TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】9月6日(日)丹頂S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】9月6日(日)丹頂S予想

馬キュレ
■札幌11R 丹頂S
芝右2600m(C)
3歳上OP ハンデ

【コース分析】
※2010年からのデータ、並びに近3年データはこちらでご覧ください。
コース分析

【レース分析】
※札幌で行われた12、14年の丹頂Sの傾向

結果
14年 ①⇒⑧⇒⑥⇒⑪⇒⑨
12年 ⑥⇒①⇒⑫⇒⑦⇒⑪
※数字は人気

2年共に①人気が連対を確保しているものの、その他②人気から⑤人気までは掲示板確保もかなわず。

ステップ
連対馬4頭中3頭が前走札幌。例外は12年の①人気2着馬コスモロビン。

札幌実績
連対馬4頭の中で札幌での勝利経験があったのは1頭のみ。残りの3頭は出走していても掲示板さえ確保できておらず。昨年の勝ち馬タマモベストプレイは札幌初出走でした。

斤量
48kg(0.0.0.1)
50kg(1.0.0.2)
51kg(0.0.1.1)
52kg(0.0.0.6)
53kg(0.1.1.4)
54kg(0.0.0.4)
55kg(1.1.0.2)
56kg(0.0.0.2)

血統
14年
1着 フジキセキ×ノーザンテースト
2着 ステイゴールド×エルハーブ
3着 オペラハウス×サクラユタカオー

12年
1着 Motivator×Shirley Heights
2着 ゼンノロブロイ×ジェイドロバリー
3着 イーグルカフェ×Sadler's Wells

サンデーの血を持つ馬が6頭中3頭おりますが、それ以上に目立つのが、ノーザンダンサーの血をもつ出走馬。ノーザンテースト系やダンジグ系、サドラーズウェルズ系と、12年の2着コスモロビンを抜かして5頭が父or母父がノーザンダンサーの血を持つ系統の馬(コスモロビンに関しても、5代前にノーザンダンサー)

以上の傾向を踏まえ、最終結論へ

今年の丹頂Sですが、出走メンバー14頭中13頭の父がSS系。残り1頭もタニノギムレットでロベルト系と、父系は全てヘイルトゥリーズンの流れを組む出走馬。
レース分析で見ると、ノーザンダンサー系の流れをくむ母父を持っている馬の成績が良く、自然と7頭まで絞られます。

そして前走を見ると、最も馬券圏内馬が多いのが札幌日経OP組。
以上を踏まえ、最終的な本命は…

◎タマモベストプレイ

昨年の覇者タマモベストプレイ。TOPハンデではありますが、このメンバーならやむなしでしょう。津村騎手もこの馬の為に札幌で騎乗。前走はペルーサに上手い事やられてしまいましたが、この条件でこの馬は他の出走馬に強調材料が無い限り素直に買いでしょう。

◎⑥タマモベストプレイ
○③ヒラボクディープ
▲⑧ネコタイショウ
☆⑫カンタベリーナイト
△⑤ヴァーゲンザイル
△④プレミアムタイム
△①スピリッツミノル

≪買い方≫
“本線”
馬単
⑥⇒③⑧⑫⑤④①

3連複
⑥-③⑧⑫⑤④①

  “少額で”
3連単F
1着 ⑥③⑧
2着 ⑥③⑧⑫
3着 ⑥③⑧⑫⑤④①


9月6日(日)小倉11R予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】9月6日(日)小倉2歳S予想
9月6日(日)新潟11予想はこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】9月6日(日)新潟記念予想


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line