TOP > 競走馬 > 【2015年小倉2歳S】スピードが違う!勝機があるから参戦する!シュウジ
競走馬

【2015年小倉2歳S】スピードが違う!勝機があるから参戦する!シュウジ

7月25日の中京2歳Sで1番人気に推されたシュウジは、見事人気に応え3馬身差の完勝を見せた。暮れの朝日杯FSには現時点の賞金的でも出走できるが、陣営は状態の良さなどで確実に勝てると見越して小倉2歳Sに参戦してきたのだろう。また、これまで2戦とも手綱を握っていた小牧騎手が新潟記念のダコールに騎乗するため、本馬は岩田騎手と初コンビを組むことが決定したが、しっかり乗りこなしてくれるはずだ。初の右回り、1200m戦を迎えるシュウジは、能力の高さでカバーできるのか!?まとめてみた。
馬キュレ

シュウジのプロフィール!

父:キンシャサノキセキ
母:カストリア
性別:牡
毛色:鹿毛
誕生日:3月16日
厩舎:栗東・橋口弘次郎
生産者:浜本牧場
馬主:安原浩司氏

【新馬戦】終始余裕の手応えで快勝!

デビュー戦は2.5倍の1番人気となった。スタートしてすぐには先頭に立たず、周りの動向を見ながらじわじわと先手を奪う。手応えよく直線に入るとそのまま他馬を抜かせずに押し切って優勝した。
inyofu 1着 シュウジ(小牧太騎手) 「トモに力があって、いいスピードを持っています。少し動かしただけで一気に動いていきましたが、気性に問題があるわけではなく、馬が真面目なのだと思います。距離は短い方が合っている感じです」

【中京2歳S】メンバー強化もすいすい逃げて一人旅!

初勝利からかなりのメンバー強化となったが、1.8倍の断然の支持を受けた。スタートをポンと出ると馬なりでハナに立つ。後続を少し離したまま勝負どころを迎えるとあとはこの馬の独壇場。最後は3馬身差をつけ逃げ切った。
inyofu 1着 シュウジ(小牧騎手) 「思っていた通り、前に行ってのレースで強い内容を見せてくれました。でもまだ力んで走っているので、今後、いかに抜いて走るかが課題です。今日は完成度が違いました」

【小倉2歳S】スピード型で距離は問題なし!

inyofu 小倉メーンの小倉2歳Sでは、デビュー2連勝中のシュウジが初の1200メートルに挑戦。千野助手は「攻め馬では自分からハミをとって前向きになってきた。スピード型で、荒れ馬場でも苦にしなさそうなパワーもある。距離自体は問題ないと思う」とキッパリ。 ポイントは展開とみているようで「2戦とも楽にハナに行かせてもらったからね。競り合う形でペースが速くなった時にどうか」と語った。
inyofu 2勝馬は2頭。シュウジと、フェニックス賞を勝ったコウエイテンマだが、そのライバルを中京2歳Sで寄せつけなかった。強敵が見当たらないここはV濃厚で、橋口弘調教師も「秋になれば来春を狙う強い馬が出てくる。素質馬たちがそろう前に賞金を稼いでおきたい」と自信満々だ。

本馬は2戦とも逃げ切って勝利しており、不安点を挙げるとすれば、他馬に絡まれハナを奪えずにもろさを出してしまう時だろう。岩田騎手がどういう戦法をとるのか、注目である。その他にコース・距離にも不安はあるが、半兄のツルマルレオンは同条件の北九州記念を勝っているので血統的に問題ないはずだ。シュウジが無傷の3連勝を達成し、来年で定年を迎える橋口調教師の記念すべき小倉重賞10勝目を飾ってくれるに違いない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line