TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】9月5日(土)新潟8R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【巨乳の3号】9月5日(土)新潟8R予想

覆面馬主 巨乳の3号
皆様こんばんは、【巨乳3号】です。

今週で夏競馬も最終週ですが、先週、今週は2歳重賞が立て続けに3鞍。
すっかり書き忘れていましたが、実は先週の「新潟2歳ステークス」では綺麗な尾花栗毛のヒプノティストを応援していたんですよ(汗)。初戦を見た限り、距離短縮のここでもやってくれるかと思っていたんですが・・・・・いやはや、まさかあれほど強い馬がいたとは!

現2歳世代の新馬戦が始まった週の日曜日にデビューを果たし、それ以来の実戦だったのが「新潟2歳ステークス」の勝ち馬となったロードクエストでした。
確かに初戦では「出遅れから好時計で圧勝」とかなりの強さを見せていましたが、そこから3ヶ月近くの休養明け。休んでいる間には、同じく1週目の新馬戦でデビューした後休養に入らず2勝目を挙げた馬、新潟経験がある馬、出遅れず普通に勝った馬、叩き2戦目の上積みが見込める出走間隔の馬・・・・・などなど魅力的な馬が続々出てきていましたが、それらをあっさり一蹴!
たった数ヶ月の間にとんでもない成長を見せる馬もいる今の時期の2歳戦は、見ていてとても楽しいです。

まぁ問題があるとすれば、1戦1勝の状態で重賞などに出てくる馬が多いため、新馬戦をしっかり見て素質や数ヵ月後の成長予測を見極める目が必要だということでしょうか。
正直なところ私はそのあたりがイマイチなので、2歳戦はあまり得意ではなく(汗)、もっぱら3歳か4歳以上の条件戦ばかり。
4歳以上の馬はもちろん、3歳馬も古馬混合戦が始まる初夏あたりを過ぎると3ヶ月ぐらい間隔が開いても劇的な変化を見せる馬は少なくなってきますし、以前出走したレースの内容や休養明けの成績などなど、参考になるものが2歳戦より断然多いですからね。

というわけで札幌2歳ステークスのアラバスターは、個人的にこっそり応援するだけにしておくとして(笑)、土曜の推奨馬は「新潟8R 3歳以上500万下(牝)」に1枠1番で出走する、約3ヵ月ぶりの3歳牝馬エクストラファインです。

ついさっき「参考になるレースが多い3歳以上の条件戦」といった話を書いたばかりで恐縮ですが(苦笑)、この馬はここが『初の古馬相手』で『初ダート』。

加えて休養前に走った最後のレース「5月23日(土)カーネーションカップ」は、オークスと同じ週に開催された、3歳牝馬限定の芝の1800m戦。惜しくもオークスへの出走権を得ることが出来なかった馬が集う、いわゆる『残念オークス』のようなレースだったわけですが、そこで逃げに逃げて2着というのはなかなかの成績と言えるでしょう。実際この時負かした馬の中には、既に古馬相手に結果を残している馬もいますからね。

つまりこのエクストラファインも、そのまま芝のレースを狙っていれば十分勝ち負けが狙えたと予測できますが、敢えてここでダート戦に挑む理由は単純明快、『合いそうだから』です。

デビュー当時から「ダートの方が合うのでは」という意見が出ていたそうですが、2歳から3歳春にかけての中央のレースはクラシック路線の方が圧倒的に充実。走れるものなら芝で走った方が選択肢が断然豊富ですし、芝の新馬戦を勝てた時点で『とりあえずこのまま芝路線を進もう』となるのはある意味当然と言えるでしょう。

そういうわけでそのまま芝で出走を続けていましたが、デビュー3戦目の春菜賞ではやや重の馬場を全く苦にせず、前の馬が跳ね上げる泥を被っても全く問題無しと、ダート適性の片鱗を披露。前走の芝2着も意に介せず、予定通り「復帰戦からはダート戦」というプランを実行に移した、というわけです。

もし仮に今回この馬が芝で出走していたとすれば恐らくそれなりの人気を集めたでしょうが、今のところ実績が無い『初ダート』ということで多少は落ち着いた人気になりそうな気配。陣営が密かに「ぶっ千切るのでは」と期待しているそうですし、ダート初戦から要注目です!

印の方は

◎①エクストラファイン
〇⑨ヴィスビー
▲⑥イデアオブクィーン
△④ヒムカ
△⑬フォークスグローブ
△⑩スカーボロフェア

で、◎からの馬連と馬単を。もし単勝が4倍以上付くようなら、単勝も購入しようかと考えています。

以上、3号でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line