TOP > 予想/馬券 > 函館スプリント組が中心!?【第10回キーンランドカップ】予想まとめ
予想/馬券

函館スプリント組が中心!?【第10回キーンランドカップ】予想まとめ

8月30日(日)札幌競馬場で行われるメーンレース【第10回キーンランドカップ】はサマースプリントシリーズ第4戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去9年の傾向(函館芝1200mで行われた2013年を含む)

inyofu 前走の着順を重視

過去9年の前走の着順別成績を調べると、連対馬延べ18頭中16頭が前走で5着以内に入っていた。なかでも前走「1着」馬は、3着内率42.9%と他を大きく引き離す断然の数値を叩き出している。しかも、前走「1着」馬は、2006年以降毎年3着以内に入っている点も見逃せない。前走を勝ち切った勢いを重視したほうが良さそうだ。
inyofu 4、5歳の牝馬に注目

過去9年の年齢別成績を調べると、「4歳」馬と「5歳」馬が勝率で10%を超え、3着内率でもその他の年齢の馬を大きく上回る数値をマークしている。「6歳」馬が2着に4頭入るなど、その他の年齢の馬からも3着以内馬は出ているが、好走率を見る限り苦戦傾向にあるようだ。

また、過去9年の性別成績を調べると、3着以内馬の数では「牡・せん馬」が延べ13頭、「牝馬」が14頭と数の上ではほぼ互角だが、好走率では、「牝馬」が大きくリードしている。ただし、単勝6番人気以下で連対した馬は過去9年で4頭いたが、その4頭は全て「牡馬」だった。「牝馬」を比較する際は、上位人気に支持されている馬を重視したい。
inyofu 同年の函館スプリントSでの着順に注目

過去5年の優勝馬5頭は、いずれも同年の函館スプリントSで4着以内に入っていた。函館競馬場は札幌競馬場と同じく洋芝のみを使用したコースだが、そこで行われたスプリント重賞で上位争いに加わっていた馬が出走してきたならば、今年も軽視できないだろう。
inyofu 前走10着以下は(0-1-2-38)、前走1秒以上負け
(0-1-2-33)と苦戦傾向です。
前走OP特別は6着以下で(0-0-1-22)。

また、前走10番人気以下も割り引き。

△前走10着以下
(0-1-2-38)
△前走OP特別で6着以下
(0-0-1-22)
△前走着差1秒以上負け
(0-1-2-33)
△前走10番人気以下
(0-1-2-31)

札幌芝1200m騎手&種牡馬別成績(2010年以降)

inyofu 横山典弘(7-2-6-28) 16.3% 20.9% 34.9%
三浦皇成(6-14-8-54) 7.3% 24.4% 34.1%
四位洋文(6-4-2-38) 12.0% 20.0% 24.0%
岩田康誠(6-2-1-9) 33.3% 44.4% 50.0%
福永祐一(5-4-4-16) 17.2% 31.0% 44.8%

柴山雄一(5-4-3-57) 7.2% 13.0% 17.4%
菱田裕二(1-4-1-21) 3.7% 18.5% 22.2%
松田大作(1-1-4-31) 2.7% 5.4% 16.2%
武豊  (1-0-1-3) 20.0% 20.0% 40.0%
蛯名正義(1-0-0-8) 11.1% 11.1% 11.1%

水口優也(0-0-0-5)  0.0% 0.0% 0.0%
国分優作(0-0-0-5)  0.0% 0.0% 0.0%
町田直希(0-0-0-0)  0.0% 0.0% 0.0%
M.デム(0-0-0-0)  0.0% 0.0% 0.0%
モレイラ(0-0-0-0)  0.0% 0.0% 0.0%

北村友一(0-0-0-0)  0.0% 0.0% 0.0%
inyofu サクラバクシンオー(9-13-14-107) 6.3% 15.4% 25.2%
キングカメハメハ (7-2-1-22)  21.9% 28.1% 31.3%
ディープインパクト(5-4-2-14)  20.0% 36.0% 44.0%
クロフネ     (4-4-3-29)  10.0% 20.0% 27.5%
サクラプレジデント(3-3-2-19)  11.1% 22.2% 29.6%

アドマイヤコジーン(2-3-4-19)  7.1% 17.9% 32.1%
ゼンノロブロイ  (2-3-2-16)  8.7% 21.7% 30.4%
ファルブラヴ   (2-2-2-18)  8.3% 16.7% 25.0%
ストーミングホーム(2-0-2-6)  20.0% 20.0% 40.0%
フジキセキ    (1-3-6-31)  2.4% 9.8% 24.4%

ルールオブロー  (1-0-1-2)  25.0% 25.0% 50.0%
ウォーエンブレム (1-0-0-2)  33.3% 33.3% 33.3%
ネオユニヴァース (0-3-1-23)  0.0% 11.1% 14.8%
オンファイア   (0-0-1-7)   0.0% 0.0% 12.5%
バゴ       (0-0-0-8)   0.0% 0.0% 0.0%

