TOP > 競走馬 > 「レッドラウダ」動きよし!1000mはちょうどいい【アイビスSD】
競走馬

「レッドラウダ」動きよし!1000mはちょうどいい【アイビスSD】

1000万以下クラスながら格上挑戦でレッドラウダがアイビスサマーダッシュに出走する。2歳時は小倉2歳ステークス3着や京王杯2歳ステークス4着などコンスタントに活躍すると、3歳の夏にオープンクラス入りを果たす。その後は主だった活躍は出来ていなかったが、前走の韋駄天ステークスで3着に入り、このクラスでもやれることを示した。そんなレッドラウダについてまとめてみた。
レッドラウダ

【驀進特別】内枠ながらも健闘!

スタートから押していって難なく2番手集団に取り付く。じわじわと外目に進路を取っていき、残り200mで先頭に立つが、外からダンシングワンダーに差し切られ2着。
動画を見る
inyofu 2着 レッドラウダ(石川裕紀人騎手) 「1回脚を使うと、気を抜いてしまいますから、この馬は待って待っての競馬がいいのではないかと思います」

【稲妻S】格上挑戦で勝利!

1番枠から好スタートを決めて外目に持っていく。手応えは道中抜群で、ラスト200mになって追い出されると一気に伸びて接戦を制してオープンクラス入りを果たした。
動画を見る
inyofu 1着 レッドラウダ(石川裕紀人騎手) 「前回が初の直線競馬で、早めに抜け出してしまったので、今回はその反省を生かして乗りました。連続して乗せていただいて感謝しています。今日は格上挑戦でしたが、このコースは合っています」

【韋駄天S】オープンクラスでも実力を発揮!

スタートから行き脚がつかず、後方よりの外目を追走する。しかし、レースの後半になり外々に進路を変えるとジリジリと伸びていき3着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 3着 レッドラウダ(丸田騎手) 「暖かくなって馬も良くなってきたと聞いていましたし、直線1000mの適性も高いですね。条件戦の頃に走った時とは違う競馬の形でしたが、怯まずに対応してくれました」

【アイビスSD】直前情報! ここでも通用!

inyofu 担当の平井助手は「まずは第一関門突破。入れば勝負になると思っていたし良かった」と笑顔がはじけた。直線競馬は4戦して【1・1・1・1】と全て掲示板を確保。前走の韋駄天S(3着)はゴール前強襲して、フィドゥーシアに0秒2差まで迫った。「馬は良くなっているし、前回より差は詰まると思いますよ」と反撃を誓った。

舞台設定からも枠が大きなキーポイントになるが、この馬は1番枠でも新潟の千直を制しており、仮に内枠を引いてしまったとしても他馬よりも不利になることは考えにくい。今回も格上挑戦となるが、それでこそ実績を残しており、より強い相手だと高パフォーマンスを披露している。今回も好条件と格上挑戦で上位に食い込みたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line