TOP > 競走馬 > 「トーセンビクトリー」力強いフットワーク!初の福島も適性は十分!【福島牝馬S】
競走馬

「トーセンビクトリー」力強いフットワーク!初の福島も適性は十分!【福島牝馬S】

父キングカメハメハ、母はトゥザヴィクトリーという超良血馬トーセンビクトリーが福島牝馬ステークスに出走する。3歳時にはローズS3着などの実績を残し、4歳秋にオープンクラス入りを果たすと昨年の中山牝馬ステークスを制覇。今年は重賞に2戦出走し、2戦とも掲示板内に入る活躍を見せている。初の福島コースとなるが、中山で見せた走りをここでも見せられるか。そんなトーセンビクトリーの戦績をまとめてみた。
トーセンビクトリー

【2017中山牝馬S】悲願の重賞初制覇!

4番枠から好スタートを切ると、外の先行馬に先手を譲りインの3番手からレースを進める。道中はうまく折り合いがつき、最後の直線ではスムーズに馬群の外に出して追い出すと、しぶとく伸びて追い比べを制し、悲願の重賞初制覇を果たした。
動画を見る
inyofu 1着 トーセンビクトリー(武豊騎手) 「強かったですね。スタートもよかったですしある程度前につけて、行く馬がいなければハナに行ってもいいと考えていました。いい手応えで運べて、スムーズに外へ出して伸びてくれれば......と思っていました。あのポジションで我慢できたというところに、成長を感じました。早くから素質を感じていましたし、まだまだやれると思います」
inyofu (角居勝彦調教師) 「血統的に期待していた馬ですし、しっかり食べてくれてトレーニングできるようになりました。この後はジョッキーとも相談しますが、賞金を加算出来たのは大きいですね」

【AJCC】牡馬相手に5着と健闘!

スタートからはあまり押していかず先行集団を見る形に。かなり縦長の展開のレースで、勝負所ではじわじわと上がっていって直線へ。外目から良い脚を使って伸びてくるも、最後は5着が精一杯であった。
動画を見る
inyofu 5着 トーセンビクトリー(田辺裕信騎手) 「先行することも考えていましたが、馬の気持ちを優先して走らせました。折り合いがついて最後も後ろからの馬には交わされていないので、よく頑張っています」

【中山牝馬S】連覇を狙うも4着...

昨年に続き連覇を狙って出走した中山牝馬S。スタートを決めて先行して5番手あたりを進んでいく。3,4コーナーでは内目でじっと我慢して、直線で外に持ち出されると馬群を割って伸びていたが、逃げ馬を捕えられず4着に終わった。
動画を見る
inyofu 4着 トーセンビクトリー(田辺裕信騎手) 「スタートが良く、最後も頑張っています。今回は積極的にポジションを取りに行ったので、最後は踏ん張り切れませんでした」

【福島牝馬S】追い切り 力強いフットワークを披露!

inyofu トーセンビクトリーは坂路追い(4ハロン53・0―12・8秒)。水分を含んだ馬場ながら力強いフットワークを披露。変わらず気配はいい。
inyofu 前川助手「気持ちは乗っているし、年齢(6歳)の割に馬は若い。前へ行ける脚もあるから、小回りの福島千八という条件はいかにも合いそう」

福島牝馬Sの傾向!実績馬が強い!

inyofu 過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は、“4大場(東京、中山、京都、阪神)で行われた重賞”において4着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率5.6%と苦戦している。オープン特別や条件クラスのレース、もしくはローカル場(札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉)の重賞でしか好走経験がない馬は評価を下げたい。

これまでの成績からみると中山コースが得意なのは歴然としていて、今回の福島競馬場はミニ中山とも呼ばれるほどコースが似ているため、適性は当然高いはずである。別定戦のため重賞ウイナーでも54kgで出走できるのはとても魅力的で、実績でも圧倒しているため、ここはかなりのチャンスである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line