TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】9月5日(土)札幌9R・小倉12R・札幌2歳S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】9月5日(土)札幌9R・小倉12R・札幌2歳S予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

長かった夏競馬もいよいよ今週でフィナーレ。
札幌、小倉の各競馬場では2歳チャンピオン決定戦が行われます。

いっぽうの2歳ダート路線は、いまだオープン特別さえ行われていません。
こちらは秋以降のお楽しみですね。。

さて。
明日の予想に行く前に、札幌メインの札幌2歳S(GIII)について少しだけ。
相変わらず芝のレースには興味が薄いのですが、2歳戦に強い騎手、種牡馬に興味があり、先週に続きデータを取ってみました。

-----------------------------
☆札幌2歳Sピンポイントデータ室(※対象は2010~14年)☆

※連=連対率、単回=回収値単

■まずは、札幌芝2歳戦限定の騎手成績から

・1位 池添
 (9-10-8-29/56、連34%、単回70)

・2位 勝浦
 (9-8-7-50/74、連23%、単回111)

・3位 四位
 (9-6-5-25/45、連33%、単回149)

明日騎乗予定の3騎手がランクインしていますね。
他に9勝を挙げている騎手は秋山、吉田隼の2人。

■次に、札幌芝2歳戦限定の種牡馬成績

・1位 ディープインパクト
 (10-10-4-16/40、連50%、単回118)

・2位 キングカメハメハ
 (8-4-9-23/44、連27%、単回92)

・3位 ネオユニヴァース
 (6-4-4-30/44、連23%、単回80)

追加で今回複数の産駒が出走する種牡馬

・4位 ハーツクライ
 (6-2-4-10/22、連36%、単回269)

・10位 ハービンジャー
 (4-1-1-12/18、連28%、単回62)

■最後に、札幌芝2歳戦限定の母父成績

・1位 サンデーサイレンス
 (18-15-17-79/129、連26%、単回100)

・2位 サクラバクシンオー
 (7-2-3-21/33、連27%、単回201)

・3位 ダンスインザダーク
 (4-5-4-25/38、連24%、単回270)

※2位にサクラバクシンオーが入っていますが、距離不問のデータなので注意してください。

-----------------------------

以上がデータになります。
ただし、データはあくまでデータということで。
先週の新潟2歳Sでは、騎手データ3位の田辺騎手が優勝。
ロードクエストの父マツリダゴッホは、種牡馬データ圏外(4位以下)でした。


それでは明日の予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート1700mで行われる札幌9R『3歳上500万円以下』。
明日はダートの特別戦がないので、平場レースの予想となります。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。
スタート地点は、スタンド前の直線入り口付近。最初のコーナーまでは241mとあまり距離はない。
全体的に起伏がなく、基本的には先行馬が有利。
ただし、3~4コーナーが平坦なため、函館コースよりは捲りが決まりやすいのが特徴。
函館、札幌と同じイメージで馬券を買うと失敗するケースも多く、特に函館で差しが届かなかった馬の巻き返しには注意したい。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★札幌ダート1700m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ロベルト系シンボリクリスエス(15勝)
・勝率 :サンデー系ディープインパクト(約17%)
・連対率:サンデー系ダンスインザダーク(約28%)※勝ち数は9位
・単回収:サンデー系ゴールドアリュール(回収値135)※勝ち数は3位
・複回収:サンデー系ゴールドアリュール(回収値106)

勝ち数ベスト1のシンボリクリスエスは勝率も14%(2位)で優秀。
その他では、ベスト10に7頭もランクインしているサンデー系が優勢。
中でも勝率1位のディープインパクトは、ダートにしては珍しく勝ち数も7位にランクイン。
回収値は、1位のゴールドアリュール以外100オーバーがおらず、穴馬はスズカマンボやマイネルセレクトといった下位の種牡馬に多い。

