TOP > 競走馬 > 「オメガヴェンデッタ」シャープな脚さばき!確実な末脚【キーンランドC】
競走馬

「オメガヴェンデッタ」シャープな脚さばき!確実な末脚【キーンランドC】

再オープン入りしてから重賞で善戦を繰り返し、阪急杯ではミッキーアイルの2着など着々と力を付けているオメガヴェンデッタ。母ビハインドザマスクは2000年のセントウルSはじめ1200m戦で6勝した快速牝馬であり、5歳時には夏に1200mで3連勝しており、その血を受け継がれているのであろう。夏の終わりに初重賞制覇を狙うオメガヴェンデッタについてまとめてみた。
オメガヴェンデッタ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015年函館日刊スポーツ杯】力の違いを見せつけオープンに返り咲き!

降級により再び準オープンからのスタートとなった本馬。初のスプリント戦となったが1番人気に支持された。小回りの函館コースを考慮してか、前走と同じく積極的に先行策をとると、直線で鞍上のアクションに応えて抜け出し、危なげない勝ち方を披露しオープンに返り咲いた。
動画を見る
inyofu オメガヴェンデッタ(安田翔伍調教助手) 「枠も良かったですし、降級戦、しっかり力を示してくれました。抜け出すのが早かったですが、来られるとまた頑張る馬ですし、息の入りも前走時より良く、負担も軽かったですね。内容も満足出来るものでした。次走は状態を見て、オーナーと相談して決めることになります」

【阪急杯】GI馬を最後まで追い詰める!

5回目の重賞挑戦となった阪急杯。スタートを決め好位の外、6番手あたりを進む。コーナーでじわっとポジションを上げていき、直線に向かう。先頭との差を詰めようとするが、ミッキーアイルが粘る。最後は3/4馬身差まで詰め寄ったが2着。
動画を見る
inyofu 2着 オメガヴェンデッタ(武豊騎手) 「いいレースはできました。非常に乗りやすい馬です。最後もしぶとく伸びてくれました。勝った馬は強かったです。それでも、この馬も重賞に手が届きそうです」

【UHB賞】1番人気に支持されるも...

函館スプリントS同様に1番人気に支持される。スタートからジリジリと脚を使い、中団の外からレースを進める。3,4コーナーでも前との差はなかなか詰まらないまま直線へ。外から鋭く追い込んできたが、3着争いに加わるのが精一杯であった。
動画を見る
inyofu 4着 オメガヴェンデッタ(C・ルメール騎手) 「頑張ってくれています。忙しかったです。外から動くのは厳しいですね」

【キーンランドC直前情報】札幌にて最終追い切り予定!

inyofu 札幌競馬場の芝コースで5Fからオウケンビリーヴを2馬身先導。残り3Fで僚馬が内から馬体を合わせてきたが、絶好の手応えを残したまま、馬なりで併入した。水曜に函館から移動してきたばかりだけにタイムは控えめだったが、約2カ月ぶりだった前走時より脚さばきはシャープさを増している。

札幌芝1200mに実績を持つ安田隆行調教師!

過去3年、安田隆行調教師の所属馬の札幌芝1200mの成績は(4,1,3,14)と6勝を挙げる須貝調教師に次ぐ2位の勝利数である。複勝率も36.4%と3回に1回は馬券に絡んでおり、軽視はできない。

函館の2戦はともに1番人気に支持されたがどちらも結果を出すことは出来なかった。しかし、今回は有力各馬とも斤量差が縮まり、主な逃げ馬不在のため勝負所でも前との差が離れることなくレースを進められるのは好材料。夏の終わりを迎え、これまでの負けをその名に込められた「ヴェンデッタ(報復)」でお返ししたいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line