TOP > レース > 最後方から捲り&ごぼう抜きV【2015年キーンランドカップ&新潟2歳S】レース結果まとめ
レース

最後方から捲り&ごぼう抜きV【2015年キーンランドカップ&新潟2歳S】レース結果まとめ

8月30日(日)札幌&新潟競馬場で行われた重賞レース【第10回キーンランドカップ&第35回新潟2歳ステークス】今回もレース結果やコメント等まとめてみた。
馬キュレ

キーンランドカップはウキヨノカゼが優勝

inyofu 第11R・キーンランドC(GIII、芝1200m)は、最後方追走から徐々にポジションを上げていった8番人気ウキヨノカゼ(牝5、美浦・菊沢)が4角で先頭集団に並びかけると、進出の勢いそのままに後続を突き放して勝利した。勝ちタイムは1分8秒6(良)で、鞍上は四位騎手。3/4馬身差の2着は後方追走から追い込んだ9番人気トーホウアマポーラ、2着に半馬身差の3着は中団やや後ろから脚を伸ばした1番人気ティーハーフが入線した。
inyofu ▽配当
単勝13 2910円
馬連13-16 3万690円
馬単13-16 5万9940円
3連複10-13-16 3万3630円
3連単13-16-10 37万520円
(13.ウキヨノカゼ、16.トーホウアマポーラ、10.ティーハーフ)

▽【ウキヨノカゼ】
父オンファイア
母アドマイヤダッシュ
母父フサイチコンコルド
※叔父にダノンカモン(名古屋大賞典勝ち、プロキオンS2着など)、叔母にクィーンズバーン(阪神牝馬S勝ち)など。 通算9戦4勝(うち重賞2勝)
デビュー3戦目のクイーンカップを勝った後、桜花賞候補に名乗りを上げた直後に、屈腱炎が判明。戦線離脱を余儀なくされた。休養は1年9カ月にも及んだが、北の大地で完全復活をはたした。

レース後コメント 四位騎手「反応がすごくて驚きました」

inyofu 「1200mでは追走に苦労する馬なので、前走のように後ろからジックリと行って、終い勝負と考えていました。仕掛けてからの反応がすごくて驚きました。もともと力のある馬ですが、よく立ち直ったと思います。短い距離なら今後も楽しみです。僕自身の2週連続重賞勝ちはたまたまですが、やはり嬉しい勝利ですね」

猛追2着 トーホウアマポーラ

inyofu 後方を追走した9番人気トーホウアマポーラは、先に動いたウキヨノカゼについていく形で進出。直線で力強い伸びを見せて3/4馬身差の2着に入り、波乱を演出した。 福永騎手は「外枠(〔8〕枠(16)番)なので決め打ちして乗った。馬もよく応えてくれた」とパートナーをたたえる一方で、「もう少しだっただけに何とかしたかったが…」と悔しさものぞかせた。

直線切れず3着 ティーハーフ

inyofu 3着 ティーハーフ(国分優作騎手)
「今日はうまくゲートを出ました。レースの流れが速くないので、ある程度の位置につけて様子を見ました。脚は使っていますが、結果的に前走のように外からひとまくりする競馬の方がよかったのかもしれません」
1番人気のティーハーフは3着。重賞初優勝を飾った前走の函館スプリントSのような最後方待機ではなく、中団やや後方から運んだが、最後は勝ち馬をとらえ切れず、2着馬にも競り負けた。

その他着順&コメント

inyofu ▼4着オメガヴェンデッタ(横山典)スタート良く、思っていた通りのレースができた。まだ緩い面があり、これからの馬。

▼5着レッドオーヴァル(岩田)馬群で少し踏み遅れた。外をまくった方が良かったかもしれない。

▼6着スギノエンデバー(M・デムーロ)出遅れた上に進路も空かなかった。ラストは伸びているが…。

▼7着ローブティサージュ(三浦)正攻法のレースをしたが、伸び切れなかった。

▼8着サクラアドニス(武豊)内枠だったのでインをぴったり回ったが、相手が強かった。

▼9着エポワス(モレイラ)馬群が壁になってアンラッキーだった。うまく抜け出せていればもっと上の着順を狙えた。

▼10着レンイングランド(菱田)いい位置につけたが、一気にペースが上がってしまって…。

▼11着ネオウィズダム(柴山)位置取りは悪くなかったが、流れも向かなかった。

▼12着マジンプロスパー(北村友)手応えはあったが、直線入り口で他馬に乗っかかられて、バランスを崩した。

▼13着サトノタイガー(町田直)後ろからの位置になってしまって…。

▼14着クールホタルビ(水口)先行争いが激しくなったので…。

▼16着タガノアザガル(松田)ハナも考えたが、行けなかった。

新潟2歳ステークスはロードクエストが優勝

inyofu 第11R・新潟2歳S(GIII、芝1600m)は、スタートで後手を踏み道中は最後方を追走した1番人気ロードクエスト(牡2、美浦・小島茂)が直線に向くと、ポッカリと空いた馬場の三分どころに進路を取り、楽な手応えのまま進出を開始。残り200mのところで単独の先頭に立つと、そこからさらに突き放しにかかる。最後は懸命に食い下がる12番人気ウインファビラスを尻目に、まさに圧勝と言える内容で重賞初制覇を果たした。勝ちタイムは1分33秒8(良)で、鞍上は田辺騎手。4馬身と大きく離された2着は伏兵ウインファビラス、2着に2馬身差の3着は8番人気マコトルーメンと5番人気ペルソナリテで際どくなったが、前者がハナ差これを制している。
inyofu ▽配当
単勝2 360円
馬連2-13 1万3130円
馬単2-13 1万7300円
3連複2-7-13 5万6400円
3連単2-13-7 26万1060円
(2.ロードクエスト、13.ウインファビラス、7.マコトルーメン)

