TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】新潟記念予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】新潟記念予想

馬キュレ
どうも!覆面馬主1号です!

明日、夏の終わりを告げるファンファーレが鳴る。新潟記念だ!

少し荒れ始めた緑のじゅうたん、その上の景色が、蜃気楼のように、陽炎のようにユラユラ揺れて見える。湿り気を含んだ少々重い空気が、競馬場を包んでいる。そんな淀んだ残暑を切り裂く末脚比べが、オレは大好きだ。

昨年は、ディープインパクト産駒のワンツースリー。見事に、1~3着がディープの仔。2着だったクランモンタナは、今年も参戦している。

今年もディープ産駒は、全部で5頭参戦。ダコールがトップハンデの58キロだ。

このレース、新潟2000mは、特殊なレース。
上がり3ハロン32秒台での決着で、速い脚の持続力勝負。究極の切れ味勝負だ。

だから、ディープ産駒は、向いてるんだろうな。
じゃあ、この18頭で、一番末脚が切れるのは、一体どの馬だろうか・・?

とりあえず、上がり3ハロンの最速時計を持ってるのは、マジェスティハーツ。前走の関屋記念でマークした、32秒4。
2000mで見ると、ダコールか、ユールシンギングかってとこか。そもそも1600mや1800mを使ってル馬も多いので、一概には言えないが・・。

血統的にみると、サンデーサイレンス系が圧倒的で、母父は、ノーザンダンサー系が良い。ま、とっても普通な話だな。

コース分析ができれば馬券は当たる!【新潟芝2000m(外)】

そんなこんなで、オレの結論なんだけど・・・

◎9 マジェスティハーツ
〇16メドウラーク
▲7 ダコール
☆10ミュゼスルタン
△8 クランモンタナ
△17アヴニールマルシェ
△15スイートサルサ
△5 ユールシンギング

マジェスティハーツは、ラブリーデイの2着した鳴尾記念で一皮むけた印象がある。馬が、やる気になっている。成長力あるハーツクライ産駒、関屋記念の2着だが、距離はあった方がいいタイプ。ここは、まず、勝ち負けとみた。
相手は、5連勝が圧巻のメドウラーク。3歳勢は、このトリッキーなコースで、3着までだろうと読んだ。

馬券は、マジェスティハーツの単複、馬連と馬単。これで勝負!

1号、以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line