マツリダゴッホ  (0-0-0-10)  0.0% 0.0% 0.0%

軽視はできない ティーハーフ

inyofu 3連勝で重賞制覇。勢いにのっていますね。 人間と同じで馬も調子ですから、こういった連戦の 勢いというのは下手に嫌わずに、強ければ強いという 評価をしないと痛い目をみますが、函館に引き続き 滞在し、1週前調教もなかなかよい。 現時点では軽視はできないですね。
前走の函館スプリントSで、2着馬に2馬身半差をつけて快勝したティーハーフ。レースの見た目にも数字的にも、強烈なインパクトを与える勝ち方だった。これまで稍重馬場で1勝、重馬場で1勝を挙げており、力が要る馬場コンディションになっても問題なく対応できるタイプだろう。

馬券内は期待できそう レッドオーヴァル

inyofu このレースにこの馬が出てくるのをずっと待っていました。 斤量もほどほど。前走のUHB賞は前につけた馬が有利な中、追い込んでの3着でした。 今回はもう少し前につけての競馬を試して欲しいと思います。 そうなると馬券内は期待できそうです。
昨年の本レースで2着。今年に入ってからは精彩を欠くレースが続いていたが、前走のUHB賞で3着と復調を感じさせる走りを披露。今回の舞台となる札幌1200mは、(1・1・1・0)とすべて3着以内。コース相性の良さは文句なしで、上位争いに加わってくるだろう。

最上位の一頭 ローブティサージュ

inyofu 既存勢力ではポテンシャル戦での力関係で見ると普通に最上位の一頭になるし、実際このレースを昨年勝った馬である。ポテンシャルを上手く発揮しきれる展開、そこそこ時計がかかる馬場で単調な流れならやっぱり基本的には狙いたい馬である。力関係としてみれば新興勢力との比較をどう見るかというところだろう。ある程度内枠を引いて来れば面白いし連下では押さえたい一頭。
昨年の本レース優勝馬。前走の函館スプリントSは、道中は中団のインをスムーズに折り合って追走。抜群の手応えで4コーナーを回り最後の直線を向いたが、他の馬に包まれて前にスペースがなくなり、ほとんど追われることがないまま15着に敗れる結果となった。今回のメンバーの中では実績上位の存在。札幌1200mの舞台で復活なるか、注目したいところだ。

侮れない一頭 エポワス

inyofu 前走は格上挑戦だったが外を回して悠々と差し切り完勝。ファルブラヴ産駒らしく洋芝千二での安定感は抜群で、特に今は充実ぶりが目立っている。今回は相手も強くなるが侮れない一頭。じわっと加速して末脚を伸ばすのが勝ちパターンなので、極端な内枠は避けたいところか。
本レースと同じ札幌1200mで行われた前走のUHB賞を1分07秒5のコースレコードで優勝。今回は重賞で相手関係が強化されるうえに、前走から3kg増となる56kgの別定重量を負担するが、現在の勢いは魅力十分だ。

前走だけでは見限れない レンイングランド

inyofu 初めて古馬と対戦した前々走の函館スプリントSで4角12番手から34秒9の末脚で3着に差しに好走しスプリント路線で十分に通用する力があることを示した。これまで芝1200mでは4戦・2勝・3着2回で複勝率100%で、キーンランドカップは最も得意距離になり、前走アイビスサマーDからの巻き返してくる可能性がある。前走だけでは見限れない。
初めて他世代の馬と対戦した前々走の函館スプリントsで3着に好走し、スプリント路線で十分に通用する力があることを示した。前走のアイビスSDは8着に敗れたが、これまで(2・0・2・0)と好成績を残している1200mに戻る今回は、見直しが必要だろう。

ここでも通用しそう オメガヴェンデッタ

inyofu 前走は初の千二で追走が心配されたが、好枠から好位につけると、直線ひと追いで抜け出し完勝。適応力の高さを見せた。もともと京王杯SCでも3着と好走しているように力のある馬で、前走の競馬を再現できればここでも通用しそうだ。
スプリントに長けている安田厩舎。前走の函館日刊スポーツ杯でエポワス(2着)に半馬身競り勝って優勝。とにかく前につけて粘り込む競馬が得意なので、今回の条件も向くかと思われる。

みんなの予想は


どの馬にも一長一短があって難解なレース。悩んだ結果、うまキュレ班の軸馬はレッドオーヴァル。
年齢、牝馬、札幌巧者、血統、騎手と過去データで最も不安要素が少ないのがこの馬。しかしそれでも前走がUHB賞という不安点はある。対抗はティーハーフ。いくら前走がハマった展開とはいえ、阪神、京都、函館の異なったコースで3連勝は無視できない。印を落としたのは札幌が初出走なのと脚質的に後ろからなりそうだからだ。3番手評価はローブティサージュで洋芝適正は高く成績低迷気味でも抑えないといけない一頭。
印は
◎レッドオーヴァル
○ティーハーフ
▲ローブティサージュ
△オメガヴェンデッタ
×レンイングランド
☆エポワス、スギノエンデバー、マジンプロスパー

馬券は◎→○▲馬連 ◎一頭軸の3連複で印の馬へ
マジンプロスパー辺りが3着に絡んでくれれば高配当も可能だろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line