TOP > レース > スプリンターズS前哨戦!今年は古馬が熱い!!第29回【セントウルステークス】
レース

スプリンターズS前哨戦!今年は古馬が熱い!!第29回【セントウルステークス】

2015年9月13日(日)に阪神競馬場で行われる芝1200メートルのGIIレース、サマースプリントシリーズ 第29回【セントウルステークス】。
秋の短距離王決定戦につながるサマースプリントシリーズ最終戦であるこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【セントウルステークス】歴史!

inyofu 1987年に4歳(現3歳)以上の別定重量で争われる重賞競走『セントウルステークス』として創設され、第1回は阪神競馬場の芝1400mで行われた。創設当初は1400mの距離で行われていたが、2000年に短距離路線の整備により1200mに短縮され、スプリンターズSの重要な前哨戦として位置付けされた。
inyofu 本競走は創設時からGIII に格付けされていたが、2006年にGII に格上げされるとともに、同年に創設された『サマースプリントシリーズ』の最終戦(第6戦、2011年までは第5戦)に指定されている。2006年のシーイズトウショウ、2007年のサンアディユ、2008年のカノヤザクラ、2011年のエーシンヴァーゴウ、2013年のハクサンムーン、2014年のリトルゲルダとこのレースの優勝馬は過去6度シリーズチャンピオンに輝いているほか、2009年4着のカノヤザクラは4ポイントを加算して合計18ポイントを獲得、『サマースプリントシリーズ』2連覇を成し遂げた。
サマースプリントシリーズの最終戦に指定されて以来、優勝馬から数多くのサマースプリントシリーズチャンピオンを生み出してきた【セントウルステークス】。また、2005年に世界初の国際スプリントシリーズとなるグローバルスプリントチャレンジが創設されたが、2010年まで本競走はその第5戦に指定されていた。

【セントウルステークス】レースレコード!

セントウルステークスのレースレコードは、2002年にビリーヴが記録した1:07.1である。ビリーヴは次走GIスプリンターズSを制し、翌年のGI高松宮記念も制し、2003年のJRA賞最優秀4歳以上牝馬に選ばれた。

2014年【セントウルステークス】

昨年の【セントウルステークス】では、4番人気【リトルゲルダ】が圧倒的1番人気【ハクサンムーン】に競り勝ち、勝利した。

↓【セントウルステークス】過去5年のレース映像はこちら↓

【セントウルステークス】レース傾向

inyofu 過去2走以内に重賞で好走していた馬が狙い目
過去10年の出走馬が過去2走以内に出走していた重賞での最高着順別に成績を調べると、連対馬延べ20頭中16頭は過去2走以内に重賞で3着以内に入ったことのある馬だった。過去2走で重賞に出走していなかった馬は2頭連対しているが、この2頭はサマーシリーズが創設される前の2005年の1着馬ゴールデンキャストと同2着馬ホーマンテキーラで、2006年以降の勝ち馬9頭は、すべて過去2走以内に重賞で3着以内に入っていた。好走率の比較からも、過去2走以内に重賞で上位に食い込んだ実績を持つ馬を重視したい。
inyofu 前走の単勝人気に注目
過去10年の前走の単勝人気別成績を調べると、前走で「1番人気」だった馬が3着内率で50%を超える高い数値をマークしている。また、前走「2番人気」馬が3勝を挙げて勝率20.0%をマークしており、前走で上位人気に支持されていた馬の活躍が目立っている。その一方で、前走「3~5番人気」馬は延べ35頭が出走しているものの、わずか1勝(勝率2.9%)にとどまっていることから、当レースでは前走で2番人気以内に支持されていた馬に注目したい。
inyofu 夏のスプリント重賞への出走歴も要チェック
サマースプリントシリーズが創設された2006年以降の過去9年のセントウルS出走馬について、同年のアイビスサマーダッシュと北九州記念への出走歴を調べてみると、優勝馬9頭中8頭は、少なくともどちらかのレースに出走していた。なかでも、アイビスサマーダッシュにのみ出走していた馬が、好走率でトップの数値をマークしている。ちなみに、2着には「2レースとも不出走」の馬が7頭入っているが、そのうち3頭が海外調教馬で、残る4頭の日本馬は7、8月を休養に充てた馬だった。
inyofu 直近で大敗していない馬が連勝中
2011年以降の過去4年の優勝馬は、直近で敗戦したレースで勝ち馬とのタイム差が「0秒2以内」だった。直近で敗戦したレースで勝ち馬に大きく離されず、接戦に持ち込むだけの好調さや実力を有している馬が勝ち切っているようだ。
【セントウルステークス】のレース傾向では、【過去2走以内に重賞で3着以内に入った】【前走で2番人気以内】【同年のアイビスサマーダッシュか北九州記念に出走】【直近で敗戦したレースで勝ち馬とのタイム差が0秒2以内】の競走馬が好走する傾向にある。はたして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか?

