TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】9月12日(土)阪神10R・中山10R・エニフS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】9月12日(土)阪神10R・中山10R・エニフS予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

先週は夏競馬の最終週でしたが、それ以上に話題となったのが藤田騎手の引退という衝撃的なニュース。
偶然にも藤田騎手の最後のダート騎乗となったレースで本命を打てたことは、良い想い出になりそうです(結果は惜しくも4着)。

うまキュレでは、藤田騎手の引退記念特集が組まれていますので、是非ご一読くださいね。
藤田騎手 引退記念特集はこちらから

藤田騎手の騎乗馬の中で、個人的に最も印象に残っているのがアドマイヤドン。
芝の2歳チャンピオンがクラシック3戦を戦い終えた後に、中1週でJBCへ参戦。
どうなることかと注目していたところ、結果は7馬身差の圧勝。そして、その後のダートでの活躍は、みなさまご存知のとおり。
現在は、韓国で種牡馬生活を送っていますが、トーセンアレス(南関所属)やワールドリースターなどの現役産駒たちには、ぜひ父の名を高めるような活躍を期待したいですね。

さて。
土曜日の予想に行く前に、阪神メインのエニフS(3歳上OP)について少しだけ。
このレースでは、当コラムで過去3回も本命にさせてもらったフミノファルコンを応援したいところ。
コンビを組む福永騎手は、このコースで(21-20-13-73/127、連対率32%)という好成績で、連対率はトップ。
惜敗続きだったコンビが連勝を飾った近2走は、いよいよ本格化を感じさせる好内容。OP初挑戦のここでも見劣ることはないでしょう。


それでは、明日の予想に参りましょう。
土曜日のターゲットは、ダート2000mで行われる阪神10R『鳥取特別』(3歳上1000万円以下)。
ハンデ戦ですが、52~57kgとそれほど極端なハンデ差はつきませんでした。

まずは、恒例の簡単なコース説明から。
このコースが出来たのは2006年のコース改修時と比較的最近。JRA唯一のダート2000mコースとして誕生しました。
スタート地点は芝コースだが、4角の引き込み部分だけなので、それほど距離はない。最初のコーナーまでが長く、先行争いはそれなりに激しくなりがち。
ただし、1コーナー過ぎからペースがいったん落ちやすく、最後は上がり勝負になることが多い。逃げはそれほど決まらないイメージで、決め手のある馬に注目したい。

あと、このコースの種馬馬データも載せておくので、ご活用くだされ。

★阪神ダート2000m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
 ・最多勝:ミスプロ系キングカメハメハ(5勝)
      サンデー系ゼンノロブロイ(5勝)
      サンデー系ゴールドアリュール(5勝)
 ・勝率 :リファール系キングヘイロー(約37%)
 ・連対率:リファール系キングヘイロー(約50%)
 ・単回収:ロベルト系シンボリクリスエス(回収値211)
 ・複回収:ミスプロ系ウォーエンブレム(回収値137)

過去5年で対象レースが54レースと少なく、突出した成績の種牡馬はいない。
キングヘイローが好成績なのはトウショウヘイローがこの距離で(3-1-0-0/4)と活躍した為。


★☆土曜阪神10R・『鳥取特別』の予想☆★

このレースに関しては、過去のレース分析をする以前に紹介しておきたいデータがある。

過去5年のこの時期に阪神ダート2000mで行われた条件戦では、1番人気が(7-1-0-2/10、勝率70%)という圧倒的な数字を残している。
単勝回収値も184と高く、レース傾向からは素直に1番人気を勝っておけばプラスになるレースだといえそう。

通年で見ても、阪神ダート2000mで行われた過去5年の条件戦は、1番人気が(20-5-1-13/39、勝率51%)と非常に強く、このコースは紛れが少ないのが特徴。
2着も39レース中37レースで8番人気以内の馬が来ており、人気薄の出番は殆どなさそうだ。

なお、過去5年の鳥取特別は1番人気が(4-1-0-0/5、勝率80%)という成績。
2着は、2番人気と6番人気が2回ずつとなっている。


☆阪神10R・結論☆
 ◎④プリンスダム
 ○⑥スワーヴカイザー
 ▲⑯カトラス
 △③テイエムグンカン
 △⑤トウケイウイン
 △⑦クレスコモア
 △⑮メイショウドゥーマ

今回、本命に推したいのは◎プリンスダム。
3走前にすでに現級勝ちのある実力馬で、3着に敗れた前2走はコース適性で劣った感が強い。
5月に現級勝ちを飾ったのが東京2100mだったように、距離延長と広々としたコースに変わるのは好材料。
前2走で先着を許したモズライジンが、新潟で1000万勝ちを決めているように、今回は順当にこの馬の順番だろう。
キングカメハメハ産駒は、このコース(5-4-5-38/52、勝ち数1位、連対率17%)という成績で信頼できる。

