TOP > 競走馬 > 【2015年新潟2歳S】小柄でも瞬発力あり!力強い根性娘ペルソナリテ
競走馬

【2015年新潟2歳S】小柄でも瞬発力あり!力強い根性娘ペルソナリテ

2015年6月6日(土)東京5R芝1400mを6番人気の伏兵ながら見事に差し切り、東の新馬勝利1番乗りを果たしたペルソナリテ。続く新潟芝1400mのダリア賞も制してデビューから2連勝を飾った。馬体重が2戦ともに400キロと小柄ながらもかなりの根性の持ち主。テンがあまりはやくなく、前走のラストもぐんぐんと伸びをみせていたことから200mの距離延長はプラスに働くはず。そんなペルソナリテについてまとめてみた。
馬キュレ

ペルソナリテのプロフィール!

父:ステイゴールド
母:マイネアルデュール
性別:牝馬
毛色:鹿毛
誕生日:3月14日
厩舎:美浦・相沢郁厩舎
生産牧場:ビッグレッドファーム
馬主:㈱サラブレッドクラブ・ラフィアン氏
馬名:個性(仏)

【新馬戦】東の新馬勝ち1番乗り!

まずまずのスタートをきるも後方からの展開。内枠を生かして内々をロスなく回ると直線コースでも内を選択。馬群を捌いて先頭に立つと追い込んできたダイワダッチェスをハナ差抑えて東の新馬戦での最初の勝利を手にした。
inyofu 1着 ペルソナリテ(丹内祐次騎手) 「スタートで寄られて後ろからになりましたので、ロスなく運ぼうと思いました。小さい馬ですが、底力があります。追ってからギュンと伸びました」

【ダリア賞】馬群を割る根性を見せ、無傷の2連勝!

まずまずのスタートをきるも中団後方からの展開。直線コースに入ると、外から被せられて進路が狭くなるも、その間を割る根性を見せ、そこからまたひと伸び。またしてもハナ差の接戦を制して無傷の2連勝を飾った。
inyofu 1着 ペルソナリテ(柴田大知騎手) 「力があります。瞬発力もあります。出していくと引っかかりそうだったので、ジッとしていました。追い出してからはフットワークが大きく、弾けました。いいものを持っています」
inyofu (相沢郁調教師) 「いい競馬をすると思っていました。普通ならあそこでひるむものですが、根性があります。柔らかく、バネがあってウメノファイバーに似ています。ステイゴールド産駒なので、距離が延びても大丈夫だと思います」

【新潟2歳S】オークス馬ウメノファイバーに似た雰囲気と絶賛!初の重賞でも期待がかかる

inyofu  新馬-ダリア賞とデビュー2連勝を飾った素質馬だ。「小柄でもいいバネをしている。ウメノファイバーに似た雰囲気がありますよ」と99年オークス馬を引き合いに出して、高い評価を与えていた。(小林正明)
inyofu 相沢師も「これだけ時計が出るのは具合のいい証拠。小柄なりにカイバを食べてくれるのは強み」と2戦連続で400キロジャストの愛馬に目を細めた。柴田大は「前走でも前がカットされたのに伸びた。外回り1600メートルの方がいいと思うし、楽しみ」と気合を入れた。
inyofu ペルソナリテ(牝2、美浦・相沢郁厩舎)は新馬戦、ダリア賞を連勝。2戦共に着差は少なかったが、ステイゴールド産駒らしい勝負強さを見せる。特にダリア賞は直線で何度も他馬と体をぶつけながらも間を割って鋭く伸びるという強い内容だった。素質馬が揃ったここでも勝ち負けが期待される。

400キロと小柄な馬体ながらも、狭いところに突っ込み、そこから伸びるようにかなりの根性の持ち主。過去2戦はいずれも1400mだが、父がステイゴールドということもあり1600mへの距離延長は問題なし。連勝の勢いに乗って重賞での好走に期待がかかる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line