TOP > 競走馬 > 【2015年秋華賞】夏の疲れはない!距離の不安もない!トーセンビクトリー
競走馬

【2015年秋華賞】夏の疲れはない!距離の不安もない!トーセンビクトリー

父キングカメハメハ、母はトゥザヴィクトリーという超良血馬トーセンビクトリーがようやくGⅠの大舞台でお披露目だ。デビュー3戦目で初勝利を挙げるも骨折が判明しクラシック戦線を棒に振ったが、夏の中京開催で9か月ぶりの勝利。次の西部スポニチ賞では牡馬相手に完勝し、今回とメンバーのあまり変わらない前走のローズSで3着に好走した。手綱をとった武豊騎手も彼女の素質に目を光らせている。トーセンビクトリーの戦績をまとめてみた。
馬キュレ

【秋華賞】春のクラシックをパスしたことが今の好成績に!

inyofu 「春の骨折で棒に振ったが、あのときに無理をさせなかったのが今の成長につながっている。ここまで調整は順調です」と米田助手。前走後はプール調教で体を戻し、コースでは馬なり中心にしっかりと乗り込まれた。「気持ちはできているので当週はサッとやる程度で十分」と話した。
inyofu 重賞5勝馬トゥザグローリーの全妹で、スラッとした胴長&脚長の体形。少し立ち気味かつ長めのつなぎで、きょうだいのなかでも1、2を争う良質のクッション性がある。ストライドも大きく中距離志向だ。スピードの持続力に優れ、機動力と自在性を兼備している。
inyofu 9日には栗東坂路で4F55秒9を計時と、意欲的に調整が積まれている。無駄肉のない薄手のシルエットが、より研ぎ澄まされそうだ。理想は460キロ以上(前走454キロ)だが、最低450キロ台をキープできていれば好調と見ていい。

【茶臼山高原特別】9か月ぶりの勝利!

中団より後ろでレースを進め、直線で馬群の間を縫って抜け出し先頭に躍り出る。追い込んできたスティーグリッツの急襲を退け勝利。ちなみにスティーグリッツは次走で完勝している。
動画を見る
inyofu 1着 トーセンビクトリー(武豊騎手) 「道中の感じも良かったですし、抜け出す脚が速かったです。能力がありますね」

【西部スポニチ賞】昇級も何のその!好位から突き抜け完勝!

先団の好位でレースを進める。向正面でまくる馬が現れ淀みない展開となったが、落ち着いて脚を溜めると、直線で一気に突き抜け完勝。昇級戦ということを感じさせない、秋の活躍を期待させるレースとなった。
動画を見る
inyofu 1着 トーセンビクトリー(武豊騎手) 「落ち着いて運べましたし、馬もよくなっていました。まだまだよくなりそうですし、秋が楽しみです」

【ローズS】上位の切れに屈するも3着を死守!

良血馬が夏に2連勝を飾ったことでこの夏最大の上がり馬として注目され、オークス馬ミッキークイーンに続く2番人気の支持を受けた。好スタートを切ると、前にはいかず中団に待機。そして直線半ばまでは馬なりで大外から手応えよく進む。本馬もしっかりとした伸び脚を発揮したが、さらに外から来たタッチングスピーチとミッキークイーンに交わされ3着に入線した。
動画を見る
inyofu 3着 トーセンビクトリー(武豊騎手) 「3着でしたが、トライアルとしてはいいレースができました。小回りになる方がいいと思いますし、次が楽しみになりました」

秋華賞に強い絶好調の名手・武豊!

過去19回の秋華賞で最も馬券に絡んだ数が多いのは武豊騎手。17回騎乗して(3,2,1,11)の成績。3勝は岩田騎手と並びトップタイだ。今年コンビを組むトーセンビクトリーは2走前に小倉で古馬相手に勝利している。内回りコースの対応にも不安はなく、先行策から押し切っての勝利の可能性も十分だ。

ローズSでは後方から運んだが、小回りの条件になる秋華賞は2走前のように前で競馬をすることが濃厚だろう。秋華賞でもかなり高い評価を得ている本馬。武豊騎手の3週連続重賞制覇と重賞通算301勝目も懸かっている。母のトゥザヴィクトリー、全兄のトゥザグローリー、トゥザワールドはクラシック無冠に終わっており、兄弟の中でも遅咲きのトーセンビクトリーが一族の悲願を果たせるか大注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line