第29回【セントウルステークス】登録馬!

inyofu ■ 以下、出走可能

 ストレイトガール …55.0
 ハクサンムーン …56.0
 リトルゲルダ …55.0
 ウリウリ …54.0
 サカジロロイヤル …56.0
 アースソニック …56.0
 マヤノリュウジン …56.0
 バーバラ …54.0
 ミッキーラブソング …56.0
 マテンロウハピネス …54.0
 アクティブミノル …54.0
 メイショウツガル …56.0
 マイネルエテルネル …56.0
 ハナノシンノスケ …56.0
 メイショウイザヨイ …54.0
 ルチャドルアスール …56.0


 ■ 以下、除外対象

 ブランダムール …54.0
 ダブルスター …56.0
 プリムラブルガリス …56.0
 ホウライアキコ …54.0
今年はフルゲート16頭に対して20頭が登録されているセントウルステークス。ヴィクトリアマイルを制したストレイトガールや本競争で好成績を残しているハクサンムーンなど、豪華なメンバーが集まった。

第29回【セントウルステークス】予想オッズ!

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 ウリウリ 2.9
2 ストレイトガール 3.0
3 ハクサンムーン 3.4
4 リトルゲルダ 10.5
5 アースソニック 14.5
6 バーバラ 22.3
7 マヤノリュウジン 26.5
8 ミッキーラブソング 28.1
現時点でウリウリ、ストレイトガール、ハクサンムーンの3頭が単勝オッズ3倍前後で同程度の人気を集めている。4番人気のリトルゲルダが単勝オッズ10倍台ということを考えると、優勝争いはこの3頭か?

第29回【セントウルステークス】有力馬は!?

【過去2走以内に重賞で3着以内に入った】【前走で2番人気以内】【直近で敗戦したレースで勝ち馬とのタイム差が0秒2以内】ウリウリ
inyofu ウリウリ(牝5・藤原英昭)は、前走で『サマースプリントシリーズ』第2戦のCBC賞を優勝しており、本レースを勝てば同シリーズのチャンピオンに輝く。今回は約2か月余りの休み明けで迎える一戦。中間の調整の内容から、目標はこの先のGI・スプリンターズSという印象こそ受けるものの、調教の本数の割に太めを感じさせない馬体で、2日に栗東Dコース(芝)で行われた1週前追い切りでも回転の速いフットワークを見せていた。これなら、力を発揮できる状態でレースに臨めそうだ。今回、前走に続いて重賞連勝を決めるようなら、本番のスプリンターズSでも注目を集める存在になるだろう。
【過去2走以内に重賞で3着以内に入った】ストレイトガール
inyofu 今年のヴィクトリアマイルを制したストレイトガール(牝6・藤原英昭)も、約4か月の休み明けで今回のレースに臨む。2日に栗東CWコースで行われた1週前追い切りでは、6ハロン79秒3の好時計をマーク。併走馬を一気に突き放す豪快な動きを披露した。もともと追い切りでいい動きを見せるタイプであることを考慮しても、文句のない仕上がりと判断していいだろう。本馬は、秋の芝・短距離路線の主役候補と言える一頭。まずはスプリンターズS制覇を目指して、注目の秋初戦を迎える。
【過去2走以内に重賞で3着以内に入った】【直近で敗戦したレースで勝ち馬とのタイム差が0秒2以内】ハクサンムーン
inyofu 今年でセントウルSに3年連続の参戦になるハクサンムーン(牡6・西園正都)。一昨年は夏競馬を使われたうえでの出走で見事優勝したが、昨年は秋競馬の始動戦として出走し2着に敗れた。今年も前走の高松宮記念(2着)から5か月半の休み明けとなる点は、少し気になるところだ。しかし、本馬は暑い時季の方が馬体を作りやすいタイプ。3日に栗東坂路で行われた1週前追い切りは4ハロン55秒2、ラスト1ハロン11秒7と全体の数字は目立たないが、調教時間終了間際の時計を要する時間帯にマークされたもので、仕上がりに不安はない。今回、前哨戦をきっちりと制し、念願のGI 制覇に弾みをつけたいところだ。

2015年9月13日(日)に阪神競馬場で行われる芝1200メートルのGIIレース、サマースプリントシリーズ 第29回セントウルステークス。 
現状では、ウリウリ・ストレイトガール・ハクサンムーンのスプリンター3強が圧倒的人気を集めているが、それぞれに欠点があり、沈む馬もいるだろう。
ストレイトガールは前走でGI制覇したものの、阪神コースに実績がない点と休み明けという点が不安要素だ。
ウリウリはマイル路線からスプリント路線に転じて素質が開花したものの、逃げが決まりやすい開幕週なので極端な外枠を引いたら差し切れない可能性が大だ。
ハクサンムーンも休み明けながら、セントウルSでは過去に1着と2着で阪神芝は最も得意な舞台、開幕週の馬場ならスピードに乗って逃げ切る可能性も高いだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line