師) 「ゲートは良くないので、今日は思っていたよりもいいスタートでした。調教で色々なことをやってきましたし、直線に入り、人気馬の後ろにつけたところで勝てると思いました。いい意味で予定通りに走ってくれました。この後は間隔を空けて、馬の様子を見て、オーナーと相談して、新潟か札幌(2歳S)へ向かいたいと思います」

【新潟2歳S】直前情報!時計は平凡も動きは上々!

inyofu ロードクエストの1週前追い切りは南ウッド3頭併せで内から4ハロン55・3―40・3―12・9秒。数字自体は地味だが、丹念に乗り込まれて脚さばきはスムーズかつシャープだ。
inyofu 小島茂調教師「初戦はイメージ以上のいい勝ち方をしてくれた。1週前は一気に前を抜き去らず、徐々にギアを上げる調教。来春が楽しみになる内容を残してもらいたいね」

東京の新馬戦から間隔が空いてのレースとなるが、仕上がりは良好。また切れ味鋭い末脚は、直線が長く平坦な新潟外回りでさらに勢いを増すだろう。GⅠという宝物を目指す彼の冒険は始まったばかりだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line