TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】8月30日(日)札幌9R・小倉12R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】8月30日(日)札幌9R・小倉12R予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

本日より開幕したWASJ。皆さま楽しんでおられますでしょうか?

個人的に注目していたモレイラ騎手は、初騎乗となった1Rでいきなり1着(4番人気)と存在感をアピールしてくれました!
それ以降も、4R1着、9R2着、11R1着と、計10鞍の騎乗で4連対という大活躍。

この活躍ぶりに明日のオッズが下がることは必至!?
ですが、引き続き注目して行きたいと思います。


さて。
明日の予想に行く前に、新潟メインの新潟2歳S(GII)のについて少しだけ。
相かわらず芝のレースには興味が薄いのですが、2歳戦に強い騎手、種牡馬に興味があり、データを取ってみました。

-----------------------------
☆新潟2歳Sピンポイントデータ室(※対象は2010~14年)☆

※連=連対率、単回=回収値単

■まずは、新潟2歳戦限定の騎手成績から

・1位 柴田善
 (18-9-11-80/118、連23%、単回131)

・2位 蛯名
 (16-20-10-78/124、連29%、単回78)

・3位 田辺
 (12-8-9-98/127、連16%、単回100)

明日騎乗予定の騎手が2人いますね。
次位の11勝を挙げている騎手は北村宏、松岡、内田の3人。

■次に、新潟2歳戦限定の種牡馬成績

・1位 ディープインパクト
 (13-12-2-37/64、連39%、単回66)
・2位 キングカメハメハ
 (10-9-2-53/74、連26%、単回87)

・3位 アグネスタキオン
 (10-1-3-22/36、連31%、単回113)

追加で今回複数の産駒が出走する種牡馬成績

・8位 ダイワメジャー
 (6-13-7-72/98、連19%、単回20)

・13位ステイゴールド
 (5-9-7-81/102、連14%、単回55)

・51位クロフネ
 (1-2-4-41/48、連6.3%、単回4)

■最後に、新潟2歳戦限定の母父成績
・1位 サンデーサイレンス
 (24-24-19-191/258、連19%、単回68)

・2位 アグネスタキオン
 (7-5-3-28/43、連28%、単回126)

・3位 ダンスインザダーク
 (5-8-5-65/83、連16%、単回55)

追加で今回複数の産駒が出走する母父成績

・5位 ブライアンズタイム
 (5-4-3-98/110、連8.2%、単回31)

・圏外 アドマイヤコジーン
 (0-0-1-4/5、連0%、単回0)

-----------------------------


以上がデータになります。
ただし、データはあくまでデータということで。
特に今年は成績上位のディープ産駒、キンカメ産駒の出走がないので、種牡馬データはそれほど気にしなくても良さそう。 あえてデータ的にオススメするとしたら『母父アグネスタキオン』ぐらいでしょうか。

それでは通常の予想に参りましょう。
日曜日のターゲットは、ダート1700mで行われる札幌9R『石狩特別』。
明日の特別競走の中で、唯一ダートで行われるレースです。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。
スタート地点は、スタンド前の直線入り口付近。最初のコーナーまでは241mとあまり距離はない。
全体的に起伏がなく、基本的には先行馬が有利。
ただし、3~4コーナーが平坦なため、函館コースよりは捲りが決まりやすいのが特徴。
函館、札幌と同じイメージで馬券を買うと失敗するケースも多く、特に函館で差しが届かなかった馬の巻き返しには注意したい。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★札幌ダート1700m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ロベルト系シンボリクリスエス(15勝)
・勝率 :サンデー系ディープインパクト(約17%)
・連対率:サンデー系ダンスインザダーク(約28%)※勝ち数は9位
・単回収:サンデー系ゴールドアリュール(回収値135)※勝ち数は3位
・複回収:サンデー系ゴールドアリュール(回収値106)

勝ち数ベスト1のシンボリクリスエスは勝率も14%(2位)で優秀。
その他では、ベスト10に7頭もランクインしているサンデー系が優勢。
中でも勝率1位のディープインパクトは、ダートにしては珍しく勝ち数も7位にランクイン。
回収値は、1位のゴールドアリュール以外100オーバーがおらず、穴馬はスズカマンボやマイネルセレクトといった下位の種牡馬に多い。

★☆土曜札幌9R・『石狩特別』の予想☆★

参考にするのは、過去5年の8月~9月上旬に札幌競馬場ダート1700mで行われた500万下特別4レース。
※先週の桑園特別の予想と同じデータを参照します。

①傾向
過去4回の馬連平均配当は4,720円。
新しい順に970円、3,210円、1,660円、13,040円。

万馬券が1回出ているが、それ以外の年は比較的平穏。

②人気
1番人気(2-0-0-2/4)、2番人気(1-1-1-1/4)、3番人気(0-0-2-2/4)。

過去の連対馬の人気  ※カッコ内は左が1着
2014(1→6人気)
2013(2→8人気)
2011(6→2人気)
2010(1→11人気)

1、2番人気のどちらかが必ず連対している。

③馬齢
連対馬8頭の馬齢は、3歳と4歳のみ。
3歳が3勝、4連対でやや優勢。

④位置取り
連対馬8頭の4角位置  ※カッコ内は左が1着
2014(1→2番手)
2013(2→1番手)
2011(1→9番手)
2010(2→9番手)

