TOP > 競走馬 > 【2015年新潟2歳S】加速もフットワークもいい!気持ちにも余裕!ヒプノティスト
競走馬

【2015年新潟2歳S】加速もフットワークもいい!気持ちにも余裕!ヒプノティスト

3年前から6月の東京開催から新馬戦の番組が組まれるようになり、早い時期から高い素質を持った馬が集まっているが、ヒプノティストも6月の新馬戦を制した1頭である。レースでは中団で折り合って差し切ったように、レースセンスが高いこの馬には連勝での重賞制覇に期待が集まる。そんなヒプノティストについてまとめてみた。
馬キュレ

ヒプノティスのプロフィール!

父:クロフネ
母:ハッピーディレンマ
性別:牡馬
毛色:栗毛
誕生日:2月15日
厩舎:美浦・奥村武厩舎
生産者:日高大洋牧場
馬主:金子真人ホールディングス㈱

【新馬戦】中団追走から差し切り勝ち!

東京芝1800mで1番人気を背負ってデビュー戦に臨む。レースは中団からの展開。馬群の中でレースを進めて直線コースへ。前が開くと徐々に加速し、上り33,7の脚を使い難なく差し切った。
inyofu 1着 ヒプノティスト(奥村武調教師) 「調教の通りに走ってくれました。ホッとしています。常に冷静に落ち着いて、いろんなことが出来るのがこの馬のいいところです。今後は馬の様子を見て決めます」

【新潟2歳S】越後の地からクラシック路線へ!

inyofu  6月、東京のデビュー戦では中団でしっかりと折り合い、直線で騎手のゴーサインに鋭く反応。上がり3F33秒7の末脚で差し切った。奥村武師は「落ち着きがあって冷静なところがこの馬の持ち味。実戦でもケイコ通りに走ってくれました」と笑顔を見せる。2着タニセンビクトリーが次走の未勝利戦を3馬身差で圧勝したことでヒプノの評価はさらに高まった。  
inyofu 前走後はこのレースに照準を定め、順調に調整を続けている。19日の美浦Wでは柴田善を背にカシマシンセイ(6歳障害オープン)を5馬身追走し、5F67秒7-37秒8-12秒4を計時。馬なりで1馬身先着を決め「余裕のある動きはさすがですね。騎手も褒めていました」と指揮官がうなずくと、鞍上は「加速もフットワークもいい。ここまでいい感じにきているよ」と表情は明るかった。

奥村厩舎6度目の挑戦で重賞制覇なるか?

inyofu 奥村武調教師は「常に落ち着いて冷静でいるのがいいところ。2歳の重賞だけでなく、さらに上のステップを目指せる馬だと思っている」と素質を高く評価している。
 
前走後は早くからここを目標にじっくりと調整。19日の1週前追い切りは柴田善騎手を背に美浦Wコースで5ハロン68秒0、3ハロン37秒8-12秒8をマークし、古馬相手に1馬身先着した。

 「経験豊富な馬を相手に余裕のある動きを見せてくれて、さすが。ジョッキーも高評価してくれた」と奥村武師。ジョッキーは「加速力があってフットワークがいい。気持ちが落ち着いて余裕が出てきた」と成長を感じ取っている。

 昨年3月に開業した奥村武厩舎にとっては6度目の挑戦で重賞初制覇の絶好機でもある。新進気鋭のトレーナーが送り出す大器ヒプノティストが、出世レースを制してクラシック路線に乗る。

馬なりで楽々併入!

inyofu  「内を回ったので時計は速くなったが、テンションが上がっていないのがいい。熱くなるところがないし、操作性の良さは相変わらず。気持ちに余裕があるのが強み」と、奥村武調教師は扱いやすさをアピールする。

 「父がクロフネなのでマイルまでかなとは思う。ただ、心肺機能は高いし、どこかで重賞は勝てる。そういうレベルの馬」。国枝厩舎の助手時代に多くの素質馬に携わってきたトレーナーだけに、決してリップサービスだけではなさそうだ。

昨年新潟2歳Sを制した柴田善臣騎手も絶賛!

inyofu ヒプノティストは開業2年目となる奥村武厩舎の重賞初Vを懸けて出走する。6月の東京新馬戦では最速の上がり(ラスト3F33秒7)で後方から突き抜けた逸材。同師は「クロフネ産駒らしいコロッとした体形だが、あの切れ味はアグネスタキオン(母の父)譲り。夏負けもしなかったし、身体能力は飛び抜けている」と絶賛する。

 昨年、ミュゼスルタンで制した柴田善も「乗り味がいいし、かなりの素質を持っている」と連覇に手応えをつかんでいた。
inyofu 《美浦》東京芝1800メートルの新馬戦を快勝したヒプノティスト(奥村武、牡)は、柴田善騎手を背にWコースで併せ馬。5ハロン68秒0、3ハロン37秒8-12秒8をマークしてカシマシンセイ(500万下)に1馬身先着した。ジョッキーは「背中の感じやフットワークがいい。いい感じできているし、気持ちが落ち着いて余裕が出てきた」と好感触。

昨年のこのレースをミュゼスルタンで制した柴田善臣騎手を背に6月の新馬戦を勝ち上がり、新潟2歳Sに臨むヒプノティスト。昨年の3月に開業したばかりの奥村厩舎にとって6度目の重賞挑戦となる。中団で折り合って直線でキレる足を使えることから新潟替わりも問題ないだろう。今回も鋭い脚がみられることに期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line