TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】京成杯オータムハンデ
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】京成杯オータムハンデ

馬キュレ
第61回 京成杯オータムハンデ(GⅢ)
芝1600m(B) 
コース分析ができれば馬券は当たる!【中山芝1600m(外)】
3歳上OP

※05年~14年のデータ

●傾向

1、配当と人気(波乱傾向)

過去10年で馬連の平均配当7665円。最高は09年の35760円で最低は13年の1500円。馬連万馬券は2回出ていて、3000円台~6000円台の配当が多いです。3連単の平均配当は142672円。最高は09年の677660円。最低は07年の12070円。最高配当の09年を含めて10万円台以上は4回出ています。馬連、3連単ともに配当はほぼ毎回で魅力的なレースで波乱傾向です。

単勝人気も波乱の傾向はハッキリしています。過去10年で馬券になった30頭中、1番人気で複勝圏は07年に3着が1頭いるだけ。その他の1番人気は全て圏外へ。反対に2番人気は好成績。複勝圏は8回と好成績。3~5番人気も圏内は少なくなく、1番人気よりもこちらのグループに注目です。

また、伏兵馬の活躍も多いのが特徴。10番人気以下で複勝圏は過去10年で4年4頭。人気薄でも上位台頭の可能性があります。ただ、近5年は10番人気以下の複勝圏は0回。6~9番人気の中穴勢が複勝圏で目立っています。

2.性別と年齢(5歳が優勢)

過去10年で馬券対象の30頭中、牡馬23頭、牝馬4頭、セン馬3頭。05年~07年は全馬牡馬。しかし、数字上は牡馬優勢ですが、その後は牝馬の活躍も目立ち始め、08年~14年の7年間で4頭が馬券対象。しかも4頭とも2着以内と連対しています。

ただ、08年1着キストゥヘヴンは桜花賞馬で08年の京王杯SCでも2着、09年1着ザレマは前走クイーンS2着など過去に複数回の重賞連対実績を持っていましたし、11年2着アプリコットフィズも秋華賞3着などの重賞実績がありました。また13年1着エクセレントカーヴも直前までに3連勝中と完全に上り調子。牝馬が十分勝負になるレースでも、実績や勢いは必要かもしれません。

年齢別では30頭中で、3歳7頭、4歳3頭、5歳11頭、6歳3頭、7歳5頭、8歳1頭。最多は5歳勢11頭ですが、幅広い年代が結果を出しています。

3.斤量と馬体重

ハンデ重賞らしく斤量の幅は広いく、最も軽い斤量で複勝圏に入ったのは13年1着が52キロ。最も重いのは計3頭いる58キロ。その中間の斤量もまんべんなく馬券対象になっていて、この辺りはハンデ戦らしいところです。

一方、馬体重は最軽量が13年1着馬424キロ。最高体重は09年1着馬526キロとこちらも、まんべんなく馬券対象。

ただ、馬券になった馬の馬体重と斤量の関係は気になります。斤量52キロ~53キロで複勝圏に入った馬の最低体重424キロ、斤量54キロ~55キロで複勝圏に入った馬の最低体重は434キロ、同様に斤量56キロ~57キロを背負い最低馬体重454キロと、後にGIを勝つダノンシャークを例外とすると、斤量の重さに比例して、馬券になった馬の最低体重も増えていました。

4.前走条件と着順

馬券対象の30頭で最も多かったステップは11頭と約3分の1を占める関屋記念組み。その他は、前走GI組み6頭。それ以外の重賞から6頭。OP特別と準OP組み7頭。

関屋記念で掲示板を外していた4頭(そのうち3頭は二桁着順)が、ここで巻き返しています。前走凡走でも要注意です。

また、前走GI組みは同じマイル戦の安田記念とNHKマイルC組が5頭。ダービーから1頭。13年2着ダノンシャークを除くと、GIでは歯が立たなかったメンバーが多いです。相手関係が楽になった影響で二桁着順からも一気に巻き返していようです。

前走OP特別以下の組みは7頭中5頭が1着でした。前走で負けていた馬も1頭は前走ダートを使っていただけで参考外ですし、やはり重賞以外から参戦組みは、そこで勝っていることが条件でしょう。

以上を踏まえ、現時点における評価

本命候補
シャイニープリンス
レッドアリオン

対抗候補
アルマディヴァン
グランシルク
ヤングマンパワー

穴候補
アルビアーノ
ケイティープライド
スマートオリオン
マテンロウハピネス ← 出走回避

セントウルステークスのデータはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】セントウルステークス

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line