○と▲は、過去のデータから2番人気と6番人気としたいところだが、残念ながら人気は当日までわからない。
よって、対抗には降級馬○スワーヴカイザー。▲は、4月にこのコースでプリンスダムに先着しているカトラスとしておく。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

馬券の本線は単勝と馬単
 単勝④
 馬単④ ⇔ ⑥⑯③⑤⑦⑮

少額で3連単フォーメーション(30点)
 1着④
 2着⑥⑯③⑤⑦⑮
 3着⑥⑯③⑤⑦⑮

※種牡馬の実績データは2010/01/01~2015/01/01に行われた阪神ダート2000mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の土曜中山10R『鋸山特別』の予想☆★

おまけは、中山ダート1800mで行われる『鋸山特別』(3歳以上1000万下)をピックアップ。

過去4年のレース傾向では、前走福島1700mで好走した馬が4連対と好相性。

そこで、本命に推したいのはダート2戦2勝の3歳馬◎ワイドリーザワン。
とても届きそうにない絶望的な位置から、全馬をゴボウ抜きした前走が圧巻の内容。
道中は置かれてしまう点など、まだ荒削りな面が目立つが、次位に1.3秒差をつけた上がり最速の脚は強烈だった。

前走のタイムが平凡だっただけに、今回が試金石の一戦となりそうだが、その分周囲の評価も懐疑的。
強力な降級馬がいる今回は馬券的な魅力も十分あり、同馬を狙うなら今回だろう。

ただし、前走はパドックでかなりイレ込んでいたため、最終ジャッジはパドック気配をチェックしてから。

○は、1600万下でも好走歴のある実績上位馬リッカルド。
ワイドリーザワンがパドックで激しくイレ込んでいるようなら、こちらを本命に繰り上げることも考慮したい。

▲は、中山変わりで前進がありそうなアールプロセス。

☆は、このコース2戦2勝の3歳馬センチュリオン。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。

☆中山10R・結論☆
 ◎⑥ワイドリーザワン
 ○③リッカルド
 ▲⑤アールプロセス
 ☆⑬センチュリオン
 △④モルダバイト
 △⑧ダイワバロニス
 △⑩メジャーステップ
 △⑫ゴーイングベル

馬券の本線は単勝と馬単
 単勝⑥
 馬単⑥ ⇔ ③⑤⑬④⑧⑩⑫

少額で3連単フォーメーション(36点)
 1着⑥
 2着③⑤⑬
 3着③⑤⑬④⑧⑩⑫

 1着③⑤⑬
 2着⑥
 3着③⑤⑬④⑧⑩⑫


-----------------------
★☆巻末の付録・データ館☆★

今週から4回中山、阪神が開幕するということで、今回は阪神ダートコースの種牡馬成績を載せておきます。
た・だ・し・平場オンリーのデータなので、特別戦は含めません。是非ご活用ください。
※中山コース分は日曜日版に掲載いたします

★阪神ダートコース・距離別種牡馬データ★
※実績データは2010/01/01~2015/01/01の阪神ダート平場レースが対象

☆1200m
1位 サクラバクシンオー
 (18-15-7-135/175)
 勝率10%、連率19%、回収値単107、複81
2位 クロフネ
 (14-7-17-84/122)
 勝率12%、連率17%、回収値単66、複83
3位 サウスヴィグラス
 (13-11-10-126/1150)
 勝率9%、連率16%、回収値単162、複102

☆1400m
1位 キングカメハメハ
 (17-14-19-90/140)
 勝率12%、連率22%、回収値単81、複90
2位 クロフネ
 (13-13-14-114/154)
 勝率8%、連率17%、回収値単72、複56
3位 フジキセキ
 (10-6-7-88/111)
 勝率9%、連率14%、回収値単73、複63

☆1800m
1位 キングカメハメハ
 (40-26-31-248/345)
 勝率12%、連率19%、回収値単58、複87
2位 クロフネ
 (36-22-12-211/281)
 勝率13%、連率21%、回収値単75、複62
3位 シンボリクリスエス
 (27-32-31-271/361)
 勝率8%、連率16%、回収値単78、複90

☆2000m
1位 キングカメハメハ
 (5-4-5-38/52)
 勝率10%、連率17%、回収値単52、複74
2位 ゼンノロブロイ
 (5-4-1-10/20)
 勝率25%、連率45%、回収値単191、複134
3位 ゴールドアリュール
 (5-1-3-13/22)
 勝率23%、連率27%、回収値単104、複70
-----------------------

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line