TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】セントウルステークス
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】セントウルステークス

馬キュレ
第29回
セントウルステークス(GⅡ)
芝1200m(A) 
コース分析ができれば馬券は当たる!【阪神芝1200m】
3歳上OP

※05年~14年のデータ

●傾向

1、配当と人気

過去10年で馬連の平均配当4637円。最高は08年の16600円で最低は13年の240円。馬連万馬券は2回出ていますが、1000円台の配当が5回と一番多いです。万馬券を除けば高くても3000円台~4000円台の配当と比較的平穏。特に近3年は1番人気が全て連対していて240円~1670円と堅い決着です。

ただ、3連単は波乱がしばしば。平均配当167476円。同日のハンデ重賞・京成杯AHより高くなっています。最高配当になった08年の881820円が平均を押し上げていますが、その他にも、12年にはエピセアロームとロードカナロアが1着2着、3着に12番人気アンシェルブルーで378500円になった年もあります。10万円台以上の3連単配当は計4回あり、馬連の平穏さに比べて、紐荒れの年が珍しくありません。3連系馬券なら高配当狙いもよさそうです。

単勝人気は、1番人気が複勝圏8回と信頼度は高く、また、1番人気~3番人気の中で、どれかは例年必ず馬券圏内に入っており、上位勢総崩れまではなさそうです。ですが、人気薄の台頭も少なくなく二桁人気馬も4頭が絡み、いずれも3連単は高配当に結び付いています。

2.性別と年齢

過去10年で馬券対象の30頭中、牡馬14頭、牝馬13頭、セン馬3頭。牡馬と牝馬は拮抗していて差はありません。ただ、牝馬は09年に1着~3着。14年も1着と3着。過去10年で7勝、近5年でも3勝と勝利数なら牝馬の方が上です。

年齢別では30頭中、3歳5頭、4歳8頭、5歳10頭、6歳4頭、7歳2頭、8歳1頭。5歳をピークに6歳から減っています。また8歳馬1頭は06年の3着馬、7歳2頭はともに海外勢と日本馬は皆無。日本馬で6歳以上が連対したのは08年が最後です。

近4年の連対馬は3歳~5歳。馬券の中心に据えるならこの世代がベストでしょう。

3.馬体重

500キロ台13頭、490キロ台4頭、480キロ台8頭。過去10年で馬券対象の30頭で最軽量は464キロで11年1着の牝馬エーシンヴァーゴウ。その次が466キロで06年1着の牝馬シーイズトウショウと468キロで12年3着の牝馬アンシェルブルー。実は460キロ台はこの3頭だけ。

また470キロ台も2頭のみで、いずれも牝馬。また、牡馬(セン馬含む)の最軽量は480キロ台。とにかく馬格のいい馬が馬券圏内を占めていて、450キロ台以下は用ナシのデータ。牝馬でも490キロ台~500キロ超は6頭と性別を問わず筋骨隆々のスプリンターが好成績を残しています。

4.前走条件と着順

05年以外の06年~14年の9年間の連対馬は全て前走が重賞からのローテ。最多5勝は北九州記念組み。続いてアイビスSD組み3勝。このグループで計8勝。

また前走GI組みは過去7年で4頭(海外馬を含めると7年中6回の計6頭)が複勝圏。高松宮記念、NHKマイルC、安田記念からのステップで、久々を苦にしていません。ただ、4頭中2頭は前走のGIで連対。もう1頭も掲示板。最も悪い着順でも08年のスプリングソングがNHKマイルCで6着。直行組みでも馬券圏内に入った馬は前走GIで好成績を残しています。

重賞以外の組みでは05年を除くと3着までで連対実績はなし。狙うなら3着候補までで考えた方がよさそうです。

前走着順も概ね好走した馬がここでも好走。二桁着順から巻き返したのは過去10年間で10年のダッシャーゴーゴーただ1頭。それ以外は皆無。

特にここ6年は前述のダッシャーゴーゴーを含めても、連対馬12頭中で前走1着4頭、前走2着3頭、前走3着3頭と、12頭中10頭が3着以内と好走していました。

使われてきた馬も久々の馬も、前走で好走の馬がここでも好走傾向です。

以上を踏まえ、現時点における評価

本命候補
アースソニック ←出走回避
ウリウリ

対抗候補 ストレイトガール ハクサンムーン 穴候補
バーバラ
ミッキーラブソング
リトルゲルダ
ルチャドルアスール


京成杯オータムハンデのデータはこちら↓↓↓
こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】京成杯オータムハンデ

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line