TOP > 競走馬 > 【2015年新潟2歳S】仕掛けるといい感じに伸びる!プリンシパルスター
競走馬

【2015年新潟2歳S】仕掛けるといい感じに伸びる!プリンシパルスター

母に2000年のオークス馬を持つ良血馬プリンシパルスター。デビュー戦は1400m戦を使われたが、血統面から見て1600mへの距離延長は問題ないだろう。ここで結果を残して母が歩んだG1の舞台へ名乗りをあげるか。プリンシパルスターについてまとめてみた。
馬キュレ

GⅠ馬の母を持つプリンシパルスターのプロフィール!

父:ダイワメジャー
母:シルクプリマドンナ
性別:牡馬
毛色:青鹿毛
誕生日:3月4日
厩舎:栗東・矢作芳人厩舎
生産者:ノーザンファーム
馬主:㈱シルクレーシング

【新馬戦】着差以上に強い内容!

母がGⅠ馬シルクプリマドンナとあって2番人気に支持された。比較的いいスタートから控えて中団からの競馬。直線では先に抜け出したニシノジャーニーを目標に追い出されるとラスト50mあたりでとらえて先頭でゴールを駆け抜けた。
inyofu 1着 プリンシパルスター(戸崎圭太騎手) 「返し馬ではヤンチャな面を見せていましたが、実戦では素直で賢いレースができました。先頭に立ってからは遊んでいましたが、いい感じの馬です」

【新潟2歳S】順調にきている!前走は着差以上の内容!

inyofu 新馬戦を完勝した00年オークス馬シルクプリマドンナの息子プリンシパルスター(牡、矢作)は25日、強い風が吹く栗東坂路でキャンター調整された。「順調にきていますよ」と貝沢厩務員。新馬戦は抜け出してから遊ぶ面があり、着差(3/4馬身)以上に強い内容だった。

【新潟2歳S】追い切り後のコメント!さらに先の大きなレースへつながるような競馬を

inyofu 今朝は坂路で、半マイルの時計は遅かったのですが、新潟2歳Sはスローな流れからヨーイドンの競馬になることが多いですからね。前半2ハロンを我慢させて折り合いをつけて、最後の2ハロンで仕掛ける、最後の直線で弾けさせるイメージで、最後の直線で上がり勝負に対応できるような調教をしました。前走で乗ってくれた戸崎騎手も1600mは大丈夫、と太鼓判を頂きましたし、折り合い面も問題ありませんから、あとは2戦目でどれだけ上積みがあるかでしょうね。
inyofu (普段の性格は)落ち着いている馬ですね。扱いやすいですし、お兄さんのグランプリブラッドも少し激しいところのある馬でしたが、よく我慢できているなという印象です。新馬戦の時には返し馬で少しやんちゃな所を見せていましたが、レースへ行ってあれだけ落ち着いて競馬ができれば、今後が楽しみだなと思います。

 駐立にちょっと不安はありますが、スタートセンスがいいですから。やはり上がり勝負になるとある程度の位置にはつけて欲しいですし、その中で折り合いをつけて最後の直線に賭けてくれればと思っています。2戦目で上積みもあると思いますから、さらに先の大きなレースへつながるような競馬を見せてくれれば良いですね」

新潟の芝1400mでデビュー勝ちを収めたが、着差以上に強い内容だったプリンシパルスター。母がオークス馬シルクプリマドンナということもあって注目を集めているが、この馬の能力もかなりのもの。最近の出世レースでもある新潟2歳Sを制してクラシック路線に進んでもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line