TOP > エンタメ・雑学 > 2015年9月第2週の週刊競馬ニュースまとめ週刊うまとめニュース!
エンタメ・雑学

2015年9月第2週の週刊競馬ニュースまとめ週刊うまとめニュース!

2015年9月第2週の週刊競馬ニュースまとめ週刊うまとめニュース!
JRAサマーシリーズ決着!その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

WIN5で3億9566万3730円!的中は1票!!

inyofu 1レース目の中山9R木更津特別で4番人気が勝つとその後は、11番人気→3番人気が勝ち、残る2レースの阪神11RセントウルSは10番人気のアクティブミノル、中山11R京成杯AHは13番人気のフラアンジェリコが勝って大波乱の決着となった。

ミルコ・デムーロ騎手がサマージョッキーズシリーズチャンピオンに輝く!

inyofu サマージョッキーズシリーズ2015は、中京記念、CBC賞、新潟記念を制し通算37ポイントを獲得したM.デムーロ騎手がチャンピオンの座に輝いた。同騎手は「セントウルS(GII)での騎乗馬がなく、岩田騎手が1番人気の馬に騎乗していたので、チャンピオンになれるか心配でしたが、接戦を制することが出来てよかったです。たくさんのよい馬に乗せてもらえて、よい結果を出すことが出来て嬉しいです。ファンの皆さんからいつも大きな声援をもらえて嬉しいです。秋競馬も頑張ります」と、JRAを通じてコメントしている。
外国人騎手としては初めてのサマージョッキーズシリーズチャンピオンに輝いたミルコ・デムーロ騎手。最終的な成績は37ポイントで、2位の岩田騎手との差はわずか3ポイント、最終レース【セントウルS】の結果次第では逆転もあり得るという、最後まで手に汗握る展開となった。

【スプリンターズS】の外国馬来日スケジュールが発表!

inyofu 10月4日に中山競馬場で開催されるスプリンターズS(GI、芝1200m)に選出した外国馬の来日スケジュールが本日10日、JRAより発表された。
inyofu 選出馬の来日スケジュールについて
■ラッキーナイン(セ8、香・C.ファウンズ)
9月24日(木) 6:20 成田空港着
成田空港到着後、競馬学校へ移動

■リッチタペストリー(セ7、香・C.チャン)
9月24日(木) 6:20 成田空港着
成田空港到着後、競馬学校へ移動
GI【スプリンターズS】の外国馬来日スケジュールが発表され、現段階での外国出走馬は、ラッキーナインとリッチタペストリーの2頭となった。特にラッキーナインは【香港スプリント】を含め、短距離GI7勝のベテランであり、2012年の【スプリンターズS】では5着に入っている。

ミュゼスルタンがレース中に骨折!3カ月以上の休養の見込み

inyofu 9月9日、2014年新潟2歳S(GIII、芝1600m)を優勝したミュゼスルタン(牡3、美浦・大江原)が、右橈骨遠位端骨折を発症していたことがJRAのホームページで発表された。
GI【NHKマイルC】で3着と好走、【日本ダービー】にも出走したキングカメハメハ産駒のミュゼスルタンがレース中に骨折し、3カ月以上の休養見込みと発表された。GIII【新潟2歳S】を制した時からクラシック候補の一角に名を挙げられていた素質馬だけに、いち早い復帰が望まれる。

オルフェーヴル、史上31頭目の顕彰馬に選出!

inyofu 本日9月14日、2015年度の顕彰馬選定記者投票の結果、2011年の牡馬クラシック3冠など国内でGIを6勝し、凱旋門賞では2年連続2着の活躍を収め一昨年引退したオルフェーヴル(牡7)が、顕彰馬に選定されたことがJRAより発表された。
inyofu 今回の顕彰馬選定対象馬は平成6年4月1日から平成26年3月31日の間に競走馬登録を抹消した馬で、オルフェーヴルは今年初めて選定対象となったが記者196名中の得票数188(95.9%)と圧倒的な支持を受け、即顕彰馬の仲間入りとなっている。
1984年に顕彰馬制度が始まって以降、31頭目の顕彰馬となったオルフェーブル。その功績を讃え10月12日の京都10R【大原S】を【顕彰馬選定記念 オルフェーヴルメモリアル】として番組変更のうえ、記念競走として施行すること、および同日京都競馬場でオルフェーヴルの関係者に対する表彰セレモニーを行うことも併せて発表されている。

2015年9月第2週の週刊競馬ニュースまとめ週刊うまとめニュース!
2015年のJRAサマーシリーズ勝者は
サマージョッキーズシリーズ M.デムーロ騎手
サマー2000シリーズ ダービーフィズ
サマースプリントシリーズ ベルカント
サマーマイルシリーズ スマートオリオン&レッドアリオン
という結果となった。
今年は最終戦まで結果がもつれ込む接戦が多く、特にサマーマイルシリーズは初の2頭同時優勝となった。
来年のJRAサマーシリーズでは、どのような熱戦が繰り広げられるか楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line