TOP > > 男・藤田伸二の後世に残したい名語録集!!

男・藤田伸二の後世に残したい名語録集!!

25年にも及ぶ過酷な騎手生活や私生活から、後世に残したい名語録をピックアップ!
馬キュレ

「それは見てませんでしたね・・・・」

※狙い馬である穴馬を力説するも、女性ゲストに初コースであることを指摘され。
動画を見る

『馬9、騎手1って感じ・・・ああ、負け惜しみさ』

※女性陣との馬券対決に敗れ
動画を見る

いつも勝てると思ったら大間違いだゾ

動画を見る
※武豊騎手とのGIレース都合4度の1・2(ワンツー)決着のなかで、その全てにおいて先着している事実が明るみになった際に

名言の宝庫!「騎手の一分」より

inyofu 間違っていることは、間違っていると言いたい

inyofu 今、現役の騎手で岡部さん(岡部幸雄)の持つ技術に近いのは、カッちゃん(田中勝春騎手)ぐらい。
inyofu 毎年1月1日の段階で誰がその年のリーディングを取るか、だいたい見当がついてしまう。
今は「馬七分人三分」ではなく「エージェント十分」といっても大袈裟じゃない。
※現状の騎手制度を憂いて

inyofu 「これでどっちも、あの勝負服は着ないね」
※とある件について武豊騎手とのやりとり

inyofu 「競馬って強い馬に乗ったらこんなに簡単なんだ」
※デビュー1年目、師走の重賞ラジオたんぱ杯3歳S(当時)をノーザンコンダクトで勝利して

inyofu ゴール直前の2完歩のところで手綱をぐいっと引っ張り、ラスト1完歩のところで弓矢を放つようにふっと手を緩めると、着差0.0秒、ハナ差わず か1センチで熊沢さんのエイシンワシントンに勝っている。
あれだけギリギリの激しいせめぎあいをしている中で、これだけ冷静な判断を下し、それを実行に移す技術は、おそらくユタカ(武豊)さんにもないんじ ゃないか。
※96年スプリンターズSを神憑り的騎乗でフラワーパークを優勝に導いた田原成貴元騎手を指して

inyofu 同じ騎手として、俺はああいう人のことを生粋のプロというのだと思う。まさに天才。なりたくて努力でなれるもんじゃない。そんな騎手は今 の競馬界にはいなくなってしまった。
※同じく、田原元騎手を指して。

inyofu 馬の邪魔をしないことが、「カッコよさ」とか「美しさ」に繋がると思うし、最終的には馬の「強さ」を最大限に引き出すためにも必要なこと だと俺は信じている。
inyofu 「人乗ってねぇじゃねえか!(笑)」
※逃げ馬に跨りハナ主導、すごく競ってくる馬がいると思い、後ろを振り返ったらカラ馬だった際に出た一言。

inyofu 正直、乗り替わった後は「負けろ、負けろ」ってずっと思っていた。
で、あの馬は孝行娘っていうのかな、それとも俺に筋を通したのか、他の騎手で1勝もできずに繁殖入りしたよ。
※GI馬タケノベルベットの乗り替わりに際し。

inyofu 彼らこそが「諸悪の根源」だと思っている。
※その核心にふれ

inyofu 「これまで応援してくれてありがとう」という感謝の気持ちがすごく強い。
赤ペンを差しているようなコアな男のファンが多かったから、もうちょっと女の子のファンが欲しかったなぁ(笑)

ヤンチャ水

自身が生み出した酒類全般を指した造語

よろしいやん

馬キュレ
出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5a/43/bf365dc0882cbb2076163bea3101ccb3.jpg

まだある!自身の公式ブログ「藤田伸二の男道」より

inyofu ゲロイロ
※高松宮&スプリンターズSの短距離2冠を勝ったローレルゲレイロの愛称

inyofu 仲の悪い騎手はいない!

inyofu 何度も言うが言い訳でなくもう一度同じ場面に出くわしても俺はこうしか乗れなかっただろう。是非とも競馬騎乗経験者に清く正しいジャッジ をして頂きたいものだ。迷惑かけた馬達と馬主さん、騎手、厩舎関係者、ファンの皆さんには心から申し訳ないと思っています。けど周りから何を言わ れようが、どう感じ取られようが結構ですが、この度の騎乗停止という現実は-死ぬまで納得いかないでしょう。-どう思われようがいいんです。今回だ けは一人でも多くのファンの皆さんに伝えなくてはいけないと思ったのでぺンを持ちました。二度と同じ思いは他の仲間にはさせたくない。

inyofu 乗り役人生、俺を唯一涙させた馬や!
※公式ブログにてファンからシルクジャスティスとは?と問われ

inyofu 与えられた仕事を全力で皆さんに観てもらって、少しでも元気づけられたら…と思い頑張ります。
※2011年3月、東日本大地震発生以降、はじめて行なわれた競馬開催を前にして自身のブログで発信した文言。


時には競馬界に一石を投じ、時には波紋を投げかけてきた名言・珍言の数々。ただ、25年間の騎手生活、頑なに己の信念を貫き通してきた藤田騎手だか らこそ、生まれでた言葉であることはいうまでもありません。
まだまだこれ以外にも心に染み渡る名言は数知れず。機会さえあれば随時、このうまキュレでも掲載していきます。是非楽しみにしていてください。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line