TOP > 競走馬 > 「トウショウドラフタ」距離は大丈夫!背中の感触よし!【2016年中京記念】
競走馬

「トウショウドラフタ」距離は大丈夫!背中の感触よし!【2016年中京記念】

ファルコンSでは雨水をたっぷりと含んだ不良馬場の中、外から突き抜けて重賞初制覇を飾ったトウショウドラフタ。田辺騎手とコンビを組んでからは、馬場を問わずに3連勝を飾っていて相性抜群。これまでの4勝は全て1400mで挙げている。前走のNHKマイルCでは5着に食い込んだが、これが実力では無いところを見せたい、そんなトウショウドラフタについてまとめてみた。
トウショウドラフタ

【クロッカスS】内から差しきり2連勝!

ややスタートで出遅れてしまい後方からレースを進める。道中は内でロスなく立ち回り直線コースでも内に進路をとると前が空いてからは一気にかわしさり2連勝を決めた。
動画を見る
inyofu 1着 トウショウドラフタ(田辺騎手) 「久々の分、少し体は立派に見えましたが、レース前の雰囲気も良く、スペースがあればいつでも伸びる楽な手応えでした。今日は馬群の中で競馬をすることと、直線で外に出さずに競馬をする感じを試したかったが、クリア出来ました」
inyofu (萱野浩二調教師) 「折り合いもつきましたし、内で我慢も出来ました。強い勝ち方でした。次はファルコンSあたりを視野に行きたいと思います」

【ファルコンS】不良馬場をものともせず重賞初制覇!

雨水をたっぷりと含んだ不良馬場で行われたファルコンS。まずまずのスタートから控えて後方から脚を溜めてレースを進める。比較的馬場状態のいい外を回って直線コースを迎えると各馬が馬場に脚をとられる中、力強く伸びて重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 トウショウドラフタ(田辺騎手) 「今日の馬場は特殊なので、少しでも走りやすいところをと思って、誰も行かない大外を通りました。直線に向いた時、差し切れそうな手応えでしたが、今日は下に脚を取られていつもの弾ける脚が使えませんでした。それでも勝てましたし、NHKマイルCへいい感じで進めます」

【NHKマイルC】馬群を縫って追い込むも5着まで...

3連勝の勢いを買われてか、5番人気に推される。スタートからスッと後方のインでじっくりと脚を溜める。直線では何度も進路を変更する場面が見られ、なかなか追い出しのタイミングが無かったが、ラスト200mで追い出されると馬群を縫って追い込んだが5着が精一杯であった。
動画を見る
inyofu 5着 トウショウドラフタ(田辺騎手) 「ここまでムキになっていたのは初めてです。リラックスして走っていた馬が気負っていました」

【中京記念】追い切り情報 上々の感触!

inyofu トウショウドラフタは南ウッド4ハロンから単走。直線も馬なりで流すセーブ気味の内容(54・0―39・7―12・8秒)も「先週にやっているし、暑さもあるから」と萱野調教師。
inyofu 手綱を取った岩部(レースは田辺)も「先週はかかっていたが、向正面から出たので今日は折り合ったのが何より」と上々の感触を伝える。

引き続き実績のあまり無いマイル戦となるが、相手関係は前走より圧倒的に楽に思える。先月行われた函館SSを見ても、ソルヴェイグとシュウジの3歳馬同士のワンツーと3歳馬がレベルの高さを見せている。唯一の3歳馬の挑戦となったが、後方から鮮やかな差し切りで存在感を大いに示したいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line