TOP > レース > 最強の宝塚記念馬たちの動画まとめ
レース

最強の宝塚記念馬たちの動画まとめ

上半期のグランプリとして歴戦の古馬たちの熱いレースが行われる伝統の一戦。穴馬による大波乱や名馬の復活など魅力的なレースである。宝塚記念の最強馬についてまとめてみた。
馬キュレ
inyofu 宝塚記念(たからづかきねん)とは日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝2200mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。競走名は阪神競馬場がある宝塚市から取られている。 正賞は宝塚市長賞、日本馬主協会連合会会長賞、ブリーダーズカップチャレンジ賞。

1998年 最強の逃走馬サイレンススズカ

inyofu そして宝塚記念。当初は回避する予定も伝えられたサイレンススズカだったが、あまりの充実ぶりに急遽の参戦。しかも4連勝で鞍上を務めた武豊騎手がエアグルーヴに乗ることになったため、手綱は初騎乗となる南井克巳騎手に託された。相手は名牝エアグルーヴのほか、春の天皇賞を制したメジロブライト、有馬記念勝ち馬シルクジャスティスなど一気に強化。それでもサイレンススズカのスピードに酔ったファンはこの馬を1番人気に推し、そしてサイレンススズカもその期待に応えてみせる。

いつも通り、サイレンススズカは先頭のまま直線へと向かう。さすがに強敵相手とあってこれまでのように楽勝とはいかなかったが、食い下がるステイゴールドや差し脚を伸ばすエアグルーヴらを4分の3馬身振り切って、初のGIタイトルを手にしたのだった。
圧倒的な逃げ切りで初制覇だった。
動画を見る

1999年 グランプリ馬グラスワンダー

ライバルスペシャルウィークを圧倒した。
動画を見る

2000年 王者テイエムオペラオー

宝塚記念を制したこの2000年を年間無敗で終えた。
http://youtu.be/QWRPB9_VutM

2004年 最高齢で制したタップダンスシチー

宝塚記念を7歳で制覇した。
動画を見る

2011年 レコードで制したアーネストリー

動画を見る
初夏に強豪馬が集う宝塚記念。圧倒的なスピードで逃げたサイレンススズカは最強馬だったといえるレースぶりで勝利した。グラスワンダーはグランプリでの強さが目立った。テイエムオペラオーはどんな展開でも必ず勝つという強さがあった。タップダンスシチー、アーネストリーなど宝塚記念は逃げて強さを発揮する馬が多くいた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line