★☆土曜札幌9R・『3歳上500万円以下』の予想☆★

※今回は特別競走ではないので、過去のレースデータの紹介はありません。

今年の札幌開催も今週で最後。
そこで、今回は今年行われた札幌1700mのレースから目に付いたデータを基に、本命馬を探してみたい。

まず、種牡馬データで目に付いたのは、アグネスデジタル産駒とマンハッタンカフェ産駒の活躍。
アグネスデジタル産駒はこれまで(3-2-1-2/8、連対率63%、複勝率75%)という成績。
いっぽうマンハッタンカフェ産駒は(2-4-3-7/16、連対率38%、複勝率56%)という成績で、いずれも好調だ。

次に、騎手データで目に付いたのは、三浦騎手と福永騎手の活躍。
三浦騎手はこれまで(6-2-2-8/18、連対率44%、複勝率56%)という成績。
いっぽう福永騎手は(5-0-4-10/19、連対率26%、複勝率47%)という成績で、この二人の好調ぶりにも要注目。

このデータを基に今回のメンバーを見渡すと、狙ってみたくなるのは以下の3頭。

・マンハッタンカフェ産駒レッドアライヴ
・三浦騎手の乗るアクアマリンブレス
・福永騎手の乗るレインボーソング


☆札幌9R・結論☆
 ◎⑦レッドアライヴ
 ○⑩レインボーソング
 ▲②ゴールドシェンロン
 △④アクアマリンブレス
 △⑤ジュガンティーヤ
 △⑥エグランティーナ
 △⑪ショウナンガッチャ
 △⑫ランディングバース

今回、本命に推したいのは◎レッドアライヴ。
前走はスタート一息で後方からの競馬となり、最後に捲って先団に取り付くも0.1秒差の3着に惜敗。
ただし、4角では5頭分はあろうかという大外を回しての捲りだった。
それだけに、すぐ内にいた勝ち馬とポジションが逆だったら、もっと際どい勝負になっていたはず。
今回はスムーズにスタートさえ切れればもう一押しがききそうで、馬場が良馬場にまで回復すれば、差し脚が届くチャンスも高まるだろう。
毎年北海道開催で良績を残す藤田騎手にとっても、今年最後の札幌ダート騎乗になるので、是非とも頑張ってもらいたい。

○は、前走2着で現級突破にメドを立てた3歳馬レインボーソング。
前走の勝ち馬シーリーヴェールは、500万では力上位だった実力馬。その馬と0.4秒差なら、ここでも十分勝負になる。

▲は、降級初戦となるゴールドシェンロン。
休養明けのため少し割り引いたが、これまで戦ってきた相手に比べれば、今回は1~2枚は落ちるメンバー構成。
いきなりから好勝負しても、全く不思議はない。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単
 単勝⑦
 馬単⑦ ⇔ ⑩②④⑤⑥⑪⑫

少額で3連単フォーメーション(36点)
 1着⑦⑩②
 2着⑦⑩②
 3着⑦⑩②④⑤⑥⑪⑫

※実績データは2015/01/01~2015/08/30に行われた札幌ダート1700mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の土曜小倉12R『3歳以上500万下』の予想☆★

おまけは、小倉ダート1700mで行われる『3歳以上500万下』をピックアップ。

このレースは、トータルヒート、スーサンジョイという500万下でも実績上位だった馬と小差の競馬を続けた◎コズミックショアが中心。
ただし、鞍上の松山騎手は、今夏の小倉開催でこのコース(1-3-0-21/25、連対率16%)とマズマズの成績を残しているが、2着が多い。
コズミックショアも後ろから行く馬だけに、取りこぼす可能性は少なくないだろう。
そのため3連単では、この馬を2、3着に固定した馬券で勝負してみたい。

なお、相手候補には、圏内と思われる馬をピックアップした。

☆小倉12R・結論☆
 ◎⑥コズミックショア
 ○⑭ユイマール
 ▲⑧カシノランド
 ☆⑯タガノコルコバード
 △④サクラテイオー
 △⑤サンライズレーヴ
 △⑦カノヤプレジデント
 △⑫マジカルツアー

馬券の本線は馬単
 ⑥ ⇔ ⑭⑧⑯④⑤⑦⑫へ

少額で3連単フォーメーション(36点)
 1着⑭⑧⑯
 2着⑥
 3着⑭⑧⑯④⑤⑦⑫

 1着⑭⑧⑯
 2着⑭⑧⑯④⑤⑦⑫
 3着⑥

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line