TOP > 予想/馬券 > 【第51回新潟記念】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第51回新潟記念】最終追い切り情報&タイムまとめ

9月6日(日)に行われる新潟競馬場のメーンレース【第51回新潟記念】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 5枠10番 ミュゼスルタン

inyofu ミュゼスルタンはWコースでの3頭併せ。5馬身後ろから前2頭を追いかける形でスタートし、馬なりで外から並びかけ、中カウンターハッセキ(4歳500万)に1馬身先着、内ガラハッド(4歳500万)と併入した。その迫力満点の動きを見守った

8枠17番 アヴニールマルシェ

inyofu アヴニールマルシェは、坂路でサトノレオパード(1000万下)の内に併せ、馬なりで4ハロン55秒2-12秒6で併入した。藤沢和調教師は「帰厩して1カ月ぐらいだけど、順調に乗り込んできた。きょうもいい動きだったね」と、仕上がりに自信を見せた。

5枠9番 マジェスティハーツ

inyofu 重賞2着4回のマジェスティハーツは森が手綱を取り、CWコースで素軽い脚さばきを披露した。レントラー(3歳500万)の4馬身後方からスタート。直線は外から馬体を併せて首差遅れたが、手応えには余裕があった。鞍上は「好調をキープしている。2000メートルの方が競馬しやすいし、今度は“1着”で結果を出したい」と気合十分。

6枠12番 アルフレード

inyofu  「動きはよかったですね。先週がやりすぎなぐらいだったから、時計的にもちょうどいい」  追い切りを見届けた手塚調教師は満足そうな表情で話した。雨で重くなったWコースで、5ハロン69秒4と全体の時計は平凡だが、ラスト3ハロンは40秒2-12秒4の瞬発力。1週前にWコースで6ハロン78秒0と好時計を出しており、今週はラスト重点で抜群の反応を見せた。

4枠7番 ダコール

inyofu ダコールは、小牧を背に坂路単走で最終追い切り。調教開始から50分近くたった荒れ馬場も苦にせず、力強く駆け上がった。 前走に続いてコンビを組む鞍上は「動きは良かった。時計(4F52秒4)も出ていたし調子は良さそう。前走が強い競馬。真ん中より内の枠がいいね」と前走の再現Vを狙っていた。

8枠16番 メドウラーク

inyofu メドウラークは開門直後の坂路で最終追い切り。雨で湿ったチップを蹴散らしながら、馬場のド真ん中をパワフルに駆け上がった。見届けた橋田師も満足げだ。 「先週までにしっかり調教しているし、しまいを伸ばす程度で十分。順調に調整できた」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アーデント・浅利助手 「短期放牧をはさんで、具合はかなりよくなった。函館の小回りは合わなかった。新潟で改めて」

◆クランモンタナ・音無師 「テンの入りが遅かったけど、先週にしっかりやれているから心配ない。広い新潟ならもっと前で競馬ができる」

◆スイートサルサ・菊川師 「単走でも時計はそれなりに出ているし、先週に追って気持ちも入ってきた」
inyofu ◆ネオブラックダイヤ・鹿戸師 「けいこの動きはよく、久々でも元気いっぱいで出せるのは何より」

◆パッションダンス・友道師 「追い切りは負荷をかけず、しまいだけ。広い新潟の方がいいので楽しみ」

◆ファントムライト・白浜騎手 「しっかり動いて力を出せる状態だと思う」

◆メイショウカンパク・佐藤助手 「休み明けは走らないタイプ。コース実績はあるけど、近走内容から強気には…」

◆ユキノサムライ・木原師 「位置取りにはこだわらない。左回りも問題ないはずで、少し軟らかい馬場でやりたい」

◆ユールシンギング・勢司師 「予定どおりのけいこはできた。ポテンシャルは高いが、メンタル面が最大のポイント。もまれなければいい」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アーデント 牡6 56 *石川裕紀 2日南w重:67.9-52.5-38.0-12.4:強め
アヴニールマルシェ 牡3 53 北村宏司 2日美坂重:55.2-39.6-12.6:強め
アルフレード 牡6 56 *柴山雄一 2日南w重:70.2-54.1-39.5-13.5:馬也
クランモンタナ 牡6 54 *内田博幸 2日栗坂重:54.5-39.2-12.4:一杯
スイートサルサ 牝5 54 *蛯名正義 2日南w重:67.0-52.0-38.3-12.8:馬也
ダコール 牡7 58 小牧太 2日栗坂重:52.4-38.6-13.4:一杯
ネオブラックダイヤ 牡7 54 秋山真一 2日南芝重:65.2-49.9-36.1-12.6:馬也
パッションダンス 牡7 56 *M.デム 2日栗坂重:54.0-39.0-12.5:馬也
ファントムライト 牡6 54 *戸崎圭太 2日栗坂重:54.0-39.2-12.5:一杯
マイネルミラノ 牡5 56 *柴田大知 2日南w重:68.5-53.1-38.9-13.2:馬也
マジェスティハーツ 牡5 56 森一馬 2日栗C重:67.8-52.7-38.8-12.2:強め
ミュゼスルタン 牡3 54 柴田善臣 2日南w重:66.1-51.9-38.7-13.1:馬也
メイショウカンパク 牡8 54 *大野拓弥 2日栗C重:84.0-68.2-53.3-39.2-12.6:一杯
メドウラーク 牡4 55 田中勝春 2日栗坂重:54.8-39.3-12.6:一杯
ユールシンギング 牡5 56 *吉田隼人 2日南w重:52.5-38.7-12.9:一杯
ユキノサムライ 牡6 53 国分恭介 2日栗坂重:56.2-41.1-13.0:馬也
ラブイズブーシェ 牡6 57 *田辺裕信 2日栗坂重:55.6-40.7-12.8:一杯
ロンギングダンサー 牡6 53 吉田豊 2日美ポ良:66.8-51.3-37.8-13.0:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、アルフレード、アヴニールマルシェ、マイネルミラノ、ミュゼスルタン。特にアルフレードは、時計こそ目立たないが、1週前に同6F78秒4の猛時計を叩き出しており、最終追い切りは出来を確かめる程度で十分。気配は絶好で、新潟記念に万全の態勢で挑める。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line