TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【1点勝負の2号】9月5日(土)札幌5R・新潟6R・札幌2歳S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【1点勝負の2号】9月5日(土)札幌5R・新潟6R・札幌2歳S予想

馬キュレ
覆面馬主・1点勝負の2号です!

先週のキーンランドCでウキヨノカゼに◎を打ちながら馬券不的中・・・という衝撃的なハズし方をした後遺症が抜けません。夏競馬の最後の週だと言うのに、モヤモヤ感がハンパ無い状況です。秋競馬が始まったら、1点予想から通常予想に戻そうと思っているのですが、1点予想も微妙にズレてしまったと言いますか、馬連でいくと1・3着・・・のような感じでこちらもモヤモヤ感がのこる夏競馬となってしまいました。

とはいえ、今週は夏の締めくくり!
いつまでも不的中を引きずっていても仕方ありませんので、気持ちを入れ替えて勝負したいと思います!


さて、土曜日の1点勝負ですが、2クラ選出しました!

まずは札幌5Rの新馬戦!

2歳単勝プロジェクトが行われている間に出走してきたら、7号さんに進言しようと思っていたのですが、プロジェクトには間に合わず最終週の新馬に使ってきた、ディーマジェスティ。調教でも抜群の時計を出してしまっているので、人気にはなってしまうかもしれませんが、この馬動きますね!兄弟にワールドレーヴ、ホクラニミサ、と中々の馬が居る血統ですが、正直この2頭より素質は上!と感じています。札幌競馬場でディープ産駒はどうなんだ?と1号師匠あたりに突っ込まれそうですが、動き断然でこの馬を推奨したいと思います!対抗は、キングライオンとメートルダールで悩みましたが・・・メートルダールで行きます!上に函館で新馬勝ちしたアールブリュットが居る血統ですし、そのアールブリュットと素質的には変わらないレベルと見ています。ゼンノロブロイのパワーとスピードを受け継いでいて、洋芝もしっかりこなせそうな馬であると見ています。

◎1 ディーマジェスティ
〇7 メートルダール

馬単 1→7の1点勝負で行きます!


つづいての1点勝負は新潟の6R!

なんということでしょう・・・。劇的ビフォーアフターのナレーションが頭に浮かんでしまうのが、アンギアーリ。この時期まで未勝利に居る器だとは思いもよりませんでした。新馬→2戦目を見たときには、すぐに順番が来るな!と言うイメージでしたが、なんと、スーパー未勝利直前のこの時期まで勝ちあがれず・・・。前走は中間イレ込んで馬体を減らし、レースでも引っかかり最後はアラアラに・・・。この、前走着順を見て人気が割れるようならオイシイだろ!と言うことで単勝で狙います!今回はハミもリングハミに替えて、クロス鼻革まで着用してくる徹底振り。名門堀厩舎もここで何とかして勝たせたいと言う思いの表れでしょう!内枠が荒れてきている新潟ですが、デムーロの手腕ならキッチリ勝利に導いてくれると思っています!

◎3 アンギアーリ

3番の単勝1点勝負!
*パドックで入れ込んでいるようであれば、馬連の総流しも押さえるかもしれません(苦笑)


オマケ
札幌2歳S

このレースは毎年買っているのでオマケの予想。
函館・札幌の2歳戦を見ていると、それほどレベルの高さを感じないんですよね・・・。例えばコスモス賞。同日に行われた2歳未勝利の勝ち時計が1分50秒1。その勝ち馬ラブレオは福島での新馬→未勝利を2着・2着ときて、札幌で勝利。そして、コスモス賞の勝ち時計は1分51秒2と、未勝利よりも1秒以上遅い時計。この時計では唯一の2勝馬ラヴアンドポップ断然ともいえませんし、かといってコスモス賞は1~3着までが北海道以外でのデビュー組で占められており、札幌2歳Sでもやはり他場デビューの馬にチャンスがあるのか?なんていう風に思えてくるんですよね。とはいえ、他場デビューがディーズプラネットと上記したラヴアンドポップしか居ないのではそれもそれで狙いづらい・・・。

悩ましいですね(苦笑)

となれば、ここは新馬レベルを検証し軸を決めたいと思います。
新馬レベルの高かった馬・・・プロフェット!と言うことになりますかね。
新馬で、しりぞけたレインボーラインは先週の芝未勝利1800mにて、1分49秒5の時計で快勝!それをモノサシにして考えれば、やはり、プロフェットが強い・・・と言うことになりそうです。ちなみに、先週勝ったレインボーラインは上記したコスモス賞当日の未勝利戦では2着だった馬。楽な展開だったとはいえ、時計対応力もあるレインボーライン辺りを新馬で子ども扱いしたプロフェットなら、ここでもいい競馬をしてくれそうです!

◎10 プロフェット
〇3 アラバスター
▲5 ラヴアンドポップ
☆11 アドマイヤエイカン
△2 ディーズプラネット
△8 アフターダーク
△1 リアルキング

買い方は
◎の単勝と◎からの馬連!

2号以上となります。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line