▽【ロードクエスト】
父マツリダゴッホ
母マツリダワルツ
母父チーフベアハート
通算2戦2勝
ハープスターの衝撃から2年。新潟の2歳王決定戦で、今年もとんでもない大物候補が誕生したのは間違いないだろう。圧倒的な強さで夏の2歳王者に輝いたロードクエストには、すでに来春のクラシックがはっきりと見えている。

レース後コメント 田辺騎手「びっくりしました」

inyofu 「正直びっくりしました。何かアクシデントがなければ負けることはないと思うくらい余裕を持って直線に向きました。ゲートの出はよくない方なので、急かしてリズムを崩すより出たなりで進めました。馬場についてはわかりませんでしたが、調教からパワフルな走りをしていたので、道悪も向いているかもと思っていました。折り合いも問題なく、距離ももつと思うので視野は広がると思います」

小島茂調教師「こういう馬には巡り合えない」

inyofu 1番人気に応えた小島茂師は「良かったです。ホッとしました」と笑顔で切り出した。実は、週中のゲート練習では「全く出なかった」と本音も。新馬戦とは違って、イレ込んでいたという。しかし終わってみれば、全てが杞憂(きゆう)に終わった。指揮官は「正直ゲートは出ないと思っていたので“きょうは出たなあ…”と。血統も爪の形を見ても、道悪は大丈夫と思っていた。田辺君には内を突いてもいいと言っていた。それにしても強かった。なかなか、こういう馬には巡り合えない」と愛馬の破壊力に最敬礼だ。

12番人気激走2着 ウインファビラス

inyofu 2着 ウインファビラス(松岡正海騎手)
「まだ馬を作っている途中です。切れ味とスピードを兼ね備えているのですが、逆に敏感なところがあります。返し馬ではやる気になってしまい、気性的に成長してくれればいいですね。牝馬の中では上位だと思います」
福島で未勝利勝ちした12番人気のステイゴールド産駒ウインファビラスが、2着に奮闘。ロードクエストには4馬身差の完敗だったが、5番手追走から直線でもしぶとく末脚を伸ばした。

ハナ差しのいで3着 マコトルーメン

inyofu 際どい3着争いを制したのはマコトルーメン。唯一の重賞経験馬(函館2歳S5着)は後方から馬場の内めを伸び、メンバー2位となる上がり3F33秒5の末脚で追い込んだ。 勝浦は「まだ完成されていない段階でこれだけ走れるのだから、今後が楽しみ。きょうみたいな馬場は合っている」

2番人気ヒプノティストは6着

inyofu ヒプノティストは伸びを欠いて6着止まり。直線は外を通ったが、初戦で見せた切れ味は発揮できなかった。 柴田善は「外に出したら物見をして手前を替えてばかりいた。余裕はあったのに集中していない」と力負けでないことを強調した上で、精神面の課題を指摘した。

その他着順&コメント

inyofu ▼4着ペルソナリテ(柴田大)感じ良く運べてよく伸びたが、相手が強かった。

▼5着キャプテンペリー(大野)いい感じで成長している。馬場も苦にしなかったし、センスがいい。

▼7着カミノライデン(西田)気合が乗って状態も良かったが、出遅れたのが…。

▼8着ルグランフリソン(北村宏)息が入っていい走りができたが、追いだしてからいいフットワークじゃなかった。馬場ですかね。

▼9着タニセンビクトリー(江田照)緩い馬場は良くない。反応はしていたが…。

▼10着シトロン(嘉藤)跳びがきれいな馬で、ノメっていた。

▼11着トウショウドラフタ(吉田豊)スピードが勝っている馬なのでパンパンの馬場の方がいい。

▼12着ファド(津村)距離が若干長いかも。

▼13着プリンシパルスター(藤岡康)力が付き切っていない分、こういう馬場は厳しかった。

▼14着カネノイロ(吉田隼)2戦目でイレ込んでいた。1400メートルの方が良さそう。

▼15着トモジャクール(田中勝)非力だから馬場が合わなかった。

▼17着ウインミレーユ(内田)まだ力のいる馬場に対応できなかった。

▼18着エポック(石橋)距離が少し長い感じ。

2連勝でスプリント路線の主役候補の一頭にまで大きく浮上した、ウキヨノカゼの今後は美浦トレセンに帰ってから決められるが、秋の大舞台も視野に。怪物級の末脚を披露したロードクエストの今後の目標は、朝日杯フューチュリティSかホープフルSのどちらかを予定している。スプリント界の新星&クラシックのスター候補誕生で秋競馬が更に楽しみになった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line