1着馬はすべてスタートから3番手以内で競馬した先行馬。
過去4年のデータでは、捲りの馬は2着まで。

⑤所属
関東馬が5連対で優勢。地方馬が2着に1回入っている。

⑥種牡馬
複数の連対馬を出している種牡馬はシンボリクリスエス。1勝、2着1回。

⑦騎手
相性の良い騎手は勝浦騎手と古川騎手で共に1勝、3着1回。

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬8頭中、6頭が6月以降に前走を使われていた。

⑨前走コース・距離
連対馬8頭の前走コースと距離は以下の通り。

函館ダ1700m :2頭
函館ダ2400m :1頭
札幌ダ1700m :1頭
阪神ダ1800m :2頭
東京芝1600m :1頭
門別ダ2600m :1頭

前走北海道組が4連対で、やや優勢か。

⑩前走クラス(カッコ内は着順)。
連対馬8頭の前走クラスは以下の通り(カッコ内は着順)。

前走・500万下 :5頭(3、3、7、2、4)
前走・1000万下 :1頭(7)
前走・未勝利  :1頭(1)
前走・地方重賞 :1頭(6)

前走500万下組が有力で、掲示板以上の着順が望ましい。

⑪前走人気
連対馬8頭の前走人気は、2~6番人気。
大幅な人気薄は割引か。

⑫ダート1700m実績
ダート1700mでの連対実績があったのは3頭。
残りのうち2頭には3着の実績があり、それ以外の3頭は未経験だった。

データは以上。

過去の傾向から、今回は以下の条件を基に軸馬候補を絞り込みたい。

・③から、3歳馬か4歳馬
・④から、スタートから先行できる馬
・⑩から、前走で掲示板を確保している馬
・⑪から、前走人気薄(2桁人気)ではない馬

今回、この条件にあてはまるのは、スペースクルーズとメイショウナガマサの2頭。

この2頭の中で本命に推したいのは◎スペースクルーズ。
前走は約半年振りの休養明けで、マイペースでレースを進めたが3着に惜敗。
負けはしたが、600kg近い大型馬の休養明け初戦としては許容できる内容だった。
勝ったクラシコは、ダート変わりで進境を見せた素質馬で、2着のミツバは先週の500万特別を楽勝した強豪だった。
1度叩かれて順調に良化を示せば、前進は必至。
大型馬だけに、腕っ節の強い外国人騎手への手替わりも歓迎だろう。

○は、軸馬候補に残ったメイショウナガマサ。
前走のメンバー比較からはスペースクルーズに一歩及ばない感があり、こちらが2番手評価。

▲は、前走は出遅れが敗因と割り切れるデモニオ。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

☆札幌9R・結論☆
 ◎⑬スペースクルーズ
 ○⑥メイショウナガマサ
 ▲⑦デモニオ
 ☆①セルリアンラビット
 ☆⑤サウンドジャンゴ
 ☆⑫ボルドネス
 △⑩カゼノドリーム
 △⑪ビタミンエース

馬券の本線は馬単
 ⑬ ⇔ ⑥⑦①⑤⑫

少額で3連単フォーメーション(36点)
 1着⑬⑥⑦
 2着⑬⑥⑦
 3着⑬⑥⑦①⑤⑫⑩⑪


-----------------------
★☆おまけ、の日曜小倉12R『3歳以上500万下』の予想☆★

おまけは、小倉ダート1700mで行われる『3歳以上500万下』をピックアップ。

このレースで本命に推したいのは◎ガンジー。
降級初戦の前走は4着に敗れたが、直線半ばまでは2着はありそうな内容で見どころはあった。
いかにも休み明けらしく、4角手前では早くもムチが入るなど反応が一息だっただけに、叩かれた上積みは大きそうだ。
もともと小倉との相性は悪くない馬で、これまで4走して2着、2着、8着、4着という成績。8着の時も上位馬との差はそれほどなく、タイムは僅か0.3秒差だった。
成績から1700mはギリギリ守備範囲のイメージだが、前走からもうひと押しがあれば十分に勝ち負けできるだろう。

鞍上の幸騎手は、このコース(13-20-19-121/173、勝ち数9位、連対率19%)という成績。
いっぽうアグネスデジタル産駒は、このコース(10-5-5-71/91、連対率17%、回収値単296、複305)という成績。
2つのデータの傾向が違うだけに、アタマで狙うか複勝圏で狙うかは意見が分かれそうなところだ。

☆小倉12R・結論☆
 ◎⑩ガンジー
 ○③ウエスタンパレード
 ▲⑫シャトーウインド
 ☆⑧オウケンワールド
 △④ゲームフェイス
 △⑪テイエムテツジン
 △⑬ファイヤーロック
 △⑭カオール

相手には、脚抜きの良い馬場を考慮して前に行ける○ウエスタンパレード。
そして、早い持ち時計のある▲シャトーウインド。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は馬単
 ⑩ ⇔ ③⑫⑧④⑪⑬⑭

少額で1頭軸の3連複
 ⑩ = ③⑫⑧④⑪⑬⑭

※実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた小倉ダート1700mが対象

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line