TOP > レース > ふなっしー、こじはるが的中!2014年皐月賞 予想結果まとめ!
レース

ふなっしー、こじはるが的中!2014年皐月賞 予想結果まとめ!

例年以上に大混戦だった2014年皐月賞。各サイトの予想結果はどうだったのかをまとめてみた。
競走馬

2014年の皐月賞を制したのはイスラボニータ

inyofu 鮮やかに牡馬クラシック1冠目を制した。中団の外めで折り合った2番人気のイスラボニータが、直線で1番人気トゥザワールドの外からきれいに抜け出し1分59秒6のタイムで完勝。初の右回り、距離2000メートルも難なく克服し、父フジキセキに初のクラシックタイトルをもたらした。
inyofu 「強い馬だと信じて乗りました。新馬戦以外では一番折り合って運べたし、早めに動いてもこれならしのげると思って行きました」と、これが皐月賞の初Vとなった蛯名正義騎手は大きくうなずく。これで6戦5勝。昨夏の新潟2歳Sで桜花賞馬ハープスターの2着に敗れた以外は、全て1着でゴール板を貫いてきた。「東京コースの方がさらに持ち味が生きると思う」と、自身初制覇がかかるダービー(6月1日・東京)の舞台を見据えた。

動画で振り返る2014年皐月賞

動画を見る

アンカツも大絶賛

ついに悲願を達成したフジキセキ産駒

inyofu フジキセキ産駒“最後の世代”から、ついにクラシックホースが誕生した。 「フジキセキといえば、新潟の新馬戦に自分が乗って勝ってるんですよね。その最後の産駒でクラシック馬が出てきた。しかも自分が乗って勝つなんて、これも何かの縁なのかな」  蛯名が噛みしめるように語った。
フジキセキ産駒がクラシック制覇を達成したのは、これが初めて。
フジキセキは2011年以降は種付けを行っていないため、実質的に現3歳世代が最後の産駒となる。

3連複的中の「うまなり研究所」

inyofu 皐月賞は△◎○で3連複的中。土曜の馬場を見て、イスラボニータの狙いを下げたのですが、日曜は土曜よりも時計が出ていましたので、直前にイスラボニータ絡みの買い目を少しだけ買い足しました。かなり手広く行っていましたが何とか利益が出て一安心です。

あのふなっしーも見事!?予想的中

inyofu 千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーが20日、福島競馬場のイベントに登場し、メーンレースの表彰式でプレゼンターを務めた。この日、中山競馬場で行われた牡馬クラシック初戦のG1・皐月賞を“ふなっしー”にちなんで2、7、4番の単勝を購入、2番人気のイスラボニータが勝利し、見事に的中させた。単勝(2)は5・1倍の配当となっている。

AKB48の小嶋陽菜も見事的中!「うまズキッ!」

inyofu フジテレビ系の競馬バラエティ「うまズキッ!」のレギュラー陣予想は、AKB48の小嶋陽菜がイスラボニータを本命にし見事的中。初の右回りも唯一の重賞2勝馬という読みが当たった。乃木坂46の白石麻衣は、先週の桜花賞を勝った川田騎手が鞍上で、4連勝中という理由からトゥザワールドを予想していたが惜しくも2着。おぎやはぎ矢作も同じ予想。小木は3番人気トーセンスターダムを予想していたが、11着に敗れた。

 また、今週は今年5戦2勝と好調の「こじはる必殺!3連単ボックス」も行われたが、本命のイスラボニータ以外を当てることができなかった。

◎イスラボニータではあったものの、3着の予想次第 「競馬予想の達人」

inyofu 内枠に入り、先行策を取りながらも速い上がりが使えるイスラボニータを本命に推します。

○  1番 ワンアンドオンリー
▲ 11番 ロサギガンティア
△ 17番 トゥザワールド
☆ ○番 この馬は外せない!

【皐月賞の買い目】
・3連単フォーメーション
1着 2
2着 1、11、17、○
3着 1、11、17、○

渾身の12点勝負です。
☆にしていた馬が果たしてウインフルブルームだったかどうかが気になるところだが、かなり食い込んだ予想であったことには間違いない。

◎トゥザワールド△ウインフルブルーム 結果はいかに?「激走!データ競馬ブログ」

inyofu 《ポイント》
弥生賞とスプリングSのローテの馬が良い傾向。
特に勝ち馬に注目。

スプリングS組は4着以下で(0-1-0-27)なので
基本的に着順上位が良さそう。

弥生賞組も着順上位だった馬が良い傾向ですが
当日もチェック。
8番人気以下で(0-0-0-18)と穴馬は来ていません。
inyofu 以上のデータから…
◎トゥザワールド
○ワンアンドオンリー
▲アドマイヤデウス
△ウインフルブルーム

ゲストの小橋建太が馬連で的中 「イチオシ大予想TV 馬キュン!」

動画を見る
馬キュンカードでイスラボニータの裏情報が紹介されつつも、
今回の馬キュン!メンバーの1着予想は惜しい結果となった。
唯一ゲストの小橋建太が1着トゥザワールド予想、対抗馬としてイスラボニータを推していた。
馬連では見事的中の結果となった。

ウインフルブルームの×評価が惜しい 「こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!」

inyofu 少々、変則的な買い方になりますが、印をつけるとこうなります。

◎ワンアンドオンリー
◎イスラボニータ
◎アデイインザライフ
○トゥザワールド
穴キングズオブザサン 馬連、馬単を買うのであればこの5頭を中心に買いたいと思います。
トゥザワールド2着固定で上記◎3頭を1着で買う馬単が本線、上記◎3頭の馬単BOX6点とトゥザワールドが3着だった場合は配当もつきそうですし手広く◎→穴△×(△×評価馬は下↓)の馬単フォーメーションが次点の馬券になりそうです。
inyofu 3連馬券のの3着候補に△、その中でも押さえの押さえを×だとすると、

△ロサギガンティア
△アジアエクスプレス
△アドマイヤデウス
×ウインフルブルーム
×クラリティシチー
×トーセンスターダム

という評価順になりました。
3連単はフォーメーションで買おうかと思っています。
3着だったウインフルブルームの×予想が当日のパドック観覧後、どのような予想に変わったのかにも依るが、
ノーマークだった場合、惜しい結果となったかもしれない。

大混戦と言われていただけあって、どのブログ・サイトも1着予想が難航していた。
見事勝利を納めたフジキセキ産駒“最後の世代”であるイスラボニータ。
次に目指すクラシック二冠目にして、競走馬最大の目標となる日本ダービーに向けての期待が高まる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line