TOP > 競走馬 > 【2015年新潟2歳S】能力はある!ゲートの練習もした!当日は落ち着いて ファド
競走馬

【2015年新潟2歳S】能力はある!ゲートの練習もした!当日は落ち着いて ファド

新馬戦の危なげない勝利から2戦目のダリア賞では1番人気に支持されるも、競り合いに負け期待を裏切る形となってしまったファド。今回適距離に戻ったこの舞台で巻き返しなるか。この馬についてまとめてみた。
馬キュレ

ファドの血統!

母イルネージュは中央競馬で1勝、姉ミッキーレモン、レイヌドネージュは共に中央競馬で3勝している。

【新馬戦】絶好のスタートから大人の走り!

絶好のスタートから2,3番手をキープ。最終コーナーを周り、直線で残り400mで先頭に立つ。一瞬ウインファビラスに並ばれるも、持ち前の勝負根性で突き放す。最後はビービーバーレルに追い詰められるもそのまま押し切った。
inyofu 1着 ファド(吉田豊騎手) 「稽古のときから気のよさを出していました。行かないでほしいという指示はありましたが、外枠だったこともあって行きました。それでも新馬なので番手でなだめました。折り合い面がさらによくなればいいですね」

【ダリア賞】1400mの早い流れに乗れず、僅差の4着...

新馬戦とは違いやや立ち遅れたスタートになる。距離短縮もあってか前目の位置は取れなかったが、コーナーで徐々にポジションを上げていく。最終コーナーで外に膨れてしまうが、そこからの一瞬の脚を見せた。しかし最後は競り合いに負け4着と1番人気を裏切る形となった。
inyofu 4着 ファド(M.デムーロ騎手) 「右にモタれていました。まだ若いところがあります」

【新潟2歳S】1週前追い切り!今回はチャレンジャーとして立ち向かう!

inyofu ファドは新コンビ・津村を背に南ポリトラックで併せてクビ先着。引き続き馬体の張りは良く、反応も上々。力は出せる状態だ(4ハロン52・5―37・7―11・9秒)。
inyofu 【矢野英一調教師のコメント】 「前走は、気難しいところが出てしまって外々を回る形になりましたし、ジョッキーも修正し通しでしたからね。まだキャリアも浅いし、仕方ないところはあります。力負けではありませんし、スムーズに2、3番手につければ違うはずです。今回は挑戦者の立場で、また頑張りたいです。経験を積みながら良くなっていけば、と思っています」

前走は1400mに距離短縮、そして精神的に甘い面を見せてしまい惜敗してしまったが、これがこの馬の実力とは思えない。今回は1600mの適距離に戻るが、新馬戦と同様に好スタートを決めて2,3番手をキープ出来れば後続を完封するに違いない。ファドの巻き返しに期待だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line