TOP > エンタメ・雑学 > 今週末開催のビッグイベント! ワールドオールスタージョッキーズ
エンタメ・雑学

今週末開催のビッグイベント! ワールドオールスタージョッキーズ

8月29日(土)・30日(日)に札幌競馬場で行われる2015ワールドオールスタージョッキーズ! 
昨年まで秋季に行われていたワールドスーパージョッキーズシリーズを名称変更し、夏に行われるようになった競馬界のビッグイベントを大特集!
馬キュレ

【ワールドオールスタージョッキーズ】とは!?

inyofu これまで秋に行っていたワールドスーパージョッキーズシリーズを、「ワールドオールスタージョッキーズ【WORLD ALL-STAR JOCKEYS(WASJ)】」として開催いたします。
inyofu 個人戦に加え、出場騎手を「外国騎手・地方競馬代表騎手チーム(WAS選抜)」と「JRA代表騎手チーム(JRA選抜)」に分け、チームの合計得点を競う対抗戦を行います。 ジョッキーによる競演に、ご注目ください!
【ワールドオールスタージョッキーズ】では、4競走のポイント制で行われ、各競走ごとに着順に応じたポイントを与えられる。
例えば
1着20点
2着15点
3着13点 ・・・
となっており、出走馬不足・出走取消・競走除外等、騎手本人の責によらず騎乗できなかった場合は、5点を付与される。

2015年【ワールドオールスタージョッキーズ】出場騎手は!?

inyofu 【関東所属】
2014年度JRA賞の騎手部門「MVJ」受賞者、勝利度数[関東1位] 
・戸崎圭太騎手(35、美浦・田島)
勝利度数[関東2位]
・蛯名正義騎手(46、美浦・フリー)
勝利度数[関東3位]
・柴山雄一騎手(37、美浦・フリー)
(補欠)
勝利度数[関東4位]
・北村宏司騎手(35、美浦・フリー)
inyofu 【関西所属】
2015年日本ダービー優勝騎手
・ミルコ・デムーロ騎手(36、栗東・フリー)
勝利度数[関西1位]
・福永祐一騎手(38、栗東・フリー)
勝利度数[関西2位]
・岩田康誠騎手(41、栗東・フリー)
勝利度数[関西3位]
・武豊騎手(46、栗東・フリー)
(補欠)
勝利度数[関西4位]
・浜中俊騎手(26、栗東・フリー)
inyofu ○地方競馬代表騎手
2014年度ホッカイドウ競馬リーディングジョッキー
・岩橋勇二騎手(32、北海道・田中淳)
スーパージョッキーズトライアル2015優勝者
・藤田弘治騎手(35、金沢・黒木豊)
(補欠)
2014年度ホッカイドウ競馬リーディング第2位
・宮崎光行騎手(48、北海道・松本隆)
スーパージョッキーズトライアル2015第2位
・村上忍騎手(38、岩手・村上実)
inyofu ○海外招待騎手
通算12000勝超の世界最多勝ジョッキー
・ラッセル・ベイズ騎手(57、米)
凱旋門賞2連覇トレヴの主戦
・ティエリ・ジャルネ騎手(48、仏)
イギリス女性ジョッキーの第一人者
・ヘイリー・ターナー騎手(32、英)
日本でもおなじみ、豪州を代表する国際派
・クレイグ・ウィリアムズ騎手(38、豪)
香港シーズン最多勝利記録を更新した“マジックマン”
・ジョアン・モレイラ騎手(31、ブラジル)
【ワールドオールスタージョッキーズ】の出場騎手選定条件は所属により異なり、例えば外国騎手の場合は、アメリカ・ヨーロッパ・オセアニア・アジア地区から5名を選出する。
地方競馬代表騎手の場合は、地方競馬全国協会から代表騎手と補欠騎手各2名が推薦を受け、JRAが決定する。その時、代表騎手・補欠騎手とも1名は北海道所属騎手を推薦するなど、様々な選定ルールがある。

2015年【ワールドオールスタージョッキーズ】対象レースは!?

2015年【ワールドオールスタージョッキーズ】対象レースは 

8月29日(土)
第9レース 2015ワールドオールスタージョッキーズ第1戦
3歳以上500万円 以下2,600m(芝)
第11レース 2015ワールドオールスタージョッキーズ第2戦
3歳以上1,600万円以下 2,000m(芝)

8月30日(日)
第10レース 2015ワールドオールスタージョッキーズ第3戦
3歳以上1,000万円以下 1,200m(芝)
第12レース 2015ワールドオールスタージョッキーズ第4戦
3歳以上1,000万円以下 1,800m(芝)

である。
昨年までは、レース毎に【エクセレントジョッキーズトロフィー】や【ゴールデンブライドルトロフィー】といった競走名が付けられていたが、今年は特別な競走名は付けられていないようだ。

昨年の【ワールドスーパージョッキーズシリーズ】はどうだった!?

第2戦ファンタスティックジョッキーズトロフィー
第3戦マーヴェラスジョッキーズトロフィー
表彰式
昨年の【ワールドスーパージョッキーズシリーズ】では、
優勝 浜中 俊(栗東)
2位 福永 祐一(栗東)
3位 田辺 裕信(美浦)
   戸崎 圭太(美浦)
とJRA所属騎手が上位を独占した。

昨年までは秋季に東京競馬場や阪神競馬場で行われていた【ワールドスーパージョッキーズシリーズ】が今年から札幌競馬場で行われる。
昨年こそ上位を日本勢が独占したが、一昨年は外国騎手が上位を独占したりと、各代表が一進一退の熱いレースを繰り広げている。
今年で29回目を迎える競馬界のビッグイベントを見逃すなかれ!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line