TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】9月12日(土)紫苑S予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【血統の1号】9月12日(土)紫苑S予想

馬キュレ
どうも!覆面馬主1号です。それにしても、とんでもない被害になってしまった。あれほどの雨が降り続くなんて・・誰も想像出来なかったんだろうな。被災された皆様、大変でしょうけど、乗り越えてください。

さて、日本の競馬も、美浦トレセンはかなり雨の影響を受けたみたいだな。あんなに雨が降ったら、神経質な馬たちにも多少ならず影響があるんじゃなかろうか。

しかし、今年の夏は、あっという間だったな。函館、札幌開催の勝ち馬をみてみると、東が151勝、西が138勝。東の馬が勝ち鞍で上回ったのは、なんと27年ぶりだという。確かに、ずっとずっと西高東低と言われてきたが、ようやく潮目が変わってきたのかもしれないな。
ま、日本のデフレも20年で脱却出来たみたいだし、これからは、東の馬がバシバシ勝つかもしれないぞ。

さて、明日の中山メインは、紫苑ステークス!
秋華賞トライアルだな。2着までに優先出走権。この2着までってのは、ほぼ勝ちにいかないと、いけない条件だな。3着以内ってのと、2着以内ってのは、大きく違う。だから、秋華賞に出したい馬は、ここを叩いてなんて悠長な感じではない。おそらく、勝ちにくる。

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中山芝2000m】

結論は・・・

◎5 リアンドジュエリー

なんだかんだ言って、中山2000m芝は、ディープインパクト産駒が断然走るコース。テンダリーヴォイスやレトロクラシックがディープ産駒だが、この2頭、距離が未経験で、どちらかというと切れる馬。2000mのスタミナ型追い込み比べには不向きなのでは?と思う。
その点、リアンドジュエリーは、サンデーサイレンス肌のクロフネ産駒。サンデーサイレンスの血脈が補完するクロフネ産駒は、自在性がある馬が多く、距離の不安なし。実際、中山2000mで2戦2勝。開幕週の内枠を引けて、最内後方で死んだフリが出来る。ミモザ賞で勝ってる柴山騎手に手綱が戻り、ここは狙ってくるとみた。

そもそも、サラブレッドは、同じパターンを繰り返すのが好きな動物。気持ち良く走れたコースは、また同じように気持ち良く走れる。逆に、嫌なコースはどんなに好調でも走らない。この法則からいくと、リアンドジュエリーの馬券圏内は鉄板とみた。

◎5 リアンドジュエリー
〇14ゴールデンハープ
▲2 アースライズ
☆13ホワイトエレガンス
△8 レトロクラシック
△12テンダリーヴォイス
△1 ノットフォーマル
△10クインズミラーグロ

馬券は、まず、リアンドジュエリーの単複をガツンと勝負!それと、馬連、馬単を印の馬へ。

1号以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line